FC2ブログ

二次元ドリームノベルズ 「た行」のカテゴリ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

  • ホーム
  • »
  • 二次元ドリームノベルズ 「た行」

カテゴリ:二次元ドリームノベルズ 「た行」

二次元ドリームノベルズ 「た行」のカテゴリ記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

2011-07-05二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ ディバインハートマキナ 反逆の女神ディバインハートマキナ ~反逆の女神~ (二次元ドリームノベルズ 327)posted with amazlet at 11.07.05黒井弘騎 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る6月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったので、レビューです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公兼ヒロインの「来須 麻希奈」(くるす まきな)は、悪の秘密結社「ミレ...

記事を読む

2011-04-19二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 退魔剣士 鎖夜 魔窟学園の罠退魔剣士 鎖夜 魔窟学園の罠 (二次元ドリームノベルズ 322)posted with amazlet at 11.04.19酒井仁 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る4月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。読み終わったのでレビューです。主人公兼ヒロインの「東雲 鎖夜」(しののめ さや)は、意思を持つ刀を振るい、人間に襲う魔物「鬼怪」を討つ存在。そんな彼女は任務で鬼怪...

記事を読む

no-image

2010-09-07二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 特犬捜査官みちる特犬捜査官みちる (二次元ドリームノベルズ)posted with amazlet at 10.09.07羽沢 向一 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 281879おすすめ度の平均: うむ?Amazon.co.jp で詳細を見るテレパスと、彼らと交感できる警察犬をパートナーとした組織「特殊警察犬隊」の隊員みちるは、相棒のパートナー犬・ラッキーとともに、犬を使ったテロ事件の捜査に当たる。そして敵アジ...

記事を読む

2010-07-14二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ ダークエンパイア 反逆の流星たちダークエンパイア 反逆の流星たち (二次元ドリームノベルズ 299)posted with amazlet at 10.07.14大熊狸喜 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る悪の皇帝バランを倒すため、女性士官、メカスーツ少女、女パイロット、武闘皇女の四人が衛星に侵入する。しかし、その動きは既に察知されていたのだった。メカ触手、肉体改造、洗脳奉仕、獣姦妊娠…敵幹部...

記事を読む

2010-01-02二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編 (二次元ドリームノベルズ 303)posted with amazlet at 10.01.02蒼井村正 キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る舞台は決戦の折。ノロイを討つため時を渡るハルカを送り出したスバルは、ノロイ党の虜囚へと堕ちる。気丈さを崩さぬ閃忍に与えられたのは壮絶な肉拷問。肢体を嬲られ続け恥悦に抗う気力を失った時、屈強な...

記事を読む

2009-12-12二次元ドリームノベルズ 「た行」
二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯 (二次元ドリームノベルズ 302)posted with amazlet at 11.11.01Kyphosus キルタイムコミュニケーション Amazon.co.jp で詳細を見る宿敵の邪道くノ一・朧の暗殺任務に身を投じる、対魔忍・井河アサギ。彼女は、妹のさくらとともに闇社会に潜む朧を追うが、人狼の女戦士に囚われ、再び恥辱の地下コロセアムへ連れ出されてしまうのだった。美しきくノ...

記事を読む

二次元ドリームノベルズ ディバインハートマキナ レビュー

二次元ドリームノベルズ ディバインハートマキナ 反逆の女神


6月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公兼ヒロインの「来須 麻希奈」(くるす まきな)は、悪の秘密結社「ミレニアム」によって、天才科学者だった父親と妹「亜里亜」(ありあ)らと共に囚われの身となり、人体実験に使われてしまった過去があります。
しかし、洗脳手術前に父親の決死の行動によって麻希奈は逃げ延びる事に成功。
麻希奈は、改造された事で手にした力によって、正義の戦士「ディバインハート・マキナ」へと変身し、ミレニアムと戦う日々を過ごしています。
そして、マキナは自らわざと捕まり、ミレニアム内部に潜入し、決着をつけようとするものの、彼女の前に立ち塞がったのは父と一緒に拉致にあった妹、亜里亜の姿だった…という展開です。

登場するヒロインは、麻希奈に亜里亜の姉妹のみです。

麻希奈は、ミレニアムによって人体改造をされてしまった改造人間です。
改造によって、「創世の宝玉」と呼ばれるミレニアムの秘宝を埋め込まれており、その力を引き出して戦っています。
学園にも通っていますが、他の生徒たちと必要以上に親しくならない様にと一線を越えない距離感での最低限の付き合いしかしていません。

亜里亜は、麻希奈の妹です。
姉と同じようにミレニアムに拉致されており、姉共々連中の慰み者にされていました。
麻希奈の脱出時に生き別れ、消息が不明のままです。
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~

展開的には、麻希奈はミレニアム本社に侵入し、決着をつけようとしてたものの、その前に立ち塞がった、妹の亜里亜…。
彼女もまたミレニアムによって改造人間にされており、彼女には創世の宝玉の対になる存在、「破滅の宝玉」を埋め込まれており、彼女もまた変身し、「デモニックギア・アリア」となり、マキナに襲い掛かる事になる流れです。

…これ読んだ時に、5月にレビューした二次元ドリームノベルズの「聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ」を思い出したのは私だけでしょうか?(汗)
あの作品も、PCゲームとして発売され、二次元ドリームノベルズになった経緯があり、それも共通していますし、何よりあれも変身ヒロインものなんですよねぇ。
まぁ、あれは魔法少女系ですけど。
そして、あれも妹が敵に回るという…所までそっくりなんですよねぇ(汗)

向こうの場合は、姉に恋人を取られたと嫉妬したところを突かれたんですが、今回は一緒に捕まったのにマキナのみ脱出してのうのうと過ごしていた事に対する強い憎しみがあるんですよね。
まぁ、マキナが逃げてしまったら、当然残された方に尚、強い責め苦が待ち受けているのは想像付きますからねぇ…。

そんなアリアの強い憎しみの前にマキナはなす術がない状態に。
マキナはアリアにかつてミレニアムの連中に陵辱されていた過去を思い出させる様に、妹の手によって陵辱されてしまいます。
見所なのは、姉の性感を知り尽くしている彼女によって意思とは裏腹に絶頂してしまうマキナの姿ですね。
特にアリアに口内に舌を入れられ、唾液を流し込まれ、舌同士で扱かれる描写はいやらしいですねぇ♪

そんな絶頂して無力となったマキナは、再びミレニアムに自身の身体を改造されてしまいます。
これには理由があって、創世の宝玉に選ばれたマキナは、自身の意思でなければ、その効力を発揮できないという事情があるんですね。
なので、強制的に人格を弄ったりしては無意味な訳で、マキナには自分の意思でミレニアムに服従させる必要がある訳です。
そこで陵辱による快感行為で彼女を墜とし、マキナの力を利用しようと考えています。

再改造によって、格段に快感による耐性がなくなり、戦う力も激減したマキナは度重なる陵辱によって心身ともに消耗していきます。
今作では改造人間とか登場しているだけあって、スライム状のものや怪人相手などに陵辱されるなどの展開があるのはお約束ですね。
純粋な人間の形態ではないがゆえの一方的な陵辱行為は、やはりこういう作品では抑えておかないといけませんねぇ♪

更に学園にも彼女の安息の場はなくなっており、マキナは学園の男子生徒たちにも陵辱される事になります。
元々、学園内というか外でも彼女の存在は悪のテロリストとして報道されている状態なだけに男子側としたら、何の躊躇いもなくお仕置きと称して行為に臨める訳ですね。
まぁ、それがなくても発情してしまった彼女を前にしたら、そりゃ獣欲が暴走しますわな(汗)
この頃には、すっかり出来上がってしまっているマキナはご主人様たちからの行為として嬉々として受け入れる様になっています。

Hシーン的には、男子生徒らの集団を相手にした展開もですが、個人的には再改造によって施されていた、クリトリスの男根化が個人的には見所ですね。
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~

となると、その肉棒の相手ですが、登場している女性だとやはりそこは妹のアリアですよね。
ですが、残念だったのはアリアの膣内に挿入という展開がなかった事ですね。
やはり本来感じる事のなかったであろう、妹の膣内の感触に翻弄され、快感に悶えるシーンは欲しかったですねぇ(汗)
まぁ、アリアはドSなのでそんな行為は許さないか(汗)
実際アリアからは足コキで射精しかなかったですし…。
自分の足での刺激に悶える姉の姿を嬉々として、見下ろすアリアの姿は彼女の積もりに積もった強い憎しみが表れている印象的なシーンですね。

一応終盤に彼女も陵辱シーンがありますが、それくらいしかなかったので欲を言えば、アリアの捕まっていた時期の陵辱シーンなども見たかったですねぇ。
中々、アリアも魅力的なキャラクターだったのでもう少し見せ場が欲しかったかな。

挿絵は「KAGEMUSYA」さんが手がけています。
原作版の方で、原画を担当されているので全く違和感なく楽しめますね。
挿絵は初めてとの事ですが、やはり原作版も手がけているのでクオリティーは高いですね♪
はっきりとした描線で描かれているので、こういった陵辱系の作風にハマる絵柄だと思います。
マキナの意思の強さが伺える表情や勝気というか強気のアリアのSっ気たっぷりな表情などは魅力的ですねぇ。

個人的に気になったのは、一部の怪人の絵がややゲテモノじみている事でしょうか(汗)
私もこの手の作品は見慣れているんですが、妙にインパクトのある外見だったので…。
触手嫌いな私には…(涙)

お気に入りは、マキナがスライムに纏わり付かれて身体を蹂躙されているシーンですね。
スライムが膣内に侵入されて、嫌悪感もありながらもそれだけではない感覚に歯噛みしている苦悶の表情は魅力的です♪
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~

王道なストーリーなので、読みやすい作品だとは思います。
まぁ、逆に言うと意外な展開はあんまりないって事でもあるんですけどねぇ(汗)
こういう作品のお約束な展開が好みなら、何だかんだ楽しめるんじゃないでしょうか。

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】ディバインハ-トマキナ~反逆の女神~

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ディバインハートマキナ 反逆の女神

DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
ディバインハート マキナ ~敗辱の淫墜戦士~



ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 退魔剣士 鎖夜 レビュー

二次元ドリームノベルズ 退魔剣士 鎖夜 魔窟学園の罠


4月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公兼ヒロインの「東雲 鎖夜」(しののめ さや)は、意思を持つ刀を振るい、人間に襲う魔物「鬼怪」を討つ存在。
そんな彼女は任務で鬼怪を追い、「伯蒼学園」(はくそう)に転入する事となります。
しかし、中々尻尾を掴ませない鬼怪に手こずる鎖夜は、逆に鬼怪に襲われてしまう事に…。

登場するヒロインは、鎖夜以外に転入してきた鎖夜に対し、親切に接してきた「小宮山 手鞠」(こみやま てまり)、鎖夜と同様に鬼怪を討つ「玄龍院 ゆゆき」(げんりゅういん)がいます。

鎖夜は、鬼怪を討つ退魔剣士です。
幼い頃より、鬼怪を討つ事のみを重視して育てられた経緯があり、任務のための思考ばかりで他の年頃の娘の様な考え方を持っていません。
意思を持ち、魔を喰らう魔剣「餓我」(がが)を手に戦います。
そのため性の経験どころか知識もなく、そっち方面には疎いです。

手鞠は、鎖夜のクラスメートの級長です。
人懐こい活発な性格で転入してきた鎖夜に対して親身に接してきます。
3人の中ではもっとも巨乳でもあります。

ゆゆきは、鎖夜同様に鬼怪を討つために転入しています。
鎖夜とは違い、刀などで戦う訳ではなく、呪符などを使い戦う退魔巫女です。
鎖夜の様な方法で戦う退魔士を邪道とし、何かとつっかかってきます。

展開的には、鬼怪を追っていた鎖夜は逆に鬼怪に陵辱されてしまい、精を浴びてしまいます。
その後、発作的に表れる身体のうずきに悩まされる事になります。

最初の陵辱はどちらかというと未遂に近いんですけどね。
どういう事かと言うと、鎖夜の身体を触手で撫で回す様にして、鎖夜に初めて味わうであろう感覚を与えてきます。
これによって彼女は、自身の身体に走る未知の快感に戸惑います。
ですが、肝心な膣内にまで触手は挿入はせずに、そこに向かって精を浴びせる事になります。
なので、遠隔膣内発射?とでも言うのでしょうか(汗)

ここで一気に破瓜させなかったのは、今後何かあるのかと思ってたんですが、意外にその後わりとあっさりと破瓜したので肩透かしだったかな(汗)
でも、破瓜の相手は人間だったのですが、触手で破瓜よりも肉棒による破瓜の方がより興奮するから個人的にはいいんですけどね。

精を浴びてからは、度々起こる発情に身体の自由を奪われてしまう事になりますが、こういう展開はドリームノベルズらしいですね。
本来ならばあっさり勝てるであろう相手にも何も出来ず、身体を弄ばれてしまう事に強い嫌悪感を抱く彼女の姿は見所ですね。

他にも、今までは任務に対して最優先であり、人間関係などの事は二の次、三の次だった彼女が手鞠やゆゆきたちと出会った事で年頃の生活を味わってしまい、結果弱みを作ってしまう事になるなどの王道な展開も見所ですね。
個人的にこういう人との繋がりを持つ事で今までの強さに翳りが出てしまい、脆くなるものの、その繋がりによって今までよりも最終的に強くなるみたいな展開はベタなんですが結構好みなんですよねぇ♪

Hシーンは鎖夜以外にもゆゆきもあります。
まぁ、こういう作品ですのでやはり陵辱な展開になるのはお約束ですね(汗)
ツインテールでツンデレ気味な彼女ですが、こちらも鎖夜同様に性経験もなく知識は鎖夜より多少はある程度…。
そんな彼女には、女子たちとの絡みがあるのが鎖夜と違う点ですね。
男性相手にはない、身体を知り尽くした彼女たちの行為にまともな性経験のない彼女には翻弄されるがままです(汗)
自由の利かない身体にホイップクリームなどでデコレーションされるなども中々の行為ですが、股間で泡立て器でシロップと愛液の混合汁をホイップしようとは…。
ってか、これ泡立つものなんでしょうかね(汗)

でも、意外だったのは一番の巨乳キャラである手鞠にHシーンがなかった事でしょうか。
もっとも展開的に途中でHを入れれるキャラではなかったので、それは仕方ない所ではあるんですけどもね。
軽く鎖夜らとレズシーン程度あっても良かったかもしれませんねぇ。

全体的に表紙絵でも触手が出てたり、序盤も触手による陵辱があったりとかなり触手率の高い作品なのかなと不安でしたが、読み終わってみれば思ったほど触手率はさほど高い訳ではなかったですねぇ。
個人的には助かりましたが(汗)
これには触手の鬼怪が序盤以降に直接姿を見せずにいた事が大きいですね。
それに代わって、人間相手の展開が多くなった訳です。

気になった点は、一部はしょった場面があった事でしょうか。
陵辱される事になって、場面が変わって、戻った時にはあらかた終了済みというのは残念というか勿体無いですね(汗)
せっかくのシーンだったのだからもっと描写して欲しかったですね。

挿絵は「七輝静樹」さんが手がけています。
調べてみると、二次元ゲーム文庫の「処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 騎士の君のラブロマンス」も挿絵担当だったんですね。
この作品では、ヒロインの鎖夜は黒目が大きめなんですが、そのせいか表情がやや硬い印象がありますね。
まぁ、クール系なキャラですから、こんな感じかなとも思うのでそれほど気になる訳ではないですけども。
何気に手鞠の挿絵がなかった様な…、キャラ紹介では絵があるんですけどねぇ(汗)
結構好みだったので、残念…。

肉棒の描写は個人的には結構良かったです。
リアルめですが、そこまで過剰に節ばってなかったし。
そんな肉棒を咥えさせられるフェラシーンなどは中々いやらしかったです♪

魔剣である餓我のキャラなども結構お気に入りでそれほど悪くなかったと思いますが、何だろなぁ…。
もう少しラスボスは見せ場というか強さがあっても良かったかな(汗)
盛り上がりが今ひとつ上がりきらないまま、終わった印象もありますねぇ。
陵辱とかもそんなに後に引きずらなかったのもあるのかな?

退魔剣士 鎖夜 魔窟学園の罠 退魔剣士 鎖夜 魔窟学園の罠

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
退魔剣士 鎖夜 魔窟学園の罠

楽天はこちらからどうぞ
退魔剣士鎖夜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 特犬捜査官みちる レビュー

二次元ドリームノベルズ 特犬捜査官みちる

特犬捜査官みちる (二次元ドリームノベルズ)
羽沢 向一
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 281879
おすすめ度の平均: 2.0
2 うむ?

テレパスと、彼らと交感できる警察犬をパートナーとした組織「特殊警察犬隊」の隊員みちるは、相棒のパートナー犬・ラッキーとともに、犬を使ったテロ事件の捜査に当たる。そして敵アジトへの潜入を試みるみちるだったが、敵に囚われてしまう。衆人環視の下で犬に処女を奪われたうえ、犬として調教されるみちる。犬の餌を食べさせられ、乳首を鞭打たれて平伏させられ、恥辱の排泄姿までも男たちの視姦にさらされる。さらには犬を相手にした口唇奉仕、犬に群がられての嬲り責めなど、犬たちを使ったおぞましい陵辱の生け贄とされてしまうのだった。とどめに犬のペニスを膣と肛門へ同時に挿入され、その快楽に喘ぐみちる。果てなき陵辱に、女捜査官は牝犬へと堕ちていく。

主人公兼ヒロインの「みちる」は、警察犬をパートナーとした組織「特殊警察犬隊」の一員として活動しています。
この隊で使われているのはただの警察犬ではなく、「DD」(デザインドッグ)と呼ばれる遺伝子を改造されて産まれた存在です。
能力など飛躍的に高められているDDですが、更に特定の人間とのテレパシーによる意思の疎通が可能な事が研究で分かっており、特殊警察犬隊にはそれが可能な隊員とパートナーであるDDがペアとして配備されています。
みちるは相棒であるDD「ラッキー」と共に、事件を解決させていくが、ある事件を調査中に失敗し、囚われの身となってしまい、ラッキーの身柄の安全を確保するために雌犬として調教されてしまうという展開です。

まぁ、犬って事で想像できる様に獣姦要素満載です(汗)

ヒロインは、みちるの他に同僚の「奈々恵」(ななえ)がいます。

みちるは、幼い頃からDDと触れ合う機会が多かったという生い立ちもあり、早くからテレパシーの能力が開花しています。
更に彼女は、通常特定のDDとのみテレパシーが可能なところをDD相手ならば何でも感応できるという能力を有しています。
性格は、正義感が強く悪には確固とした強い意志で戦う姿勢を持っています。
DDに限らず、動物が好きであり、人間の勝手な都合で殺人兵器の様に使われているDDの現状に心を痛めています。
身体付きは、爆乳と表現するにふさわしい胸を持っています。

奈々恵も、みちる同様特殊警察犬隊の所属であり、みちるの友人です。
なので、DDとの感応能力も有していますが、みちるの様な複数との感応は不可能であり、「リオ」と呼ぶDDとのみ可能となっています。
性格は子供っぽさも感じさせる口調であり、気分屋な感じもあります。
身体付きはみちるには劣りますが、まぁ、これは相手が悪いですね(汗)

展開的には、DDを悪用する連中の組織による非合法イベントに潜入捜査に望むものの、失敗し、囚われの身となってしまい、雌犬としての調教を受ける展開になって行きます。
その前には、序章となる発端のテロ事件が起きます。
ここでは、囚われの身となった会場の令嬢などが突然変調を来した自分の飼い犬だった犬に陵辱される展開があります。
何気にここらは、エロいですね(汗)
挿入自体はないのですが、犬に乳奉仕を強要されてパイズリさせられ、長時間続く犬の射精を顔面で受けてしまったりとなかなかの濃さです。

雌犬調教としては、その名のごとく、人間扱いをせず、犬耳や尻尾や首輪をつけられて四つん這いで行動する事を強要されます。
食事も犬と同じドッグフードを食べさせられますが、普段からラッキーと一日一回は同じドッグフードを食べているみちるには問題ないってのがそれはそれで凄いな(汗)
もちろん、陵辱もあります。
ダルメシアンにアナルを犯されて、ピーグルにフェラ奉仕をさせられ、更にイマラチオされちゃいます。
二穴同時に挿入などハードな行為をされているのを犬の飼い主が観賞するという異様な光景が印象的ですね。
大量のチワワに身体中を舐められてイカされるシーンは挿絵の効果もあって、何となくエロさより可愛らしさが…(汗)

そして、理性を失わせられた相棒のラッキーにも犯されてしまいますが、ラッキーとみちるの関係は少し変化が起きる事になります。
終盤の展開は、予想外でしたねぇ。
う?ん、本人らがいいならいいのかな(汗)

ラストでは、新キャラクターが登場するのですが、そこまでは出てきていないだけに唐突な印象がありましたね。
エピソード用に出したって感じなんですかねぇ。
実際、新キャラに絡ませる事で読み手に説明しているんでしょうしね。

獣姦作品ってのは最初から分かっていたので、そこは問題ではないです。
苦手な人は最初から読まないだろうし(汗)
でも、よくよく考えてみると、この作品、本当に犬とだけでしたねぇ(汗)
人間相手の挿入は一切なかったのは、かなり思い切ったなぁと思いますね。
まぁ、フェラやパイズリなどの陵辱はありますが、それどまりでしたね。

まぁ、みちるの中では陵辱してくる様な人間よりも犬たちの方が愛すべき存在であり、そんな人間の肉棒から得られる快感も犬のそれには敵わなかっただろうから、これはこれでいいのでしょうけども。

陵辱シーンに関しては、若干淡白かなって思うところもありましたが、それは相手が犬で会話ができず、どうしても状況描写とみちるの台詞による描写しかない事が原因なのかなとは思いました。
人間相手のねちっこさみたいのがないのが物足りないのかもしれませんね。
でも、犬が人間相手に言葉責めみたいな事したら、それはそれで冷めそうですけどね(汗)

挿絵はおっぱいで有名な「いのうえたくや」さんが手がけています。
なので、もう胸は文句なしですね♪
まぁ、大きすぎる感はありますが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
特犬捜査官みちる

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ ダークエンパイア レビュー

二次元ドリームノベルズ ダークエンパイア 反逆の流星たち


悪の皇帝バランを倒すため、女性士官、メカスーツ少女、女パイロット、武闘皇女の四人が衛星に侵入する。しかし、その動きは既に察知されていたのだった。メカ触手、肉体改造、洗脳奉仕、獣姦妊娠…敵幹部に美しい女体を貪られ、それぞれの最も屈辱的な陵辱を受けて身も心も疲弊しきった彼女たちは、次第に自ら肉棒を咥える淫らな性処理奴隷へと堕ちていく─。

世界観がSF系で、最近そういうの見てないからちょっと新鮮です。

内容は、全宇宙を支配しようとしている悪の皇帝バランを倒すため、バランに恨みを抱いているヒロインらが暗殺を企むものの、既にその動きは察知されており、次々と返り討ちに合うという展開です。
ざっくりな説明すぎたかな(汗)

悪の皇帝ってのがまた…何とも言えない響きですね(汗)
私はそんな悪の皇帝暗殺に挑むヒロイン達ってシチュエーションは結構嫌いではないですけどね。

そんな皇帝にそれぞれの理由で暗殺に動くヒロインらは4人。
主人公兼ヒロインの「アミリア」、「マリト」、「リディ」、「リウ」です。

アミリアの母は皇帝にさらわれ、愛人としてアミリアを身ごもった事で辺境の惑星に捨てられ、亡くなっており、アミリアは実の父でもあるバランに憎しみを抱いています。
皇帝に近づくために自分の身体を使い、男に取り入るマネをするなど行動力と強い意志を持っています。

マリトの惑星も皇帝に攻められ、占領下に置かれながらも、かろうじて残された技術からメカスーツを造り、それを纏い単身皇帝の居城に向かいます。
性格は幼さを感じさせる言動で、あまりにもこんな行動を起こすには無謀な感は否めませんね…。
性知識、経験ともになく、囚われる後の墜ちっぷりは見事です。

リディも他のヒロイン同様な理由で憎んでおり、こちらはMSの様な人型機動兵器を使います。
性格は男勝りな言動で、ボーイッシュな印象でしょうか。
元々の体付きはそれほど、巨乳などではないのですが、敵によって豊胸化、豊尻化?してしまう事に。

リウはマリト、リディとは違い、自分の鍛え上げた身体を武器にして戦います。
種族的なもので、女には猫耳が付いているという身体的特徴を持っています。
個人的には見た目一番好みです(汗)
身体的に獣姦もあり、特異な展開が多いですね。

それぞれのヒロインが自分以外の人間が同じ目的でやって来ている事など知らないというのもあって、皆単独行動をしています。
そのためか各ヒロインの章が淡白と言うか少しあっさりしている感はありますね。
もっとも、敵側は当初から全て把握しており、最初から茶番なんですが…。

大概こういう作品でヒロインらが繋がりがない作品ってのも、あまり例がない気がしますね。
この関係は最後までそうで、終盤では皆囚われ、同じ場所に集められて男達に陵辱されるんですが、そこでも絡みは一切なしです。
言葉ひとつ交わさないのはなぁ…。

主人公であるアミリアは、最後まで陵辱されながらも意志を持っているんですが、その他のヒロインらは早々に戦意喪失なのもあって、あまり魅力が出ないところがありますね。

もっとも、ドリームノベルズ=陵辱みたいな認識があるので、最初から読み手もヒロインが墜ちるって展開は想像できるんですが、冒頭でいきなり敵側の手の中で踊らされているのが明らかになるせいで読み手にはドキドキ感はなくなっているかと思いますね。
しかも、どんでん返し的な期待感もないので、墜ちるの?墜ちないの?みたいな感じがないのがなぁ(汗)
あまりにも敵の存在が強すぎて主人公らが勝ち目なさすぎですね。

挿絵は作風に合った色気のあるヒロインらで魅力的なだけに、もっと見せ場が欲しかったかな。
特にアミリア以外はH要員な感が否めないだけに(汗)
ダークエンパイア 反逆の流星たち ダークエンパイア 反逆の流星たち
そういう事もあって、個人的には惜しい作品という評価です。
エロ度は中々あるとは思いますし、挿絵も個人的に好みなだけに本当に勿体無い…。
まぁ、あくまで私の感想なので他の人がどうかは分かりませんが(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ダークエンパイア

*楽天は在庫数が少ないようです(汗)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ダークエンパイア 反逆の流星たち

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編 レビュー

二次元ドリームノベルズ 超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編


舞台は決戦の折。ノロイを討つため時を渡るハルカを送り出したスバルは、ノロイ党の虜囚へと堕ちる。気丈さを崩さぬ閃忍に与えられたのは壮絶な肉拷問。肢体を嬲られ続け恥悦に抗う気力を失った時、屈強な魂までもが淫ら色へと移ろってゆく─。アリスソフトの大人気美少女ゲーム『超昂閃忍ハルカ』が再びドリームノベルズに登場!陵辱調教に侵され、堕ちてゆくスバルの痴態がここに。

お待たせしました(汗)、読み終わったのでレビューです。
人気PCゲームのノベル化ですが、私はゲームは未プレイですが、このキャラクターは知っており、一番好みな見た目だったのもあって購入しました。
レビューはその点を考慮して参考にしてください。

何と言っても、挿絵が半端ではなく、いい出来です♪
原作PC版のイラストよりも表情がリアルタッチで話の雰囲気に合っています。
原作よりもより色気、意思の強さなどが感じ取れる、いい表情だと思います。
眼力がやや強いので、多少好みはあるかもしれませんが、そこまできつくないので問題はないとは思います。
(表紙絵の顔を参考に。)
線が細く、繊細なんですが、エロさはしっかりあるので、線が弱い作品にありがちなエロさ不足という事はないと思います。
勿論、文章もエロさがすごいですから、物足りなさは感じないのではないでしょうか。

内容は、敵に捕らわれの身となり、拷問で陵辱されまくるという実に王道な展開です。
なので、エロくない訳はないですよね(汗)

多種多様な方法でスバルの肉体と心を溶かしていく内容はたまりません。
普通に犯されるのは当然として、個人的に良かったのは股間に肉棒を生やされてしまい、自らの膣内を再現された触手内に肉棒をくわえ込まれ、扱かれ、吸引されて悶えるスバルはエロ過ぎです(汗)

私は触手が基本的に苦手なんですが、擬似オナホールみたいな物なのかと脳内変換で対応しました(汗)
そんな初めての擬似膣内から与えられる快感という責め苦に、抗う術を持たないスバルは盛大に精液をドプドプ射精させてしまうわけですが・・・。

更に片手を自由にされた事で、自ら肉棒を扱くのを止められないスバルの姿はオナニーを覚えたての中学生状態です(汗)
凛々しい彼女が未知の快感に悶える姿には興奮してしまいます。

敵の責めはドンドンエスカレートし、遂には守るべき人間たちにも陵辱されるはめになるのですが、敵から人間にご奉仕するためにと用意されたのはゴシックメイドのコスチュームってはどうなんでしょう(汗)
まぁ、よく分かっている敵ですね(汗)
興奮した男たちにパイズリ、フェラ、手コキなどを駆使して射精させ、精液を浴びているスバルは挿絵のいやらしさも相まって、印象的なシーンです。
その後、また触手プレイがありますが、これは私はあまり受け付けず(汗)
やはり単純な触手は好みではないなぁ・・・。

ラストは原作本編のシーンへと繋がっていくのかな?これは。
かなりの良作、力作だと思うので、興味があればぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編 超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編

楽天はこちらからどうぞ
超昂閃忍ハルカ(スバル虜囚魔辱編)

原作PC版
超昂閃忍ハルカ
超昂閃忍ハルカ
posted with amazlet at 10.01.02
アリスソフト (2008-02-29)
おすすめ度の平均: 4.0
4 総合A
4 遊べるヌキヌキゲー、ここに参上!!
5 ナリカファンって・・俺だけ?
1 途中から展開しなくなります
4 本を読む感覚で楽しめるHゲーム


DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
超昂閃忍ハルカ スバル虜囚魔辱編

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
超昂閃忍ハルカ

ブログランキングに参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯 レビュー

二次元ドリームノベルズ 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯


宿敵の邪道くノ一・朧の暗殺任務に身を投じる、対魔忍・井河アサギ。彼女は、妹のさくらとともに闇社会に潜む朧を追うが、人狼の女戦士に囚われ、再び恥辱の地下コロセアムへ連れ出されてしまうのだった。美しきくノ一姉妹を責め嬲る妖魔たちの異形ペニス。そして、女を肉悦に狂わせる肉体改造と恥辱責めの中で、美しき対魔忍姉妹は、無様なアクメ顔を晒し続けることに…。

12月発売の新刊のレビューです。
いや、これはかなり濃いですね・・・。
さすが個人的に一番Hが濃いと思う、ドリームノベルズ作品ですね。
作品によっては、それゆえに拒否反応も出る作品もあるんですがこの作品は読みやすかったです。
読みやすいと言っても、Hが薄いわけではないですよ(汗)

序盤からHな展開のオンパレードで飽きさせません。
主人公のアサギは敵の手によって感じやすく改造されていることもあって、すぐHなスイッチが・・・。
乳首にピアスされる事になっても、痛みより快感が上回ってしまい・・・射精のような勢いで母乳を噴いたり(汗)
そんな状態でも心だけは折れず、宿敵の命を狙い続けるアサギはいいですね。
すぐ墜ちてしまうヒロインは個人的には面白くないので・・・。

肉便器にさせられて、放置されたままで生きるためにも男たちの精液や尿を進んで要求し、ある時は一般人を誘惑して、時間内に規定回数精液を発射させるゲームをさせられたりとかなりのやられっぷりです。
個人的にはゲームに従いざるを得ない状況というのを理由、言い訳にして、一般人たちをイカせるアサギはいやらしく興奮します♪
基本相手にやられるがままな中、自分から誘惑という逆のシチュエーションはエロく感じました。

アサギの妹も同じような目にあうのですが、こちらはそこまで描写がなかったりとメインはあくまでもアサギですが。
妹とのプレイもあったり、おなか一杯な作品です。

・・・しかし、敵である朧は小悪党の香りしかしないなぁ(汗)

ゲーム版とは色々設定やイラストが違っていますが、個人的には今作のほうがお気に入りです。
表紙絵と中の挿絵は違う方が担当していますが、挿絵の方がコミック的で好みな絵でした♪

対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯 対魔忍アサギ恥虐の暗黒遊戯

楽天はこちらからどうぞ
【送料無料】対魔忍アサギ

Amazon版 電子書籍
対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯 (二次元ドリームノベルズ)

DMM 電子書籍
対魔忍アサギ 恥虐の暗黒遊戯

DMM 原作PC版ダウンロード
対魔忍アサギ完全版

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます