美少女文庫 初恋姉妹 どっちの胸が好き?

初恋姉妹 どっちの胸が好き? (美少女文庫)
上原 りょう
フランス書院 (2011-04-20)

4月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

主人公は、幼い頃に転勤により離れ離れになる事になってしまった女の子「マーちゃん」とある約束をする事に。
それは大人になったら結婚するという子供の可愛らしい約束であり、当時買ったおもちゃの指輪がその証。
高校生になっても、未だにその誓いを忘れずに指輪をネックレスとして持っています。
そんな中、主人公は校内で同じ様にして指輪をネックレスとして持ち歩いていた女の子を見つける事に。
想いが爆発した主人公は、たまらずその娘にキスをしてしまいます(汗)
しかし、それは彼女の持ち物ではなく、彼女の姉であるクラスメートの「藤堂 真琴」(とうどう まこと)の物であると知ります。
ようやく再会したふたりでしたが、先ほどの件で主人公に好意を持ってしまった妹「由香」(ゆか)もふたりの中に入ってくる事で話はややこしく…という展開です。

登場するヒロインは、藤堂姉妹の真琴と由香のふたりです。
他にも名前有りの女子は登場しますがサブキャラですので、ここでは省きます。

真琴は、主人公のクラスメートで生徒会長です。
幼い頃に主人公と結婚の約束をしており、彼女も未だにそれを忘れずにいます。
しかし、幼い頃と違って合理的、効率的に物事を進め、クールな物腰なキャラクターに…。
実際はうまく感情を出すのが苦手だったり、嫉妬心が強いなどギャップのある面も。

由香は、真琴の妹です。
主人公とは、真琴のネックレスをたまたまその時、持っていた事により真琴と勘違いされる事で出会う事に。
まぁ、いきなりキスされるとは思わなかったでしょうが(汗)
そんな事がきっかけで主人公に好意を抱いてしまう事に…。
真琴とは全く逆の性格で、明るく人懐こいキャラクターをしています。
主人公への愛情も隠すことなくオープンに出してきます。

展開的には、主人公は真琴と由香のふたりの姉妹に迫られる三角関係な流れですね。
それに板ばさみになってしまい、双方共にどっちつかずな態度を取ってしまうという優柔不断な主人公なのは、王道ですねぇ。

よくよく考えると主人公は本当に優柔不断ですね(汗)
だって、幼い頃の約束の指輪を今も修理しつつ、大事に持っていたにも関わらず、真琴一筋でなくて妹の由香にも傾くんですから…。
まぁ、あれだけ好き好きアピールをされたら無下にはできないでしょうし、私も多分、いや絶対拒めないでしょうが(汗)

真琴がそういう関係になるのを拒んだりとかであれば、まだ分かるんですけどね。
でも、意外に早く真琴とは初Hしちゃうので、またおかしい事に(汗)
まぁ、初HしちゃってHの気持ちよさを知ってしまったがゆえの、その魅力に逆らえなくなった感もありますね。

それに真琴の態度がかなりぎこちなかったりなのは、リアルではありますね。
幼い頃から今まで現状も知らなかった訳でいきなり再会しても困惑するってのは分かりますし。
対して、由香とは面識はおろか妹がいるとも知らなかった訳で先入観なく入り込める訳ですしね。

そんなためか、姉に主人公を取られまいと序盤からかなり由香は積極的なのが印象深いですね。
最初出会った時は、めちゃくちゃ警戒して怯えてたのに、この落差は何だ(汗)
一度思ったらもう貫く、思い切りがいいのかもしれないなぁ…。
それはHにも表れており、初めての時からパイズリなど行なったり…。
幼い顔立ちながら、発育のいい胸など男好きのする身体つきにはギャップがあって興奮しますね♪

真琴は真琴でメールとかの文章ひとつに数時間も悩み、最終的には男友達が送るような何もない簡素な単語のみという有様(汗)
でも、彼女なりに色々考えているんですが、中々伝わりにくいんですよねぇ、彼女は。
読み手からは、彼女の想いは分かるだけにこの不器用加減が酷くもどかしい(汗)

さて、そんな姉妹でしたが、由香が主人公とHしているとバラす事に。
これで姉妹の張り合いは、Hにも繋がって行く事になります。
思ったのは、意外に早く関係を明らかにしたという事ですね。
でも、これによってHな張り合う状況に持っていく流れになって行くので、それを重視した形なんでしょうね。

私は当初真琴をあまり好きになれなくて、分かりやすい由香の方を好ましく思ってたんですが、中盤以降になると少しづつ盛り返してきたかなという印象ですね。
中盤で文化祭のイベントでメイドになる事になった真琴が主人公にメイドとして接してくる展開は良かったです。
普段はどうしてもぎこちないんですが、メイドに入り込んでいる事もありちょっと感じが違うんですよね。
それに主人公もご主人様になった気分で少し態度が違ったりと、いつものふたりの関係とはまた違うのが新鮮でもありました。
そんないい雰囲気の所に、バニーコスの由香が乱入してきたりしますが(汗)

バニーコスの事を触れましたが、今作は色々とコスチュームHが多いのも特徴ですね。
水着にメイド、バニーガール、ナース服などと盛りだくさん♪
コスプレによって、また違ったふたりの魅力が堪能できるのは嬉しいところです。

Hシーンもそのため、バラエティーに富んだものが多くあります。
パイズリ、手コキに始まり、アナルセックスや尿道責めまで(汗)
個人的に印象深かったのは、由香に主人公のアナルに指を突っ込まれてピストンされながらの手コキ発射かな。
年下の娘に、こんな事されたら中々心に来るものがあるでしょうね(汗)
四つん這いの体勢でアナルを穿られて情けない思いのまま、盛大に射精してしまうのはある意味悲壮なものがありますねぇ…。
最初こそは、ふたりきりでしたが、それ以外はふたり一緒のHシーンですね。

挿絵は「神無月ねむ」さんが手がけています。
相変わらず可愛らしい絵柄なんですが、Hという素晴らしい出来ですねぇ♪
私、最初表紙絵見た時、そうとは気づかなかったんですけど(汗)
でも、中の挿絵見たら、いつも通りのクオリティでした♪
コスプレシーンが多い今作ですので、様々な彼女たちの姿が見れたのは嬉しかったですね。

全体的にはハーレム系な展開でしたが、ついにどっちを選ぶのかという見せ場があるのですが…。
この展開は…、うーん…、どうなんだろ(汗)
あの理由は必要だったのかなぁとも思ってしまいますが、まぁこの手の作品らしいっちゃらしいかな。

H度も高めなので、キャラが気にいれば中々楽しめるかなと思います。
まぁ、優柔不断な主人公が苦手だとアレですが(汗)


楽天はこちらからどうぞ
初恋姉妹どっちの胸が好き?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
初恋姉妹 どっちの胸が好き?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事