リアルドリーム文庫 女子寮誘惑ハーレム さくらんぼ荘へようこそ!

女子寮誘惑ハーレム さくらんぼ荘へようこそ! (リアルドリーム文庫 59)
大泉りか
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1376

「あれ、ここが女子寮だって教えてなかったっけ?」閑静な女子寮・さくらんぼ荘に集うのは揃いも揃ってちょっと浮世離れした女の子たち。地方出身の天然巨乳少女の好奇心に振り回され、お嬢様留学生には使用人としてこき使われと、突如管理人を任された青年の甘く気忙しい日々が始まる。

3月発売のリアルドリーム文庫です。
読み終わったのでレビューです。

主人公は、予備校に通う浪人生であったものの、母親の都合で母親が管理していた寮の管理人を押し付けられてしまいます。
勉強だけでも大変な中で管理人として働かなくてはならないという事態に不安になる主人公でしたが、その寮は実は女子寮である事が分かり、寮の女性陣に振り回される事になってしまうという展開です。

登場するヒロインは、寮の人間4人です。
主人公の従姉妹でOLの「宗方 秀香」(むなかた ひでか)、残るは学生の「藤崎 凛」(ふじさき りん)、「優木 はるか」(ゆうき)、「澤宮 ユマ」(さわみや)がいます。

秀香は、主人公の従姉妹でOLをしています。
なので既に学生ではないものの、寮に居座っています。
知的な風貌にも関わらず、意外にも明るくさっぱりとした性格をしています。
憧れの存在でもあります。

凛は、地元の国立大学に通う少女です。
ハッとする様な美少女であり、モデルのアルバイトをしています。
少し気が強いですが、しっかり者の表れとも言えます。
主人公とは出会いが最悪だったので、好感度はマイナススタートです(汗)

はるかは、学園では保育科に所属している少女です。
地方から来ており、天真爛漫な面を覗かせます。
零れ落ちそうな巨乳の持ち主でもあります。

ユマは、日本人の母を持ち、北欧の国から留学してきている少女です。
名家の出身であるゆえか、人を使う事を当たり前に思っているため主人公はこき使われる事に(汗)


展開的には、女性たちと生活をする中で様々なHなハプニングやアクシデントに遭遇し、Hな事をしてしまうというお約束な流れですね。
やはりというか、この中では一番年上な秀香と最初にHするのもお約束かな?
でも、見た目はクールで出来る女性って感じの外見の彼女ですが、母性的でもあっていいキャラクターでした♪
確かに主人公が憧れるのも納得です。
そんな彼女と初体験をする訳ですが、そんな経験をしてしまえばますます勉強に身が入らないのは容易に想像できますよねぇ(汗)
それでなくても、ここは女子寮な訳ですから、一度女体の味を知ったらちょっとした事で興奮してしまいます。

そして、それを見てしまった女性陣とまたHな展開に…という分かりやすい流れで進行していきます。
ベタな展開ではあるんですが、それでも興奮するものはする訳で…。
でも、すぐにHな展開になだれ込むのは「早っ」とは思いますけども(汗)

はるかは、かなり性には抵抗がない印象ですね。
まぁ、彼女は保育科って事もあるのか、主人公をあやす様な感じとも言えます。
豊かな胸もあってか、母性的とはまた違いますが彼女の包容力を感じますね。

でも気になったのは、ここではフェラ、パイズリとなるものの、この時、勃起しているのを見るのは初めてとはるかが語っていますが、後々のHでは初めてとかの描写は全くなかったんですよね、痛がってなかったし。
更に後で主人公も処女の子を抱くのは初めてという描写があるんですが…、どういう事?(汗)
勃起は見た事無いけど、経験はある…? 記述を見逃したのかな(汗)

その後もユマともHする事になるんですが、やはりと言うか彼女はお金持ちというか名家なせいか性の感覚が常人とはちょっと違いますね(汗)
自慰を手伝ってくれとか頼むとか、やはりずれてるし、主人公も突っ込んでますが手伝ったらそもそも自慰ではないのでは(汗)
得てしてこういうタイプはメインにならないケースが多いんですが、それでも彼女のキャラは目立ちましたね。
彼女もまた男性経験なさそうでしたが…。

はるかもユマも性に関しては奔放と言うか、あっけらかんとしているのでお互い気が合いそうです(汗)

凛が今作ではメインヒロインという感じですね。
最初の出会いが悪くて第一印象が悪いとか、もう王道ですよね(汗)
でも、それだとよくありがちなツンデレ系かと思いきや、そういう訳ではなかったですね。
最初こそ余所余所しい感じではありましたが、途中からは素直な顔を見せてくれる様になって、主人公の気持ちも高まる事となります。
気が強い面もそれに従って、嘘の様に可愛さが強調されていきますね。
まぁ、最初も恐らく出会い方が悪くなければ、ずっと気が強い面を見なくても済んだんでしょうけども(汗)

最初は秀香がお気に入りでしたが、ここらの凛の可愛さは反則ですね。
主人公も秀香が憧れとか言っておきながら、すぐ凛に気持ちが揺らぐのは分からなくもないですが(汗)
主人公いわく、凛だけが処女という話なため、特にHシーンでは初々しさが出ています。
リアルドリーム文庫ぽくないなと思う程、甘い感じが表現されていますね♪

挿絵は、「サブロー」さんが手がけています。
今作は挿絵のレベルが高かったですね♪
表紙絵では独特な質感というのか、あまりリアルドリーム文庫では見ない印象でしたが、中の挿絵の方が個人的に数倍良かったですね。
特に瞳の描き方が印象に強く残りますね。
主張しすぎず、けど存在感はしっかりあるという表情はどのキャラクターも魅力的でした。

枚数はやはりこのレーベルは少ないんですが、もっと見たいと思わせるクオリティーでしたね。
枚数が少ないから、その分魅力的に映るのかもしれませんねぇ。

個人的には、今月発売された作品の中でも一番好みでした♪
でも、エロさで言ったら、あまりないですけどもね(汗)
キャラの可愛さ、綺麗さが良く出ていると言う事です。

話自体は基本的に起伏がそれ程ない緩やかな展開で、物足りなさを覚える人もいるかもしれませんが、個人的にはアリでしたね。
たまにはこういう平和な話もいいのではないでしょうか。
でもラストの展開を考えると、この分だとまた主人公、確実に受験失敗するのではないかと思われますが(汗)

女子寮誘惑ハーレム さくらんぼ荘へようこそ! 女子寮誘惑ハーレム さくらんぼ荘へようこそ!

楽天はこちらからどうぞ
女子寮誘惑ハ-レム

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
女子寮誘惑ハーレム さくらんぼ荘へようこそ!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事