Paradigm novels お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?


夏休みの前日、宙のもとに突然三人の美女が現れた。父の友人の娘である美琴、七華、雪姫は、親同士の約束により、宙の嫁になるべくやってきたのだ。戸惑う宙だったが、夏休みを彼女たちと過ごし、結婚相手を決めることになった。そうして迎えた夏休み初日の夜、宙の部屋を訪れたのは、姉妹の誰かではなく、幼なじみである葉月の母、あやかだった。あやかの夜這いにより童貞を奪われたことで、嫁選びは激化していって!?─。

1月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったのでレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

物語は夏休みの前日に主人公の元に突然3人の女性が現れたところから始まります。
何と彼女たちは主人公の父親の友人の娘は親同士が勝手に決めた嫁候補だったのです(汗)
結果、主人公は夏休みの期間、彼女たちと生活を共にして相応しい相手を決める事に…という展開です。

登場するヒロインは、3姉妹の長女「美琴」(みこと)、次女の「七花」(ななか)、三女の「雪姫」(ゆき)に幼なじみの「葉月」(はづき)、葉月の母の「あやか」がいます。

美琴は、かなりさっぱりとした性格のキャラクターです。
女子校で過ごしていた事もあってか、男性との生活に興味を強く持っています。
また性に積極的な面があり、主人公に対して迫ってきます。
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

七花は、暴走気味な姉と妹を抑える役回りのキャラクターです。
主人公に対して同い年にも関わらず、丁寧な受け答えをする穏やかな性格です。
姉妹の中である意味影の薄い可愛そうなキャラでもあります(汗)
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

雪姫は、アニメ、ゲームを愛するオタク系のキャラクターです。
言葉使いは、端的な言い方をして、あまり感情を表に出しません。
それゆえ羞恥心もあまり無いようです。
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

葉月は、主人公の隣の家に住んでいる幼なじみです。
典型的な主人公に好意を持っていますが、それを明かせないツンデレなキャラクターです。
彼女もいつの間にか主人公のお嫁さん候補に(汗)
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

あやかは、葉月の母親です。
幼い頃から主人公の面倒を見てきた事もあり、母親代わりの様な存在でもあります。
性格はおっとりしており、いつも微笑みを絶やさないですが、その一方で小悪魔的な面も持ち合わせています。
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?


序盤からお嫁さん候補らが押しかけてくるという展開は、よくある展開とは言え強引ですねぇ(汗)
最初からヒロインたちの主人公に対する好感度もかなり高い状態から始まるのは、正直早いんじゃ?と思う一方で、主人公の知らない間にも定期的に主人公の事を向こうの親が繰り返し主人公の嫁になるって刷り込まれれば仕方ないのかもしれませんが(汗)
ある意味、彼女たちは親に洗脳された被害者とも言えますね(汗)
それにお嫁さんって、選ばれなかった2人はどうするつもりだったんだろ、親は(汗)

展開的には、中盤までに各ヒロインたちとのエピソードと言うか、Hな展開を経て主人公がお嫁さんを選ぶ事になります。
その後の展開は、その選んだ相手との物語が展開される流れとなっています。
正直、ちょっと意外でしたね。
もっと終盤まで、あーだこーだとHしながらも相手を選べないハーレム的なノリを想像していたんですよね、私は(汗)
なので、結構あっさり選んでしまったので「あれ?」って思っちゃいました。

さて、そうなるとお相手は誰かという事なんですが、これはもう想像がつくと思います(汗)
別にそこはネタバレになる程でないからいいのかな?
まぁ、表紙絵と中のキャラ紹介のページを見れば、扱いの大きいヒロインがそうです(汗)
ずばり三女の「雪姫」ですね。

なので、後半は彼女に焦点を当てたストーリー展開になっていきます。
おそらく原作版では、自分でお嫁さんを選べるんでしょうねぇ。
雪姫の個別ルート的なものと考えればいいんじゃないかと思いますが、違うのかな?(汗)

雪姫は、アニメやゲームなどにのめり込んでいるオタク系であり、独特な言動を取って翻弄してきます。
発言もエロゲーなどで仕入れた知識なのか、きわどい発言もあるのが独特の魅力がありますね。
何かこの娘、数日前にレビューした美少女文庫の「妹邪気眼」ヒロインみたいな感じかなぁと思っちゃいました(汗)
あれは中二病ってものでしたが、これもそれに似た感じもあるというか…。
でも、雪姫はツンデレとかではないですし、全然似ているって訳でもないんですけどね、どことなく雰囲気と自分の世界の中で心を保っている点は似ているのかなぁ。

主人公も当初は雪姫の扱いなどに困惑してしまい、彼女の本当の姿と言うか、心の殻に閉じこもっている繊細な面を知るにつれて彼女を理解しようとする展開は、こういう感情を露骨に出してこないヒロインには珍しくはないんですが、そこをしっかり文章を使って描いているのがいいですね。
中盤から、彼女だけに絞った展開がこの描写を入れる余裕にも繋がっていますねぇ。

徐々にいつもネットゲームなどをプレイしていた雪姫がそれ以外の事をし出したり、今までいなかった友達などが出来たりして笑顔を見る機会が増えるのは微笑ましいですね。
でも、ゲームしなくなる訳でなく、主人公と一緒にプレイできるゲームを買おうとするなどいい関係が保たれているのも好感が持てますね。

Hシーンも中々のボリューム感があり、満足できますね。
とは言え、序盤のお嫁さん候補たちとのH以外では、相手は雪姫のみとなるので比率はだいぶ雪姫に傾いています。
まぁ、それは仕方ない事なんですけどね(汗)
他のヒロインたちとは原作PC版でって事ですね。

葉月の母親である、あやか以外は皆初めてであり、それぞれ魅力のあるHシーンですね。
…しかし、葉月のみ何故かHシーンはないまま終了(汗)
他のヒロインはあるのになぁ…、ツンデレ系でいいキャラなだけに残念ですね。

個人的には、あやかとのHシーンが妙にエロかったですね。
実は彼女が初体験の相手になるんですが、大人の女性らしく優しくリードという流れながら、「やはり包茎は早漏ですね」などと軽くSっ気発言をしながら主人公の童貞を頂くというギャップが良かったですね♪
その後も、皆の前に下半身を露出させた主人公の包茎をさらしてみせるなどかなりの辱めを受けたり…。
お嫁さん候補と皆Hして相性を確かめたらいいんじゃ?と提案するなど大胆な考えを披露するのは、凄いですね(汗)

勿論、雪姫とのHは豊富に用意されています。
見た目も幼い彼女の体型では、主人公のモノは大きく入りきらない事を気にした彼女は特大バイブで膣を広げようとしたりなどかなり突飛な行動を起こしたり(汗)
主人公は当初ロリコンではないと頑なだったけど、最終的には認めてた様な(汗)
プレイも手コキや素股などもあり、バリエーションはありますね。
所々でプレイの一環で雪姫のキャラクターがツンデレみたいになったりしたりといつものキャラクターとは異なる彼女とのHシーンもあって新鮮でした♪
意外にその中では目隠し+縛りとSMチックな展開もあり、読んでて戸惑う事も(汗)
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

読む前は、おバカなノリなのかなという印象でしたが、読んでいくとまた違った印象も与える作品でしたね。
まぁ、これは雪姫のストーリーですので、また別のヒロインでは作風が変化していくのかもしれませんが、雪姫の話は中々楽しめました。


楽天はこちらからどうぞ
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

原作PC版


DMM 原作PC版 ダウンロードはこちらからどうぞ
お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ