Paradigm novels 学園3 華麗なる悦辱


大金持ちの息子である景虎。彼は、素行の悪さから父親に煙たがられ、異郷の地であるヴィクシア学園に無理やり留学させられてしまった。世界中のセレブが集まる学園で、三人の『姫』と称される少女たちと出会った景虎は、その美しさに心奪われる。そして、彼女たちを我がものにしようと考え、行動を開始した。自身の持つ『発情させる精液』という特殊な体質を利用し第一のターゲットである、純真無垢なリディムを欲情させて…。

12月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、父親がグループ企業の会長という立場もあり、何不自由のない生活を送っていましたが、度重なる女遊びなどの素行の悪さもあり、父親には煙たがられ異国のセレブ校のヴィクシア学園へと編入するはめになっています。
ここでは、自らをあえて滑稽な存在「道化」として立ち振舞っており、セレブ校の連中には嘲笑の対象になっています。
しかし、この学園に通う「姫」と称えられる女生徒を我が物にしようと画策していくという展開です。

「学園」シリーズの3作目ですね。
私は以前、学園シリーズは2だか読んだ事あった様な気もしますが、覚えてないです(汗)

さて、この主人公は実は特殊な体質の持ち主であり、その秘密は主人公の精液には女性に対して発情を促す効果があるというもの(汗)
主人公はこの効果を悪用して、姫たちを手中に収めようと行動を起こす訳です。
かなり強引な設定ではありますねぇ。

登場するヒロインは、姫と呼ばれる3人以外に、主人公のお付きのメイド「鳳 美鈴」(フォウ メイリン)がいます。

姫とは、言葉通りヴィクシア学園に通う各国の姫の通称です。
なので、本物のお姫様な訳ですね。
「白銀の百合姫」こと「リディム・アーセス」、「黄金の薔薇姫」こと「シャスティ・ヴィカネス」、「黒耀の蘭姫」こと「観音寺 雪乃」(かんのんじ ゆきの)の3人です。

リディムは、とある小国の姫です。
純粋無垢であり、誰とでも分け隔てなく接する優しさのあるキャラクターです。
とは言え、素で主人公の事を眼中になかったりと天然的な所も(汗)
学園3

シャスティは、学園のある王国の姫です。
本人の佇まい、容姿などもあり、学園でリディムに引けを取らない人気ぶりです。
性格は、かなり気位が高く誇り高いキャラクターであり、主人公の演じる道化に対してはかなり不快感を露わにします。
剣の腕前は騎士レベルであり、相当腕が立ちます。
学園3

雪乃は、本当は姫ではないのですが、その佇まいなどもあり、姫と呼ばれています。
「大和会」という大和文化をこちらで広めるために茶会や生け花などの活動をしています。
一見大和撫子の様なキャラクターですが、実際は…。
学園3

美鈴は、主人公の幼い頃から仕えているメイドです。
主人公にとっても姉の様な心を許す存在です。
性格はあまり自分を出さず、控えめです。
仕事も良く出来、姫たちの情報収集などを苦もなくこなす頼れるメイドです。
あまりこういう名前のキャラクターは珍しいですね。
学園3

展開的には主人公は彼女たちに近づき、精液を浴びせるなどして、発情状態にさせて陵辱で彼女たちを自分の物にしていくというものです。
なので、この手の陵辱物にありがちな「何か弱みを握って…」というパターンではないので、ある意味ずっと楽に攻略できる訳ですね。
過程を飛ばしてますし、更にその場で射精した精液でなくても、予め採取しておいた精液でも多少の効力は発揮されるらしいので、かなり都合のいい能力と言えますね(汗)
ある意味、反則的な力技なので貶めていく過程がはしょられるのは個人的には物足りなさもあるんですがその分、事に至る過程が早いという側面もあるのでどちらがいいのやら(汗)

精液の効果は人によって個人差がある様ですが、一度快感に嵌ったら、もう一気に進行しちゃいます。
なので、結構墜ちるまでの展開はかなり早めと言えると思えます。
もう当初の凛々しかった姫の姿はもう見る影もないですね(汗)
個人的にはもう少し墜ちるまでの過程が見たかったですけど、3人+1人を一度に攻略している訳ですから仕方ない所ではありますね…。
Hシーンも何回か分は描写のみではしょられていたり(汗)

更に主人公の精液はとにかく量が多いのも特徴ですね(汗)
姫たちに中出しをするんですが、その度に彼女達の子宮が中出しされた大量の精液で膨れ上がり、あたかも妊娠した様な腹ボテ状態になります(汗)
毎回中出しのたびに、そういう描写があるんですが、腹ボテかと見間違う様な膨張は異様な量すぎるでしょう…。
実際、一回の顔射で顔どころかの量を出してたりするのは、ちとやりすぎ(汗)
学園3

そして個人的に注目なのは、シャクティに使ったアイテムの存在…。
それは「貞操帯」です(汗)
そう…、ここ最近のレビューした作品で妙に登場頻度の高い貞操帯がここでも(汗)
本当に12月発売の分、登場率高すぎるでしょ…。

Hシーンは比較的、普通と言うとアレですが、ヒロイン達が大胆になる以外は特別過激なプレイをしているっていう訳でもないですね。
個人的には墜ちきった後のヒロインにはさほど興味が湧かないのもあるんでしょうが(汗)
あ、でも雪乃のアナル関係はあまりなかった(初めて?)、「アナルバルーン」という代物が登場して新鮮でした。
アナルの中で空気を送り込む事で、バルーンが膨らんでいくという拡張するアイテムみたいですね(汗)
シャクティに貞操帯を外させるための条件で、主人公のアナルを舐めながら手コキをするというプレイは、彼女の恥じらいや貞操帯を外して思い切り弄り回したいという欲望に葛藤しているために魅力的ですね♪
リディムは、当初の無垢さが嘘の様に淫らになっていくのが、魅力的ではありますね。

他にはそれぞれのヒロインには精液の効果で身体に変化が生じ、変化は別でタイプが多少かぶらない様になっているのはいいですね。
そうじゃないと墜ちているから、性格が似た感じになりますからね。
まぁ、その変化自体はそれほど大きくないので、結局は似た感じになりますけども(汗)
ちなみに、リディムはクリトリスの肥大化、シャクティは母乳が出るようになります。
学園3 学園3 学園3 学園3

最終的には、3人の姫+美鈴の4人まとめてのハーレムってより、乱交みたいな展開になります。

特殊な能力で陵辱、調教していく展開は王道なので、安定感はあると思います。
できれば3人でなくて、1人とかに集中した作りでも良かったかもしれませんが、この主人公の性格だとそれで満足はしないだろうな(汗)

楽天はこちらからどうぞ
学園(3)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
学園3 華麗なる悦辱

DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
学園3 華麗なる悦辱

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ