ぷちぱら文庫 愛妻日記

愛妻日記 (ぷちぱら文庫 8)
布施はるか
パラダイム
売り上げランキング: 6036

若く美しい妻との、誰もがうらやむ生活。そのプレッシャーに負けてEDとなった圭輔は、妻の欲求不満を思ううちに、ある妄想を抱くようになった。自分以外の誰かに愛妻の早苗を抱かせたら…。その妄想に、圭輔は異常な興奮を覚える。そしてついに、女性との噂が絶えない部下に早苗を差し出すことにした。自分のいない寝室で、妻と男が愛し合う。その映像を録画しつつ圭輔は…。

12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。
同人ゲームが原作のノベライズ作品です。

内容は、主人公は外資系の企業に就職し、30歳で課長にも昇進と順調であり、更に主人公には見合い結婚ながら、誰もが羨む容姿の妻「早苗」(さなえ)もおり、他人が見たら幸せを絵に描いた生活を贈っています。
ですが、主人公はそんな理想の妻を具現化した様な素晴らしい妻を持っているがあまり、心因性勃起不全、EDになってしまっています。
女盛りな年齢の妻とセックスレス状態である事に、主人公は罪悪感を持つ事に…。
そんな中、自分以外の男に妻が抱かれる想像をして、異様な興奮を覚える主人公は自分の会社の部下である、女好きな「宮越」に自分の代わりに早苗を抱いてくれと依頼してしまいます。
その様子を寝室に隠しカメラを仕掛けて、映った光景に主人公は…という展開です。

これで分かる様に、いわゆる「寝取られ系」ってやつですかね(汗)
正確には寝取らせ?
なので、そういった展開が苦手な人にはおすすめしにくいと思いますのでご注意下さい。
私もそんなに得意ではないですが(汗)

登場するヒロインは、早苗のみです。

早苗は、主人公の妻です。
主人公の上司の友人の娘であり、友人から相談された上司が主人公を推薦したという経緯があります。
主人公への愛情は確かなもので、夫である主人公を常に立てる良妻賢母を地で行く様なキャラクターです。
一方でやはり愛する主人公との性行為がなくなっている現状には物足りなさを感じているところもあります。

展開的には、主人公は隠し撮りした映像で最愛の妻と部下の行為を見るというものです。
タイトルに日記がある様に、全部ではないですが、章ごとに主人公の日記という形で主人公の心情が描かれています。

早苗が宮越によって、ドンドン淫らになっていく様を見続けて、嫉妬や怒り、そして快感でEDであった事を忘れさせる程に肉棒は勃起しており、映像を見ながら触れもしないのにズボンの中で射精をしてしまう主人公の心中は如何ほどなものなのか…。


その後も主人公が仕事で家を空けている間も宮越によって、性にうとかった早苗は少しづつ確実に変化していく事になります。
その過程がしっかり描かれているのは、いいですね。
箱入り娘であった早苗はフェラをした経験はおろか、フェラの意味すら理解していない程のうとさですが、主人公のEDを何とかできるのではないかと思い込み、挑戦していく事に…。
もっともそういう想い自体は本物なのでしょうが、次第に快楽の味を覚えた早苗の心情は少しづつ歪な形へと繋がっている訳ですが。
実際、主人公の手引きでやってきている宮越を早苗は拒否してもいい立場なだけに、何だかんだと言いながらも家に上げる早苗も期待している証ですね(汗)
愛妻日記

当初は宮越もコンドーム着用でのHですが、ドンドン行為を重ねる事に行為はエスカレートしていき、ついには生での挿入で中出しまでする様に(汗)
そしてそんな行為に、主人公は更なる嫉妬と興奮を覚えるも事実であるという状態です。
愛妻日記

フェラに始まり、パイズリ、アナルセックスなどの行為は勿論、行なう場所もリビングやトイレ、自身の寝室、バルコニー、玄関、はてには職場の主人公のデスクでオナニーや本番行為に乗じる早苗の乱れっぷりは、普段の主人公の知る彼女ではないのが、またいやらしく見えますね。
愛妻日記

隠語もバンバン当たり前に連呼したりと、完全に女として開花した姿がそこにあります。
主人公はそんな彼女の姿に、もう自分の所に戻ってこないのではないかと思い悩む事にも…。

そして、ついに主人公は早苗に真実を伝えることになるんですが、まぁ、こういう展開なんだろうなぁとは思ってましたが、実際この展開は中々私には完全には理解できない世界ですね(汗)

挿絵は、殆どは原作版の画像を使っていますが、一部手書きの物も含まれています。
まぁ、一部という事もあるので、それほど原作版のCGとの違和感はさほど感じないと思います。
CGもかなりエロさが出ているので、濃厚なストーリーに負けていないのも高評価ですね♪

確実に人を選ぶ作風なのは、仕方ないところですが、エロさではかなりの破壊力でした。
それに関しては、間違いはないとは思います。


楽天はこちらからどうぞ
愛妻日記

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
現在、3月末まで割引セール中で10%引きでお得です♪
愛妻日記

Amazon 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
愛妻日記 (ぷちぱら文庫)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ