リアルドリーム文庫 AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス (リアルドリーム文庫 52)
早瀬真人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 11848

従姉の亜衣の家を訪れた圭佑は、彼女の会社の先輩理名に心惹かれてしまう。アルバイトとしてその会社に入るが─何とそこはAVメーカー!?「うふふ、今日は何回射精させてあげようか?」ローションプレイにオナホールで精液を搾り取られ、見習い社員として奮闘する青年の行く末は─。

あけましておめでとうございます♪
12月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。

まぁ、新年に持ち越してしまいましたが(汗)

内容は、主人公は高校を卒業したものの、就職難のために就職できず、家族からは早く就職しろと圧力を受けている状態です(汗)
そんな中、主人公の従姉である「亜衣」(あい)に呼び出された主人公は、そこで亜衣の同僚である「理名」(りな)に夢中に…。
その後、亜衣から自分の勤める会社にアルバイトに来ないかと持ちかけられ、両親から就職しろとせっつかれていた事と理名にまた会えると二つ返事でOKをする主人公。
しかし、今まで知らなかった亜衣の会社が実はAVメーカーだったと知る…という展開です。

登場するヒロインは、亜衣、理名以外に会社の社長「夏希」(なつき)、社員の「真里子」(まりこ)がいます。

亜衣は、主人公の従姉であり、幼い頃から主人公に対し、弟というよりも舎弟の様な扱いをしています(汗)
そのため主人公は、亜衣には頭が上がりません…。
性格は当然Sっ気があり、事あるごとに主人公をいじめます。
いじめると言っても、それは性的な行為もある様で、主人公が中学の頃から手コキや足コキで射精させていた様です。
…性欲に支配される思春期にそんな事されたら、そりゃたまりませんね(汗)

理名は、亜衣と同じくAVメーカーに働いています。
主人公の憧れの存在でもあります。
清楚で大人しくお嬢様なキャラクターなのも、主人公的にはいつも虐げられている亜衣と比較してしまっている所があるのかもしれませんね(汗)

夏希は、亜衣たちが勤めるAVメーカーの社長です。
社員の少なさもあって、社長自らカメラで撮影などをこなす事も。
理知的でクールさを窺わせる外見通りの性格ですが、ひとたびスイッチが入ると一変し、被害妄想的なMっ気に(汗)

真里子は、亜衣、理名たちとは違い、メイクや衣装に終わらず、作品の女優としても出演しています。
他のヒロインに比べるとやや存在感が今ひとつで特に書く事も…(汗)

AVメーカーを舞台とした作品なのは、中々ないだけに新鮮で期待感もあったのですが、読み終わってみると微妙だったかなというのが正直な感想ですね(汗)

展開的には、タイトル通りSなお姉さん方にいじめられるのが基本スタイルです(汗)
更に主人公は何だかんだ言いながらもそれを最終的には受け入れるMっ気のある性格をしているので、そういう展開に拍車がかかります。
そのため、そういった展開が苦手な人には向き不向きがあるかもしれません。

舞台がAVメーカーなので、素人物の撮影の手伝いのつもりが騙されて出演させられたり、オナホールで扱かれたりとらしい描写がされています。
一応外部の女優たちとのHな行為もあるにはありますが、基本的には会社の女性陣たちとの行為がメインです。
まぁ、スタイルなど女優でもやっていけそうな面々ばかりなので、演技指導などの名目などでHな展開になったりも。

パイズリやフェラなど定番どころも当然ありますが、これといって特異なプレイはなかったですね。
なので、SM的なプレイは意外にもなかったですねぇ。
まぁ、終盤で主人公がアナルを犯されちゃう展開はありましたが(汗)
残念なのは、タイトルにもある様に主人公は童貞であるために、かなり終盤まで本番はないままな事ですね。
射精自体は、手コキやフェラなどで散々たっぷりとしていますが、童貞喪失まではかなり引っ張る事になります。

終盤では、女性陣全員相手のHシーンが展開され、ハーレム状態と言いたいところですが、正確には「ハーレム」ではなく「乱交」と表現するのがピッタリかなと思います。
なので、愛情はある意味あるかもしれませんが、それはラブラブっていうものではないという事です。

読んでみると同レーベルの著者作品の「女教師たちの童貞いじり 美尻挑発の甘い罠」を彷彿とさせます(汗)
これもあれも「童貞」がタイトルに入っていますしね(汗)

更に今作では「貞操帯」を女性陣ではなく、主人公が着ける事になり、射精を我慢させられるという責め苦を味わう展開も用意されています。
同時発売なリアルドリーム文庫の「花嫁調教」も主人公兼ヒロインが貞操帯を装着するんですが、今回のリアルドリーム文庫のテーマは「貞操帯」だったのでしょうか?(汗)

挿絵は、同レーベル作品を多く描かれている「英田舞」さんが手がけています。
「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」や「女子高生メイドと穴奴隷女教師」、「女教師の童貞指導」などがありますね。
柔らかそうな絵柄ながら、艶っぽさを感じさせる表情は見事ですね♪
今作はややコミック的な感じでしょうかね。
個人的には、真里子と夏希のWフェラシーンがいやらしく、色気爆発でお気に入りです♪
まぁ、挿絵数が少ないレーベルなのは残念ですね…。

全体的な評価としては、今ひとつなのが正直な感想ですね。
あれもこれも主人公はヒロインたちに翻弄される展開ばかりで、ひたすらMっ気満載で人を選ぶのは確かでしょう。
最後にそれを主人公は受け入れちゃってますし(汗)
まぁ、Sっ気が決して高過ぎる作品という程ではないとは私は思いますが、展開に今ひとつ感情移入できなかったのは痛かったかなと。
主人公よりも、年齢層が上の女性陣ばかりな事もあり、可愛がりみたいな方向に傾きすぎているのもあるんでしょうねぇ。

著者で買う買わないと決める方ではないんですが、今後もこういう作風なら今後はスルーも考えるべきかなと思ってしまいました(汗)
まぁ、私はって事ですので、お好きな人には申し訳ないです(汗)
ここら辺は好みでしょうねぇ。

新年早々に手厳しい事書いちゃったけど、個人的には可もなく不可もなくってくらいの評価ですね(汗)
他のタイプの作品も読んで見たいところです。

AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

楽天はこちらからどうぞ
AVメーカーのSなお姉さんたち

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
AVメーカーのSなお姉さんたち 童貞誘惑パラダイス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事