二次元ゲームノベルズ プリンセスラバー!藤倉優の恋路


平凡な生活から一転して、日本有数の企業「有馬グループ」の跡取になった有馬哲平。そんな慣れない生活に困惑する哲平を支えてくれたのは、専属のメイド・藤倉優だった。学園や屋敷内で毎日をともに過ごすうちに惹かれあう二人。夜にはエッチなご奉仕までしてくれる献身的な彼女への愛しさが募っていく哲平だったが、いつもメイドとして一歩引いた距離を保とうとする優に、不安ともどかしさを感じていた。そんなある日、優が育った孤児院の恩師が倒れたという連絡を受けるのだが…。メイド以上の関係を頑なに望もうとしない優の本当の気持ちとは!?メイドと主人という身分の壁を越えた恋路の行方やいかに─!?献身的なメイド・藤倉優とのもどかしくも甘酸っぱいご奉仕生活を描いたオリジナルエピソード。

12月発売の二次元ゲームノベルズの新刊です。
読み終わったのでレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

さて人気のプリンセスラバーもシルヴィア、シャルロット、聖華と発売になって、てっきり次が優かと思いきや、またシルヴィアだったという展開でしたが、ようやく優編ですね(汗)

プリンセスラバーシリーズは、大体は既にヒロインとは恋人関係から始まっている場合が多いんですが、今作の優編ではそういう関係になる前から描かれています。
とは言え、物語序盤からお互いはっきりと態度を示している訳ではないですが、好意は感じられる状態なので初めて出会った頃よりは随分距離が近いです。
主人公が有馬家に入ってから、ある程度の期間が経過している状態ですね、今作は。

展開的には、不慣れな生活に苦労しながら奮闘する主人公を支える優に主人公は当然ながら惹かれる訳ですが、生来の真面目さや生い立ちもあり、主人公の祖父に恩義を感じているだけに優は一歩引いた態度を取り、自分を律している優に複雑な感情を抱いています。
まぁ、こんな付かず離れずの距離感では、自分の意思なのかメイドとしての義務感なのか判断に困りますからねぇ…。

そんな微妙な距離感で焦れる主人公と読み手(汗)ですが、優が育った孤児院の恩師が倒れたという知らせを受けた事から物語は大きく動きだします。
ここらから、優の生い立ちやいつも見せなかった表情や一面が露わになっていくのはいいですね。
とは言え、それほど大きく普段とは違うって訳でもない気もしますが、それでも柔らかさが出ているのは分かりますね。

しかし、主人公の祖父は優ではなく、別なヒロインと主人公をくっつけたい思惑があり、それが障害となっています。
主人公と優はそんな祖父に真正面から自分達の意思を伝える展開は中々見所だと思いますが、少々思ってよりはあっさりしてたかなという印象でしたね。
もっと時間をかけて描かれるかと思ってたので、肩透かしではありましたが。
もっと現実の厳しさを凹むほどに主人公に思い知らせてくるかと身構えてただけに(汗)

でも、このくらいのテンポでもいいのかなとは思いますけどね、一方で。
私は原作版と言っても、PS2に移植されたものしかプレイ経験がないので、だいぶPC版とはいじってあるはずなので比較対象にはしずらいんですが、もっとそこら辺に至るまでの展開はゆっくりな印象があったんですよね。
まぁ、正直その時はじれったいなぁとやきもきした記憶があるので、これで丁度いいのかも(汗)

その後は、祖父からは離れ、孤児院での子供達に囲まれた中での生活にシフトしていきますが、思ったよりその描写、ページ数が割かれていて生活感が描かれていたのは好印象ですね。
個人的にはこういうシーンが見たいだけに嬉しいです♪
でも、相変わらずここでも優は変わらずメイドの格好のままですが(汗)
ヒロインによっては、恋人関係になるとがらりと印象が変わるヒロインもいたりする中、殆ど変化しないヒロインも優らしくてアリですけどね♪

Hシーン的には、ご奉仕として結構序盤からあったりするんですが、それも基本フェラです。
それでもかなり普段の彼女からはイメージしにくい様な濃厚なご奉仕なので、十分破壊力はあると思います。
個人的にはかなりお気に入りですね。
勿論それだけではなく、奉仕されるだけでは我慢できず優にも舌で愛撫したり、巫女装束を身に纏った彼女とアナルセックスしたりとやる事やってます(汗)
その後もウェディングドレスを纏った優とのHと見所は多いですね。

プリンセスラバー! プリンセスラバー!

後日談となる最終章も余韻が感じられる終わり方で良かったですね。
読み終わって思ったんですが…、最後は皆ヒロイン達が久しぶりに再会して和やかなんですが、そこに主人公の自称竹馬の友の根津くんは呼ばれてないの?(汗)
哀れだ…(涙)

挿絵は今までの「プリンセスラバー」シリーズを手がけている「吉飛雄馬」さんなので問題ないですね。
通常装備のメイド服もいいですが、巫女姿もこれまたいいなぁ。
Hシーンも挿絵数が多いのも好印象ですね。
個人的にはHシーンではないものの、最終章の挿絵は感慨深いですねぇ。
そっくり過ぎるとは思いましたが(汗)

これでこのシリーズも終わりなんでしょうかね?
一応メインヒロインどころは終わった訳ですね…。
PS2版ではメインヒロインに昇格した綾乃も追加されてましたが、さすがにノベル化はないかな(汗)

楽天はこちらからどうぞ
プリンセスラバー!藤倉優の恋路

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
プリンセスラバー!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事