二次元ゲーム文庫 処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 騎士の君のラブロマンス

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~ 騎士の君のラブロマンス (二次元ゲーム文庫 10)
舞麗辞
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 3277

ある事情が聖應女学院に女装して編入することになった妃宮千早。そんな乙女の園で、七々原薫子という女性と運命的な出逢いを果たし、親睦を深めていく。そして夏休みに海へ一緒に出かけたり、創造祭で行う演劇の練習などをするうちに、恋人同士になった千早たちは、賑やかで甘い学院生活を過ごしていく─。七々原薫子との甘い恋路を描いたアナザーストーリー集。

12月発売の二次元ゲーム文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

「処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー」は既にパラダイムノベルスでも発売されています。
向こうの方が原作に近い展開であろう一方で、こちらの作品はオリジナルのアナザーストーリーが展開されているのが特徴です。
なので、今作は原作版をプレイ済み+パラダイムノベルス版を読んでいる人でも問題なく楽しめる作品となっています。
とは言え、やはり最初のあらすじ辺りはザッと触れている程度ですので、ここからでも理解は十分できますがやはり原作かパラダイムノベルス版を見ておくのがいいとは思います。

*パラダイムノベルス版のレビューはこちらからどうぞ
Paradigm novels 処女はお姉さまに恋してる?2人のエルダー 薫子編

今作の内容ですが、物語はヒロインの「薫子」(かおるこ)を中心とした展開になっています。
ある程度のベースは同じですが、途中からはオリジナル展開ですので、パラダイム版とはまた違った薫子との物語が堪能できます。

基本的な情報としては…。
主人公「千早」(ちはや)は、女の様な美しい容姿と銀髪という要素もあり、通っていた学校の好奇の目に合い、それが原因で不登校になってしまいます。
そんな主人公を見かねた母親によって、転校を余儀なくされるのですが、その学校がお嬢様学院であり、女学院だったのです(汗)
渋々ながら女性として、女子寮から学院に通う主人公は、同じ寮の「薫子」(かおるこ)の秘密を知ってしまい、更に自分の正体もばれてしまう事に…。
ですが、お互い黙っている事になり、秘密を共有したふたりは親密になっていくという展開です。

パラダイム版のレビューのコピーですが、こういった事情から始まっています(汗)
とは言え、今作では薫子の事情は全く出てこない要素ですので、秘密は主人公のみですが。

序盤から薫子を中心に物語が展開しますが、この時点ではまだ恋愛関係ではないので、初々しいふたりの姿(主に薫子)が描かれています。
特に薫子から見た主人公への想いが徐々に意識していくのが分かるのはいいですね。
女学院内では、その凛々しい佇まいもあり「騎士の君」と呼ばれる彼女ですが、実際は恋愛ごとに不慣れで可愛らしいキャラクターなだけにそのギャップが愛らしいです♪

中盤頃から急接近していき、そろそろで告白かなと思いきや…。
何とその話が終わったら、次の話ではもう恋人になってました(汗)
ここら辺は、できれば端折らないで欲しかったですねぇ…。
まぁ、そんな関係になった事でHもする様になっていますが、やはり初めてのシーンを省くのは思い切った事をしますね(汗)

薫子は当然として、主人公も女性と見間違う程の容姿もあり、そんなふたりが絡み合う姿は妙ないやらしさ、淫靡さがありますね。
丁度ヴァレンタイン・デーという事もあり、薫子の口にチョコを加えさせて、キスする事でチョコがお互いの舌が絡む事で溶け出すという描写はいやらしいの一言に尽きますね(汗)
パラダイムノベルス版はHシーンは1回のみと少々寂しかっただけに、今作は中々Hシーンが入っており、このボリュームは嬉しいですね♪
物語が面白ければHシーンが薄くても評価はしますが、多いに越したことはないですしね(汗)
意外にノベルでは珍しいシックスナインやフェラ、薫子の放尿シーンなども♪

放尿シーンでもそうですが、結構主人公ってイタズラ心と言うか少しSっ気あるんですよねぇ(汗)
まぁ、それは普段の会話からでも窺えますけどね。
そんな主人公に翻弄される薫子には悪いですが、ニヤニヤしちゃいます♪
騎士の君と呼ばれていても乙女なところがいいんですよねぇ、彼女は。

挿絵は、原作版を手がけている「のり太」さんとは違い、今作では「七輝静樹」さんが担当しています。
調べてみると、二次元ドリームノベルズなどの挿絵も手がけている様ですが、私はその作品見てないので何とも(汗)
まぁ、今作の絵柄を見ると、描き込んだ絵でキャラクターの表情も色気、艶気が感じられます。
原作絵とは少し印象が異なりますが、でも十分雰囲気ある挿絵だと思いますので、それほど違和感はなかったですね。

また結構薫子挿絵で事あるごとに涙ぐんでいるシーンが多いのは何故なんでしょうかね(汗)
そんな事もあってか、パラダイムノベルス版よりも女性さが強く出ている気がします。

薫子との新たな一面が見れるので、個人的には楽しめました♪
…薫子しか出ないのかしら?

楽天はこちらからどうぞ
処女はお姉さまに恋してる?2人のエルダー

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
処女はお姉さまに恋してる~2人のエルダー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ