Paradigm novels ラブ・バインド


要のSMに対する情熱と知識はずば抜けている。でも彼自身は、憧れていた隣家のお姉さん雫に告白しても「弟としてしか見られない」とフラれるような、ちょっと頼りない少年だ。ある日、学校で突然声をかけてきた後輩の千佳にむりやり縛りプレイを強要される要。抵抗しながらも彼女を縛るがそのつたない技量にダメ出しをされてしまった。思わぬSMチャンスに発奮した彼は、雫に練習相手になってほしいと頼むのだが…。

11月発売のパラダイムノベルスの新刊です。
ようやく読み終わったので早速レビューです、お待たせしました(汗)
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

内容は、主人公は何の変哲もない普通の高校生ですが、SMに関しての情熱に関しては負けないというキャラクター(汗)
そんな彼が学校内に持ち込んでいたSM雑誌がきっかけとなったのか、主人公の周りに女性たちとSMな物語が展開していくという流れです。

自己紹介でいきなり脈絡もなく、SMのくだりが登場するのはちょっと違和感ありますね(汗)
勿論学生でそんなSMを実際に行なう経験などあるわけもなく、妄想どまりな訳ですが。
どうして好きになったのかという理由、説明が欲しかったなぁ、ただ凄い情熱がありますとだけ説明されてもねぇ(汗)

登場するヒロインは、主人公の幼なじみの「雫」(しずく)、下級生の「千佳」(ちか)、学校の教師「望美」(のぞみ)がいます。
中でも雫は今作ではメインヒロインの扱いです。

雫は主人公の幼なじみです。
年上な事もあり、主人公にはお姉さんな態度で接してきます。
風紀委員をしており、真面目な性格でもあります。
主人公は過去一度告白をして、断られています。
ラブ・バインド

千佳は下級生で、ある意味主人公をSMな方向に持っていったキャラクターです。
主人公が学校内でSM雑誌を読んでいる事に気づき、主人公にSMを強要してきた事で、物語が動き出したのもあり、そう言える訳です。
性格は、一見無口で大人しそうですが、実際は口を開けば毒舌と感じられる物の言い方をしてきます(汗)
SMに主人公以上に興味などを持っており、主人公にSMを強要しています。
ラブ・バインド

望美は学校で教師をしています。
おっとりした性格と物腰で人気ですが、彼女も実はSMに興味があり…。
ラブ・バインド

展開的には、妄想止まりだったSMが千佳の強要とは言え、現実のものになっていった事により、結果他のヒロインをも巻き込んでいくという流れになっています。
正直、そこら辺に行き着いた展開にはちょっと強引さを感じてしまいますね(汗)
まぁ、後々そこら辺をフォローしていたりもするんですが。

先にも書いたように、今作はメインヒロインが雫となっており、彼女とは一度告白を断られている事もあり、微妙な距離感のままSMを行なう事になってしまうんですがそれがまた身体の距離こそ近づくんですが、恋愛とはまた違っている事ですれ違いが起きたりするのは王道とは思いますが、やはり引き付けられてしまいますね。
とは言え、最初から別に嫌いでもない関係(姉弟の様な)なので、そこが複雑な所ではありますが。
それと平行して、他の千佳や望美との関わりもあって、ドンドンSM経験値を高めていくことになります。

やはりメインは雫ですので、SM以外のストーリーも描かれており、そこではこういう関係でしか繋がれない事について悩んだりと恋愛色が強めな印象ですね。
他のヒロインは、そういう心情描写や展開などは殆どなく、SMシーンに特化した展開が主で扱いの違いは歴然ですね(汗)
千佳は結構いいキャラクターだっただけにもう少し彼女の人となりなどが見たかったなぁと思いましたね。
望美はやはりどこか教師のままであったところもあるのかなぁと感じました。
最終的には他のヒロインとの関係を清算しての雫をヒロインにしたSMなんだけど純愛な展開になっていきます。

H的には、SMがメインテーマな作品という事もあり、そういうタイプのプレイが殆どです。
特に緊縛系が多いかなぁ。
と言っても、縛って天井に吊り下げたりとかハードなものではないのでご安心を(汗)
自由にさせない程度に縛り、目隠し+放置とかそういった展開に使う事が多かったですね。
…十分ハードかな(汗)
ラブ・バインド ラブ・バインド

他の作品でも、そういったSMを扱ったプレイは多いですが、あまり他では描写していない様な縛る麻縄で「毛焼き」の有無とかあるのは珍しいのでは?
詳しい千佳によると焼いてない荒縄の方がチクチクして良いらしいですよ(汗)
…あまり人生で綱を持った経験は少ないですが、綱引きとかのあのささくれ立った感じなんですかね?イメージしやすいのは。
あれ、裸じゃ痛いわ(汗)

基本的には、目隠しや放置などで性感を刺激するというタイプが多めで、直接刺激を与えるようなプレイはさほどなかったですね。
メンタルを刺激する精神攻撃ですね(汗)
そんな事も関係してか、主人公もHな行為になるのはあまりなかったです。
終盤までだと、せいぜいフェラとパイズリくらいなものでした。
H自体は終盤までなかったですし。
ラブ・バインド

キャラデザインはかなり個人的には好きな絵柄だったので、好印象ですね♪
緊縛シーンが多めなのは作風上、当然ですが、私はさほど緊縛に興奮しないので(汗)
あぁ、でも、裸緊縛よりも服を着たまま緊縛の方が胸が強調されているのは結構好きですけどね。
…細かいですね(汗)

テーマがテーマだけに人を選ぶとは思いますが、思ったよりも読みやすかったかなという印象ですね。
なので、さほど興味のない人も受けつけやすいかと思います。
まぁ、逆にハードなものを期待している人には弱いかなとは思いますが…。
あくまでもソフト、ライトなSM好きな人向けかな。

楽天はこちらからどうぞ
ラブ・バインド

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ラブ・バインド

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ラブ・バインド

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事