あとみっく文庫 思春期なアダム4 聖域の崩壊

思春期なアダム4 聖域の崩壊 (あとみっく文庫)
さかき傘
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1063

エンジュを核に動き出す天使サイドの計略により、平和な学園生活がついに崩壊を迎えることに!?FeTUSとの全面衝突の危機に際して、マキナそしてミスAが立ち上がる…。蛇眼の少年、睦月にこの戦いを止める術はあるのか!?緊迫の新展開。

11月発売のあとみっく文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

この作品も早4作目ですか。
個人的にはあとみっく文庫で双璧をなしていたと勝手に思っている「ピルグリムメイデン」が完結しちゃったのでこれもそろそろ終わってしまうのかなぁと思いつつ、読みましたがまだまだ続きそうですね(汗)

さて今回の内容は、エンジュの為の作品であるとしか言えませんね(汗)
今までの巻では、メインヒロイン?であるはずの彼女は他のヒロインにお株を奪われてしまっていたのですが、今回はそうは言わせませんよ♪
エンジュファンは歓喜モノですね(汗)

登場キャラクター自体は、それほど新キャラクターはいませんが、今回は人間と天使の戦いが描かれており、今まで素顔の出ていなかった幹部メンバーの「ミスA」が登場しているのが見所ですね。
…見た目も、キャラクター的に人気出そうです、あれは(汗)

展開的には、天使が人間側の秘密組織「FeTUS」の本部、聖域を殲滅する事を企て、攻め込んでくるというのが重要な流れですね。
視点では天使側の陣営の内部は殆ど語られておらず、むしろ攻め込まれる側のFeTUSの立場の描写が多くされており、人間側の状況がよく分かります。
それゆえに今まで言葉程度の登場に留まっていた「ミスA」も出てくるわけです。
ああいうキャラだとは思わなかったなぁ(汗)

ここら辺のFeTUSの本拠地の最下層に位置する聖域での展開は必見ですね♪
本当にラノベらしい熱いバトル描写は読み応えあります。
エンジュが熱い熱い…、文字通りに(汗)
天使のラファは何か裏があるのかと前巻から怪しんでいたのですが、どうも思ってたのとはいささか印象が違ったかな。
でも、こういうキャラはいけ好かないですが、個人的に(汗)

ほぼ全キャラクターが今回は程度に差はされど、見せ場があったのも良かったですね。
個人的にはあまり存在感が徐々に薄かった天使のミカも見せ場があったのも嬉しかったです。
何か彼女のキャラクターの印象が某作品のとあるキャラにダブったなぁ。

他にもエンジュの過去の一端が垣間見れたりするのも、見所ですね。
彼女の抱える闇が少し明らかになるのは、悲しくもありますが…。

バトルなども凄い訳ですが、やはりあとみっく文庫ですからHもないとね(汗)
今回はやはりエンジュのHシーンがメインでしょうね。
勿論、他のヒロイン(男性もいますが…)とのHも良いのですが、今作はエンジュの印象が強いです。
元々、前巻までは唯一Hしてなかった(アナルはあり)ヒロインですから、いよいよという事でかなり引っ張りましたね(汗)

ドキドキの初体験シーンを含め、その後も何だかんだとHしちゃう展開はボリュームも凄く読み応えあります♪
ここでのエンジュのツンデレっぷりが半端ではない威力なので、好きな人はにはたまりませんね。
前半部分のハードな展開からは想像できないほどのエンジュの可愛らしさにやられちゃいます(汗)
初H後もすぐさまお風呂場でまた始めちゃったりと甘い雰囲気は止まりません。
またもアナルセックスもしたりと、すっかりHにメロメロです。

今作はハードな展開だっただけに、また次巻は少しまったりな展開になる様ですね、あとがきを見る限り。
何作くらいになるんだろうなぁ、この作品は? 7、8くらい?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
思春期なアダム(4)

思春期なアダム4 思春期なアダム4

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
思春期なアダム4 聖域の崩壊

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ