美少女文庫 妹ぺろぺろ

妹ぺろぺろ(美少女文庫)
鷹羽 シン
フランス書院

ちゅーちゅー、レロレロ、お兄ちゃんのをごっくんさせて。精液を飲めばオトナになれる!と信じちゃったパイパン無垢妹・白坂みるく。Fキスもバージンもお兄ちゃんに捧げちゃう─。

11月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

この作品、かなり濃ゆかったです(汗)

主人公とヒロインの「みるく」は元々は兄妹の様に育ってきた幼なじみの関係でしたが、それぞれの親が再婚した事により、文字通りの兄妹として暮らす事になります。
主人公はみるくをそれはもう可愛がっていますが、内心では妹してではなく、女性としてみるくを意識していますが、それを自制しています。
そんな中、みるくは友人たちの話すHな情報を耳にします。
それには、男性の精液を飲むことで毛が濃くなるという怪しげな情報(汗)
それを鵜呑みにしたみるくは、主人公に相談をするという展開です。

凄い設定ですね…(汗)

ヒロインは、みるくのみです。

みるくは、主人公大好きッ娘ですが、主人公がわざとみるくとは真逆なタイプのセクシーな女性が好みだと語った事が今回の行動に繋がってします。
主人公の精液を飲んで、主人公好みの体型になりたいと想う訳ですね。
性格は、最近の妹では珍しい正統派な純真無垢なキャラクターです(汗)
ちょっと幼さが強調されている印象ですが、胸のサイズは立派なものです♪
ミルクキャンディーを舐めるのが好きだったり、ミルクが好きだったりします。

展開的には、みるくが主人公への想いも込めての精液を懇願する訳ですが、そんな事を聞かされてショックな主人公はある意味告白されているとは思いもよらず、他の男のためにそこまでしようとしているのかと衝撃を受け、知らない男にそんな事をさせたくないと黒い独占欲が露わに…。
そういった誤解もあって、主人公はSっ気が開花するのか、元から秘めていた感情なのか、みるく相手にドンドンHな事をさせていくという流れですね。

動機が、精液を飲む事=精飲という事もあり、少しマニアック?な設定ですね。
まぁ、私はそういったのは全く気になりませんが、そういったジャンル作品が苦手な人もいるかもしれませんので、そういった人にはちょいと刺激が強いのではないかと思いますので、ご注意下さい(汗)

著者さんは、「お嬢様は白いのがお好き!?」などで有名な「鷹羽シン」さんなだけにこの設定は納得です(汗)
お嬢様は白い?などが好みの場合は、十分堪能できる作品だと思います♪

Hシーンは相当量ありますし、何より一つ一つが濃いのが特徴ですね。
まぁ、ねちっこい、ねちっこい(汗)
正直、何でこれ「えすかれ」じゃないのか分かりません(汗)

基本的に目的が精飲という事なので、フェラシーンが多いですね。
最近読んだ中では、ここまでフェラにページを割いて描写を行なっている作品は殆どないんじゃないかと思う程のねちっこさです。
フェラ好きな人にはかなりたまらないのではないかな。

更に同著者作品の「サムライべろちゅー」にあるような、濃厚なキス描写も健在であり、ただのキスシーンでも興奮ものです♪
キスの際の唾液を描写させたら、一番ではないかと思う程です(汗)
それをじっくりページ使って読ませるのだから、もうたまりませんね…。

主人公もそんなドンドンいやらしくなってくるみるくにドンドンはめを外していきます。
最初こそ勘違いからの行動でしたが、途中でみるくの気持ちに気づいてラブラブになるかなと思いきや…。
ラブラブながらもSっ気は健在でしたね(汗)
妹が寝ている口に無理やり挿入し、イラマチオしたりとやりたい放題(汗)
毎日朝の精液を飲ませようとしたりと、歯止めが利きません…。
まぁ、みるくはそれを健気に応えていく訳ですが。

フェラ以外にも、手コキやパイズリ、挿入などもあるんですが、フェラに比べると回数は控えめですね。
せっかく胸は大きいのだからもう少しパイズリあっても良かったかな?

マニアックなシーンでは、コンドーム内に放った精液をわざわざ舐めさせたり…、ワキを舐め、ワキマ*コ呼ばわりしたり(汗)
ワキマ*コって何よって話ですが…。
とにかくHシーンが多く、ここに全部書いたらえらい量になります(汗)

こんなド変態プレイに健気に主人公の行為に応えようとするみるくの姿には、感動&興奮ものですね♪

挿絵は、「成瀬 守」さんが手がけています。
美少女文庫では、「ホントに撮っちゃうよ?生徒会長さん」も成瀬さんの挿絵ですね。
ロリ系な絵柄が合う作風で、相性はいいと思います♪
一部アヘ顔もあったりしますが、そこまでぶっ飛んでないので耐性ない人も耐えれるレベルだと思いますので、ご安心を。
表紙絵のみるくが気に入れば、問題はないと思います。

個人的には、目隠ししているみるくに発射しているシーンで、何でバックがベタフラッシュなのかと思ってしまいましたが(汗)
ちょっと何かシュールに感じたのかな(汗)

全体的に淫語もそこらに散りばめられていたり、他作品を髣髴とさせる描写があったりと見所の多い作品でした。
まぁ、個人的には主人公のキャラクターに若干感情移入できませんでしたが、それを除けばかなり申し分ない完成度だと思います。
みるくのキャラクターもここまで幼くなくてもいいかなとは思いましたが、これは好みですねぇ(汗)

フェラ好きや妹好きな人には、おすすめですね♪

楽天はこちらからどうぞ
妹ぺろぺろ

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹ぺろぺろ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事