ファミ通文庫 真・恋姫無双 萌将伝 恋都繚乱!小劇集

真・恋姫無双 -萌将伝- 恋都繚乱!小劇集 (ファミ通文庫)
小林 正親
エンターブレイン
売り上げランキング: 1933
おすすめ度の平均: 1.0
1 確かに萌将伝だが


10月発売のファミ通文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです。
アダルト要素のない作品ですが、一応PC版の原作がアダルト作品なので、掲載しています。

今作の前には、同レーベルのファミ通文庫で「魏」「呉」「蜀」編の作品が発売されています。
過去作品のレビュー記事は下の関連記事からどうぞ

今作の内容は、PCゲームの「真・恋姫無双 萌将伝」の作品をベースにした短編集となっています。
勿論全て原作版にはないオリジナルなストーリーです。

収録作品は
・「ホタルの記憶」主人公とと関羽の一夜の“でぇと”をめぐり蜀と魏が再び対立!?
・「パンダ大作戦」サーカス団で虐待されている白黒熊猫を張飛が救出に乗り出す!
・「お化けなんてウソさ」都にお化けが出るという噂が…呂布が目撃したその正体とは!?
・「伝説の宝を探せ!」董卓と賈駆が屋根裏で謎の地図を発見し、一刀たちが始めた宝探しの顛末は?
の4編で構成されています。

…これを見ると分かる人もいるでしょうが、メインヒロインがそれぞれ蜀のメンバーばかりなんですよねぇ(汗)
一応、他の陣営も出てきますが、あくまでも賑やかし程度のものですねぇ。

原作版は、三国が統一されて、皆仲良く主人公の元に集まり暮らしているため、もう凄い人数のヒロインがいるんですよね(汗)
そんな全キャラクターをこの文庫1冊で登場させるのは、不可能なのは十分理解していますが、それでも思ってたよりも偏ってたかなというのはありますね。

今回キャラクター紹介すらなかったしなぁ(汗)
まぁ、あれだけの人数紹介するだけでもページ食うのは分かりますけどね…。
なので、原作版(恋姫シリーズ)をプレイ済みなのが前提かな、そこら辺は。

話自体は、オリジナルの話という事もあり、個人的には楽しめたんですけどねぇ。
でも、やはり他の陣営のメンバーの活躍も見たかったってのは本音ですね(汗)
個人的には、「お化けなんてウソさ」での呂布(恋)のエピソードは良かったです。
あのシーンでは挿絵が欲しかったですけどね。
後は、関羽(愛紗)とのエピソードは、原作版で愛紗があの扱いを受けていただけに嬉しい人も多いのではないでしょうか。

挿絵は、他のシリーズとは違い、挿絵を描かれている方が異なっています。
今作ではカバーイラストが「八葉香南」さん、挿絵が「よう太」さんが手がけています。
なので、中の挿絵は結構違いが見られますね。
と言っても、悪い意味ではなく、また新鮮なキャラクター像になっていると思いますので、これはこれでアリかなと。
顔立ちが原作より女性っぽくなっているかなぁ。
張飛(鈴々)の挿絵、主人公の朝立ちをパンツ越しとは言え、握り締めているのはファミ通文庫OKなの…?(汗)

全体的な感想としては、発売されたのは素直に嬉しいですが、欲を言えばもっともっと見たかったなぁと思う作りでした。
これなら、以前のシリーズ同様、魏、呉、蜀版で分けてあってもいいかもなぁ…。

楽天はこちらからどうぞ
真・恋姫・無双(恋都繚乱!小劇集)

真・恋姫†無双~萌将伝~ 真・恋姫†無双~萌将伝~ 真・恋姫†無双~萌将伝~

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
真・恋姫†無双~萌将伝~

原作PC版
真・恋姫無双 ~萌将伝~
BaseSon (2010-07-23)
おすすめ度の平均: 3.0
2 いまさらながら
3 最後に作り手が守りに入ってしまった結果・・・
4 そこまで悪くはないと思う
3 なぜ騙し売りしたのか、ただただ残念。
3 ファンディスクなら


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ