ぷちぱら文庫 Suger+Spice2

Sugar+Spice 2 (ぷちぱら文庫 4)
森崎亮人
パラダイム
売り上げランキング: 4998
おすすめ度の平均: 4.0
4 4人のヒロインのその後+オトメ登場!

恋人になっても素直でない銀河。二人だけの別荘生活でも、ピアノの練習に熱心で触らせてもくれず…。従兄妹の壁を超えて結ばれた風花だが、一線は守るという約束を破っていることで悩み、歌に相談することに。女優である自分との交際を隠そうとする響をからかって、薫子は玲音と悪戯を思いつく。バレンタインを忘れていたさなは、大胆なプレゼントで挽回を決意するが─。

11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、さっそくレビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

さて今作は原作版の「Sugar+Spice 2」の本編のノベライズ作品ではなく、どうやら各ヒロインとのエンディング後の話を描いたオリジナルなストーリーの様です。
なんで、原作版をプレイしている人にも新鮮なオリジナルストーリーが堪能できます。
私は原作版、未プレイなのでちょっと理解しにくい感がありましたが(汗)

今作では4人のヒロインたちがそれぞれ主役な短編が4つで構成されています。
登場キャラクターは、「柊 銀河」(ひいらぎ ぎんが)、「天本 風花」(あまもと ふうか)、「遠野 薫子」(とおの かおるこ)、「種子島 さな」(たねがしま)がいます。
他にもサブキャラクターらも大勢出ています。

エンディング後と言う事もあり、皆主人公と恋人関係になっています。

銀河は、主人公の先輩であり、数々のコンクールで活躍している優秀なピアニストの卵です。
銀河編では、主人公は彼女と共にコンサートに出るためにふたりきりで別荘にこもり、練習に励むのですが、甘い感じにはならずに…。
てっきり髪型もツインテールだったので、ツンデレな性格かと思いましたが、そんな感じともちょっと違いましたねぇ。
Suger+Spice2

風花は、主人公の従妹であり、一緒に暮らしており、晴れて恋人関係に。
性格は、比較的大人しめな印象もありますが、そういうのに限って怒ると怖かったり…。
そんな経緯もあり、主人公との関係に複雑な感情を持っている様で…。
そんな中、風花編では、クリスマスに行なわれるクリスマスライブの出場に難色を示す彼女に、ある人物を紹介する展開です。
Suger+Spice2

薫子は、元子役で人気を博した存在でしたが、最近になり女優活動を再開しています。
性格は、自然体と言えば聞こえがいいですが、気にならない事にはとことん関心がなかったり(汗)
薫子編では、活動を再開させた事で、一緒に住んでいる主人公の事をマスコミがかぎ回るのではないかと気になる主人公に、薫子が取った行動は…。
Suger+Spice2

さなは、あまり女っぽさを感じさせない印象のキャラクターです。
とは言え、内面は勿論女性らしい感情もありますよ(汗)
そんな中、さな編では主人公が意外に女性にモテているという情報を耳にし、気が気でない中、更に目前に迫るバレンタインの存在までも失念していると気づき、己の不甲斐なさに嘆くさなは…という展開です。
Suger+Spice2

一応今作が発売されるという情報を得てから、1作目にあたる「Sugar+Spice」パラダイムノベルス版を読んだんですが、基本関係なかったですね(汗)
*一応2冊発売のうち、片方のみレビュー掲載済みです。(もう片方はレビュー済みですが、新刊で載せるタイミングなくてまだ未掲載ですが…)

Paradigm novels Sugar+spice! 歌編 レビュー

でも、2でも1の登場ヒロインがこの作品でも登場していたので、全くの無駄ではなかったですけどね。
どうやら更に今作では、原作版では登場しなかったらしい1のヒロインも登場しています。
そういうのは、読んでて(プレイしてて)嬉しい要素ですよねぇ♪

作品の感想としては、正直ページ数の薄い文庫作品なんですが、それを感じさせない程の密度のあるものでした。
何か知らないですが、妙に読み終わるのに時間がかかったなぁ…。
そういう点では、読み応えは中々あるのではないでしょうか。

気になった点としては、バリバリ原作知っている前提な作りな事でしょうか(汗)
まぁ、アフターストーリーものはそれが当然なのは重々承知しているんですが、これはそれを抜きにしてもやや入りにくいかなと思いました。
私の読解力がないってもあるんでしょうけどね、そこは(汗)
短編ってのもあり、人となりを掴むのにやや時間がかかるかなと。
主人公って色んなキャラの話で大概ピアノの話が出てきますが、得意っていう設定なんですかね?
あまり、それも特別語られていないけど、基本情報的な印象がありましたので(汗)

あとがきでもありましたが、どうやら原作版のエンド後という事でネタバレ要素が含まれた状態らしいですね。
読んでて思ったのは、おそらくアレとかかなとは思いましたが…。

Hシーン的には、各キャラ編が短いながらもしっかり入れてありますが、実質1回程度ですね。
まぁ、それは仕方ないでしょうね。
それぞれラブラブ感の強いHシーンが展開されています。

挿絵もシリーズ作品を手がけている「ぎん太」さんの描き下ろしです♪
1の頃と見比べるとちょっとすっきりした印象ですねぇ。
各ヒロインも素晴らしく魅力的なんですが、主人公の女装姿のシーンが妙に力入ってません?これ(汗)
個人的に驚いたのは表紙絵見て、薫子の髪色が黒でないと知って、意外で動揺しました(汗)

まぁ、全体的にはやはり原作未見の人には、やや入りにくいかなという印象がある作品だと思いますね。
とは言え、全く理解できないっていうレベルではないので、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんが。
個人的には、こういうアフターストーリーはノベルス版みたいなサイズでしっかり読みたいかなぁ(汗)
原作プレイ済みの人は、評価加点してくださいな(汗)

しかし、この作品の女性陣は個性強く、グイグイ来ますねぇ(汗)

楽天はこちらからどうぞ
Suger+Spice2

原作PC版
Sugar+Spice2
Sugar+Spice2
posted with amazlet at 10.11.07
チュアブルソフト (2010-07-30)
おすすめ度の平均: 4.5
4 シュガーもスパイスも特濃増量。 祭バッチ登場で5人攻略に!
4 優等生ゲーム
5 名作なのに・・・ここまで世に知れないとは・・・メーカーが可哀想
5 充分楽しめる。
4 一風外れた王道モノ


DMM 原作PC版 通販はこちらからどうぞ
(ダウンロード版ではないのでご注意を)
Sugar+Spice2

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ