あとみっく文庫 魔法妊婦ハラマセ∞ハラスメント

魔法妊婦ハラマセ∞ハラスメント (あとみっく文庫)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1013


10月発売のあとみっく文庫の新刊です。
読み終わったのでレビューです?。

内容は、主人公兼ヒロインの「雪菜」(ゆきな)は5年前に人間界に突如現れた魔人達から世界を守るために魔法少女「スノーレイン」として戦い、魔人らを封印した過去があります。
そしてあの戦いから5年経った現在、雪菜の身に異変が起こることから物語は始まります。
異変の原因を調べてみたところ、何と妊娠している事が判明!
しかし、妊娠するような行為は5年前に魔人達に陵辱された以来しておらず…。
今になり、魔人の精が力を取り戻している事で、雪菜は妊娠してしまった訳です(汗)
魔法で子供を堕ろす事も可能であったが、雪菜はこの子供の父親を探し出し、育てようと思い立つという展開です。

…何か色々ツッコミどころのある展開ですね(汗)
まぁ、タイトルからもうぶっ飛んでいるんだろうなぁとは思ってたので気にしませんが…。

ヒロインは、雪菜のみです。

キャラ紹介である程度、展開が読めると思います。
隠す気がないでしょ、これ(汗)

雪菜は、魔法少女の頃から5年経っており、現在何歳だろ?(汗)
当時は小振りだった胸も今は立派にその存在を自己主張している程に成長しています。
性格は、魔法少女らしくというか他者を気遣う優しさを持っており、明るいです。

この作品、いきなり5年前の事から始まるので、一瞬これ何かの続編?って思いそうになりました(汗)
あとみっく文庫は、ほぼ全作品読んでいるはずなのでそれはないというのは分かっているんですけどね…。
でも、普通だったらその5年前の事を先にやるんじゃないのかと思うんですけどねぇ(汗)
まぁ、あくまでもこの5年前の事件があっての妊娠な訳ですから、ただそれのために設定を使っているのはある意味贅沢な作りですね。

展開的には、5年前に陵辱された魔人を探し出し、当時を再現して陵辱されて誰がお腹の父親かを見極めるという強引な手法を取ります(汗)
違ってたらやられ損で身体張った調べ方です(汗)

しかし、当時の魔人は力を封印し、その力に取り込まれていた人間は真面目に生活をしているんですが、雪菜は探し出したり、偶然発見したりで無理やり魔人化させてやられちゃいます(汗)

そんな手法の強引さもあり、作風は結構シリアスさよりもコミカルな印象が強いです。

ですが、父親を見極めるために身体を張って陵辱され、精液を浴びまくりな展開は見応えがあります。
エロさはかなり高めだと思います♪
コミカルさもあるので、単純な陵辱ほど嫌悪感もないと思うので、読みやすくいやらしい作品だと言えますね。

出てくる魔人も、獣人タイプの犬魔人から豚魔人、キモオタ魔人(汗)、木魔人、プロフェッサー、戦闘員など多種多様な面子がいます。
キモオタ魔人ってまんまじゃないか(汗)
魔人はそれぞれ固有の方法で雪菜(スノーレイン)を陵辱していきます。

個人的には、豚魔人とかは結構好みな展開でした。
風俗店を経営していた人間だった事で、客たち相手にフェラの練習をさせられるのは、よかったです。
個室に穴から客の肉棒をひとりひとり射精させていくのは見応えありますね。
話では百人の客をひたすら抜きまくるんですが、さすがに全てを描写しているのは無理なんですがそれでもそれなりの人数は描写があったので満足♪

キモオタ魔人はロリしか興味が無いため、5年前のスノーレインで激しく興奮するものの、現在のナイスボディに育ったスノーレインには興味がないのは敵ながら筋金入りだなと妙な感心をしました(汗)

プロフェッサーは、肉体改造を得意とし、スノーレインはクリを肉棒化され、オナホール状の搾乳機に包まれて精液を噴出して感じまくるシーンが個人的ツボでした(照)

木魔人は、予想通り…触手もありです(汗)

最後の魔人とのHシーンはかなり濃厚であり、妙ないやらしさが漂う展開となっています。
でも、ここは陵辱ながら陵辱でないというか…、ちょっと独特なのでまた印象は異なるんですけどね。

…今思うと、これだけ胸も大きいのにパイズリなシーンがなかった様な(汗)
だとしたら勿体ないですけど、搾乳されたりとマニアックな展開があったのはアリです。

中盤辺りから、スノーレインは陵辱の快感に壊れ気味になり、暴走状態ぽくなり、性欲にすっかり虜になっているのがまた何とも(汗)
とは言え、目に光が無くなったとかではなく、陵辱による抵抗がなくなった感じなんですかねぇ。
快感を楽しむ様になったというか…。

挿絵は、雪菜(スノーレイン)のデザインはいいんですが、魔人の連中のデザインがいい具合にキモイですね(汗)
変にキモオタとか、肌のブツブツとかもしっかり描かれており、気合が入っているなぁと感じました。

評価としては、当初思ってたよりも面白く、エロかった作品でした。
そういう意味では結構当たりなんじゃないかなとは思います♪
ノリに好みが分かれそうですが、興味があれば読んでみてはいかがでしょうか。

楽天はこちらからどうぞ
魔法妊婦ハラマセ∞ハラスメント

魔法妊婦ハラマセ∞ハラスメント 魔法妊婦ハラマセ∞ハラスメント

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
魔法妊婦ハラマセ∞ハラスメント

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ