二次元ドリーム文庫 いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん

いもうとダイアリー はぁれむばけ‾しょん (二次元ドリーム文庫110)
伊吹泰郎
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 213217
おすすめ度の平均: 4.0
4 義妹+妹みたいな彼女とその妹が描く夏休み

自分を「お兄ちゃん」と呼ぶ年下の恋人、半年前に出会った血の繋がらない義妹、恋人との仲を邪魔する彼女の妹。優しく気だてが良い、マジメで繊細かつ儚げ、小悪魔的でいかにも幼気―それぞれ異なる魅力に満ちた、愛らしい「いもうと」たちとの“性”活日記。

タイトル通り妹モノですね。
まぁ、全員妹という訳ではないですが(汗)

主人公は女子学院の新人教師です。
主人公の職場である学院には、主人公を慕う顔なじみの生徒「遥」(はるか)、遥の妹の「日向」(ひなた)、生徒会長である義妹の「ちさと」も通っています。
そんな中、主人公は遥との約束で夏祭りに行く事になるのですが、これがきっかけで主人公達の関係にも変化が起き出すという展開です。

ヒロインは、先ほど挙げた3人です。

遥は、5年前に主人公が家庭教師のバイトで受け持った生徒であり、主人公を慕っています。
性格は天真爛漫であり、明るく優しいキャラクターです。

日向は、姉の遥を心底尊敬しています。
そんな事もあるのか、姉が好意を抱く主人公には敵視している所があります。
性格も主人公には、辛辣でツンツンしています。
ですが、彼女も気づかぬ感情が…。

ちさとは、最近母親が主人公の父と再婚した事で主人公の妹になっています。
学院では生徒会長を勤めるほど、冷静で生真面目な性格をしており、大人びた容姿も相まって少しクールそうにも見えます。
主人公には、学院でも家でも最低限の対応を見せる程度でそっけない態度を見せますが、こちらも…。

妹はひとりなのに、何でこのタイトルなんでしょうね?(汗)
妹分って事なのかな?
まぁ、ぶっちゃけ妹でも違ってても何ら構いませんけどねぇ、私は(汗)

展開的には、主人公も好意を持っている遥との夏祭りにて、関係を持った事から、他のヒロインたちにも関係の変化による影響が出ていくことでそれぞれヒロインとの関係も大きく動き出していきます。
そういう意味では、一番先に関係を持った遥よりも、それに触発された日向、ちさとの描写の方が多めに描かれていますね。
実際悩んだりしていたりなどの描写は、遥は殆どないですから、印象は薄い感じがありますね(汗)

特に日向は当初は結構主人公のみならず先輩である、ちさとにも突っ掛かる様な発言していたので、あまり個人的に好感良くなかったのですが、ここらからは可愛らしいじゃないかとにニヤニヤ(汗)
特に口に精液が付いていることを気にして、キスのおねだりを躊躇してしまう所は、彼女の可愛らしさ、純なところが表現されていて良かったですねぇ♪

Hは結構濃い目ですね。
回数もですが、内容がなかなかの描写と挿絵による破壊力はかなりのものでしょう。
個人的に良かったのは、遥の胸の大きさを活かしてのパイズリ行為を妹の日向がレクチャーしての行為だったり、玉袋の頬張って舐め回す描写が良かったですね。
他にも、裸エプロンやスク水プレイなど結構マニアックなプレイがあるのもいいですね。
終盤にはアナルセックスやアナルいじりがあるのですが、ここの描写がかなり力が入っているのが印象的です(汗)

どうでもいい事なんですが、ちょっと気になったのは、ダイアリーとタイトルを銘打っているんですが、そんな要素は章題の8月○日って日記帳なタイトル付けくらいなもので、その他はヒロインらが日記をつけている描写もなく、あまり関係ないんじゃないかなという所ですね(汗)

挿絵は、二次元系ではお馴染みの「高浜太郎」さんが手がけています。
相変わらず、繊細な線で描かれたキャラクターらは、可愛らしさとそれ以上の色気、艶気が出ていて魅力的ですね♪
この挿絵も相まって、エロさが更に増していますね。

楽天はこちらからどうぞ
いもうとダイアリー
*残り少ないです(汗)

いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
いもうとダイアリー はぁれむばけ?しょん

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事