Harvest novels Cross Days

Cross Days(ハーヴェストノベルズ)
水碕睦月
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 6739

アニメ版の衝撃の最終回などで話題になった「School Days」。
その続編である「Cross Days」が、ハーヴェストノベル版に登場!
ゲーム本編を元に再構成されたストーリー。
主人公の「足利勇気」とヒロイン「喜連川路夏」、すれ違う二人の恋の行方は果たして……!?
カバーはごとうじゅんじ氏書き下ろしの路夏&言葉。
「School Days」の主人公、伊藤誠も登場します。

9月発売のハーヴェストノベルズの新刊です。
本来の発売日よりも何故か早く入手できたので早速レビューです♪
原作はPCゲームのノベライズ作品です。

私はこの作品は原作未プレイなんですが、既に発売になっている「スクールデイズ」の時間内に新規キャラとかを入れた作品みたいですね。
スクールデイズはノベルズ版で読んではいますが、だいぶ前の事で主要キャラ以外の名前などはうろ覚えだったりで読んでて「ん? これ誰だっけ?」って事になりつつ読みました(汗)
なので、さほど詳しくない人間が読んだレビューとしてお考え下さい(汗)

さて今作の主人公は過去シリーズの主人公ではなく、別人です。
そんな主人公は、姉を通じて知り合った「路夏」(ろか)に徐々に好意を持つようになります。
そして路夏も主人公に淡い感情を持つ事になっていくのですが、このシリーズそう簡単には成就させません(汗)
幾多の誤解、すれ違いがこれでもかと発生し、ふたりの関係はドンドンおかしな方向に…という展開です。

メインヒロインは、勿論路夏です。
とは言え、他にも過去シリーズで登場した「言葉」や「世界」、「刹那」の面々なども登場し、事態をややこしくします(汗)

路夏は、今までの過去に男性もいい思い出がない事もあり、男性を苦手に感じている所があるキャラクターです。
主人公は女っぽい顔立ちもあって、接しやすい事から主人公と距離が近づいていきます。
前作の主人公「誠」と同じ学校出身という事がまた後に事態をややこしくする事になるのですが(汗)

後は基本的には前作のキャラクターが中心なので、あまり説明する事が(汗)

一応言葉は誠と付き合い始めたという関係で始まるのですが、こっそり世界ともキスしてたりと相変わらずの駄目っぷりを発揮しています。
とは言え、基本的には主人公と接点があり、絡む関係で言葉の方が登場頻度や扱いは上ですね。
世界は今作ではあまり存在感がないですねぇ。

読んでて、まぁよく誤解される様な状況でそういう現場見られちゃったりしているんかなぁと思わせる間の悪さ…、もとい絶妙なタイミングは健在ですね
スクール?、サマー?とノベル版ではあまり後味の宜しくないラストだったりしたので、今回もなのかと心配になりながら読みました(汗)
今作では、主人公が誠ではない事もあってか、比較的いい感じで終わったのは好印象ですね。
まぁ、誠側の方は何か後々またひと悶着起こしかねない感じもしないではないですが…(汗)

レビューの参考までに、原作版の感想を見てみると、どうも同性愛的なお話もあるようで…(汗)
今作に限っては、そういう要素はなかったのでご安心を。
まぁ、女装するシチュエーションはありましたが、そういう展開はなかったので。

主人公が違うだけで、ある程度毒気が抜けるんだなぁと感心?してみたり(汗)
そう思うのも、今までのシリーズでは感じた病的なほどの負の感情がキャラクターになかったからなんでしょうね。
原作版ではそうでもないのかもしれませんけれど(汗)

Hシーンに関しては、さほど多くはないです。
まぁ、このややこしい人間関係のお話が売り?でしょうし、中盤では揉めに揉めててそれどころではない状態なだけに…。
数少ないうちの一つは、主人公たちではなく、誠と言葉のシーンだったのは意外でした(汗)
まぁ、初体験シーンだったりするので、過激さはないですが、初々しいHが描かれています。

変わっているなぁと思ったのは、あとがきの後に、ラストエピソードが描かれていた事ですね。
結構色々読んでみてますが、私の記憶ある中では始めてかも。

全体的には今作はこれまでのシリーズよりも読みやすく、クセの少ない作風だったかなという印象ですね。
まぁ、他のがクセありすぎた感はありますが(汗)
逆に言うと、これまでのクセを期待していると思ったよりマイルドかなと物足りなく感じる人もいるかもしれません。
私には、ちょっぴりあっさり感もあるけど、全体的にはこれくらいでちょうどいいんじゃないかなと思う塩梅が。
黒さっていうのでは、今作はあまりないですねぇ。

挿絵は、表紙絵を手がけている原画家の「ごとうじゅんじ」さんではなく、別の方「とめきち」さんが担当していますが、結構雰囲気など似ていると思いましたので、私は特に気にならなかったです。
途中まで本人かと思ってましたし(汗)
ですから、そんなに違和感は感じにくいかなとは思います。

クロスデイズ クロスデイズ クロスデイズ クロスデイズ

楽天はこちらからどうぞ
Cross Days

原作PC版
クロスデイズ 通常版
クロスデイズ 通常版
posted with amazlet at 10.09.11
OVERFLOW (2010-03-19)
おすすめ度の平均: 3.0
3 まあまだ許容できる範囲の内容・・・
2 クロス・ゲイズ
5 知恵ルート
3 ちゃんと販売前に全攻略出来るようにしましょう
4 話に引き込まれました


DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
クロスデイズ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ