Paradigm novels アンサンブル(桜子編) 舞い降る羽のアンサンブル

アンサンブル (Paradigm novels (224))
雑賀 匡
パラダイム
売り上げランキング: 513422
おすすめ度の平均: 5.0
5 お気に入りの作品


PCゲームが原作のノベライズ作品です。
「桜子編」とある様に、今作以外にも「淳編」、「若葉編」と計3作品が出ています。
ナンバリングされていないので、最初は3作品もあるとは知らなかったです(汗)
一応このレビューでは、発売順である「桜子編」→「淳編」→「若葉編」の順で掲載するつもりです。

基本となる内容は、主人公は幼い頃に家庭の事情で父親の知り合いである寺田家に預けられる事になります。
その際に、妹の「淳」(すなお)は地元に残り、離れ離れとなります。
寺田家には、そこの娘の「桜子」(さくらこ)、「若葉」(わかば)の姉妹がおり、少しづつ主人公を受け入れていく事に。
しかし、姉妹の母親である「百合乃」(ゆりの)が外出先で事故死してしまう。
出かける原因となった桜子は自分を責め、塞ぎこみます。
主人公はそんな桜子を守ると誓い…、それから15年経過して、ふたりの関係は家族から少しづつ変化していく事に…という展開です。

今作のメインヒロインは、もちろん桜子です。
妹なので若葉も登場しますが、今作では淳はちょっと会話の中で名前が出るのみです。
他には、主人公と友人の「星歌」(せいか)、寺田家に居候している「輝」(ひかる)がいます。

桜子は、主人公よりもひとつ年上な事もあってか、主人公には姉の様に接します。
性格はお節介な所や口うるさいところもあります。
そんな事もあり、主人公には中々素直になれなく、歯がゆく思っています。

若葉は、桜子に比べると大人しめで、優しい性格です。
事故の時に一緒にいた事で、右目を失明しています。

星歌は、お嬢様であり、言葉の端々にどことなく気品と言うか育ちのよさが垣間見えます。
ですが、桜子とはどうやら相性が合わないようで、何かと言い合う仲です(汗)

輝は、男勝りなキャラクターで、主人公を軟弱な奴と思っています。
まぁ、後で主人公の強さを知り、兄貴と慕う様になったりしますが(汗)
ストーリーにはあまり関わってこないです。

桜子がメインなんですが、星歌ともHな関係になってしまったりと…。
とは言え、修羅場的な展開にはなりませんけども(汗)
輝は原作版ではHシーンがあるようですが、今作はほとんどちょっとおバカな娘なだけに(汗)

桜子との関係は、中々複雑と言うか…、微妙なんですよねぇ。
実は過去にHをしていたりと、既に恋人なんじゃないのと思いきや、まだそこまでの感じではなかったりと微妙な距離感のまま、今に至るという感じですね。
とは言え、基本的には純愛要素の強い作品ですね。
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル? ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

ストーリー的には、凄いインパクトのある展開はないんですが、周りの人間たちの存在が効いています。
主人公が淳らと別れるきっかけを作った自由奔放な父親や桜子の夢である教師の実習先の先生であったりなどの存在が脇を固めてますね。
まぁ、こういう父親は個人的には大嫌いなタイプ(汗)
後の淳編などにもこれらのキャラクターは関わっており、世界は狭いなぁと思うばかりです。

Hシーンは、そんなに頻繁にはないですが、色気のあるシーンが印象的ですね。
行為自体はさほど過激ではないですが、キャラの艶っぽさもあり、中々いい感じです♪
個人的には、星歌にご主人様と呼ばせながらのちょっとSっ気のあるプレイは良かったです。
星歌は意外にMっ気あるのかな?
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル? ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

全体的には少し地味目な印象もありますが、中々キャラクターが生きており、読みやすかったです。
中々の良作と思います。
まぁ、3冊構成なんだからそうじゃないとねぇ(汗)

全作読んでみると分かるんですが、まぁ見事にこのキャラがこっちでこう繋がっているんだなぁと感じさせる所が多々あり、感心しました。
唯一気になったのは、主人公のキャラデザインかな(汗)

楽天はこちらからどうぞ
アンサンブル(桜子編)

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
ENSEMBLE?舞降る羽のアンサンブル?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ