ELO NOVELS 人造魔法少女ワッフル ペットのようにしつけられて

人造魔法少女ワッフル―ペットのようにしつけられて (ELO NOVELS)
テムテム
オークス
売り上げランキング: 29385

黒魔術結社により、犬をベースに作られた人造魔法少女ワッフル。彼女は、間際の際に組織を脱走した後、正義の魔法少女として活躍し続けてきた。しかし、あるとき罠にかかり組織に捕まってしまう。組織で繰り返される陵辱の日々。魔力と快楽の力で心の奥底まで調教されていく。そんな中、妹とも呼べる存在に出会い、前向きにがんばるワッフル。しかし、そんな絆さえ凌辱され…。やがてすべてを凌辱されたワッフルは、永遠に続くかと思われる調教の果てに、どうなってしまうのか。

8月発売のイーエルオーノベルズの新刊です。
読み終わったので、レビューです。

内容は主人公兼ヒロインである「ワッフル」は、黒魔術結社により、犬をベースに作られた人造魔法少女です(汗)
そんな彼女ですが、組織から脱走し、逆に正義の味方として敵対していたのですが、人質を取られ、再び組織の手に…という展開です。

ワッフルの見た目の可愛らしい容姿なのは組織の趣味でしょうか(汗)

ヒロインはワッフル以外にも、一応います。
ワッフルの細胞から創り出された複製体で瓜二つの外見の「ゼロツー」がいます。
ちなみにワッフルはゼロワンとなります。
ゼロツー以外にも、ゼロスリー、ゼロフォーまで量産型がいます。

ワッフルは、脳を改造される前に脱走したため、正義の心を持ったままな訳です。
…どっかで聞いた事あるような(汗)
性格は素直で無垢で明るい子供ぽさを残しています。

ゼロツーは、ワッフルとは違い、改造しているせいか、無表情な事が多く、機械的な印象を与えるキャラクターです。
しかし、自分の主である「ゼロ」には、好意を持っており、ゼロが固執するワッフルに嫉妬している面も。
…あれ? こんなキャラ説明、昨日したような(汗)

この作品どことなく昨日レビューしたイーエルオーノベルズの「精飲人形姫リゼル」を彷彿とさせる要素があるように感じるんです。
むしろ、中盤辺りはゼロツー以下、ゼロフォーまでワッフルの明るさに感化されたのか、心を開き、姉と慕ってくれる様にまでなって陵辱系なのに、ほのぼのしちゃいます(汗)
人造魔法少女ワッフル ペットのようにしつけられて
一応、一部だけですが彼女達のも交えたHシーンもあります。

勿論、陵辱作品ですので、そこはしっかりやっていますのでご安心を。
序盤から獣に犯されたり、放送に乗ったままオナニー強制、触手責めや自分を助けてくれた人から陵辱されたりなど盛りだくさんです。
そんな陵辱なんですが、またこの敵役の「ゼロ」もまた敵っぽくない感じまで「精飲人形?」そっくり(汗)
人造魔法少女ワッフル ペットのようにしつけられて
そこまでは別にそういう作風と割り切れば問題はなかったのですが、終盤の展開は個人的には不満がありますねぇ…。
ほのぼのしてきた辺りで、「精飲人形?」みたいな終わり方なのかなと思ってたんですが、違いましたね(汗)
ラストの展開には予想外でしたよ…、どこで選択肢ミスった?みたいな(汗)

私は原作版をプレイしていないので分かりませんが、選択肢がないゲームなんですかね?
だとしたら、このエンド一本だったらガッカリな作品であると思います。
いくつものエンディングがある中のひとつがこれならば、分からなくはないですが…。
まぁ、そうだとしても、ならノベル化にあたって何故このエンドにしたんだ?みたいになるから、本当にこのエンドのみなんでしょうかね(汗)

この展開は、よくある陵辱系のオチとはちょっと違ってますねぇ。
まぁ、このオチ自体は全くありえないわけではないですが、結構珍しいかもしれませんね。

ワッフル以下、個人的には同じように見えるゼロフォーとかがお気に入りだったので残念(汗)
ちなみに同じ容姿で怠けぐせのあるゼロスリーや甘えん坊で良く食べるゼロフォーの設定が意外に細かく決められていたのは高評価です♪
人造魔法少女ワッフル ペットのようにしつけられて
キャラクターデザイン的には、精飲人形?よりも個人的には気に入ってただけに、展開が勿体無かった感が強い作品というのが感想ですね。

楽天はこちらからどうぞ
人造魔法少女ワッフル

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
人造魔法少女ワッフル ペットのようにしつけられて

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
人造魔法少女ワッフル?ペットのようにしつけられて?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ