二次元ドリームノベルズ 魔孕の姫騎士 屈辱の受胎

魔孕の姫騎士 屈辱の受胎 (二次元ドリームノベルズ 314)
天戸祐輝
キルタイムコミュニケーション

類まれな剣の腕を持った姉・アイリネイチェと、強大な魔力を秘めた妹・リティーフォンゼ。ファークエレト王国の至宝とも言われる姫姉妹に魔物の手が迫る。かつて封印した魔王を受胎してしまうという呪いを持つ二人は、度重なる孕ませ陵辱に耐え、魔王の復活を食い止めることができるのか─。

8月発売の二次元ドリームノベルズの新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

ちなみにタイトルは「まばらのひめきし」と読みます。

双子姉妹の姉「アイリネイチェ・ファークエレト」(以後アイリ)と妹「リティーフォンゼ・ファークエレト」(以後リーティ)はファークエレト王国の姫という立場ながら男勝りに戦場で魔物と戦い、民を守る存在です。
彼女達には類稀な強大な魔力を有しており、姉のアイリは聖剣を手に、妹のリーティは指輪を使い、戦っています。
しかし、王族のそれも強大な魔力を有した女には魔物がその身を狙い、魔王を孕むという呪いがあり…。
図らずもふたりは魔物の手に落ち、陵辱されると言う展開です。

ヒロインは前述のふたりの姉妹です。
アイリは、聖剣を手に最前線で戦うという勝気な面もありますが、婚約者の前では年相応の可愛い顔を見せたりします。
まぁ、この手の作品で婚約者とか好意を持っている存在って…、フラグ以外の何物でもないですよね(汗)
鍛錬のせいか、妹より引き締まった感のあるボディです。

リーティは、どちらかと言うとおっとり系なタイプです。
ボディも姉とは違い、もっとふくよかな印象ですね。
こちらも婚約者ではないですが、王国の騎士に好意を持っています。

内容的には、ふたりがそれぞれ様々な陵辱を加えられるというものなんですが、意外だったのは敵が複数だった事ですね。
それぞれふたりの相手をする魔物が登場し、陵辱をするのですが、正直複数の存在は必要だったかなぁと(汗)
一人で姉妹を相手にして良かったんじゃ?と。
特に個別にする理由は読んでても感じなかったんですよね。

敵の存在についても、いまいち弱いんですよね。
正体は伏せますが、まぁ、すぐ勘付くレベルです。
この機会を待ち続けていたのは分かりますが、人となり(人ではないですが…)など描写が薄いので何とも迫力というか存在感が微妙な感が…。
複数いたのはてっきり終盤に同士討ちみたいになるのかとか思ったりもしたんですが、普通に協力関係ぽかったままだったし。
欲求に忠実な魔物だったら、そっちの女も欲しがったりしないのかなぁ(汗)

色々とバリエーション豊富な陵辱シーンが多かっただけにそれが勿体ないですね。
でも、触手率が高かったのが個人的にはもっと残念ですが(汗)
今作では触手以外にもタコの魔物「タコ魔」って奴まで出てきたのは、ちょっと面白かったけど。
まぁ、やっている事はエグかったですが(汗)

複数の魔物に陵辱や、魔物と融合した人間との性交など盛り沢山です。
でも、個人的には雑魚魔物はペラペラ話すのは冷めるかな(汗)
ボス級くらいならいいんですが…。

全体的にベタな印象ですね、今作の印象は。
悪くはないんですが、これはという点がそんなに見えなかったかなぁ(汗)
Hシーンも多く、濃い目なんでそういう点では悪くはないんですけどね。
もう少し何かインパクトや予想を裏切る展開があっても良かったかもしれませんね。

挿絵は、線がはっきりした描線が特徴で、濃い作風が合っていると思います。
ですが、書き込みすぎな所が逆に見づらい印象もありますね。
触手などの描写はかなり気合入っており、挿絵の登場機会が多いのが個人的に(汗)
…後、何となく妹のリーティ、「プリンセスラバー!」の シャルロットにどことなく似ているかなと思ったのは私だけ?(汗)
ドレスの感じとか、胸とか…、キャラクター紹介の絵は特にそう思ったんですけどね。

楽天はこちらからどうぞ
魔孕の姫騎士

魔孕の姫騎士 屈辱の受胎 魔孕の姫騎士 屈辱の受胎

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
魔孕の姫騎士 屈辱の受胎

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事