美少女文庫 妹はアンバランス

妹はアンバランス (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 いつもより甘さ強化?

「ダメぇ、結花、またイッちゃう!」無垢な妹が、今は快感を訴えて泣いている。壊れそうな××に、14とは思えないDカップ!「すっごく、気持ちよかった。今度は、プールでしよう」淫靡な雰囲気なんかまるでなく、フェラをしながら可愛くせがむ新しい義妹。アンバランスすぎる結花にもう夢中。

7月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

内容は主人公の父親が再婚し、義理の母と妹となる「結花」(ゆか)という家族が増えた主人公家。
少し年の離れた妹の定めるルールに困惑しつつも、何とか過ごしてきた中、主人公は掃除のついでに結花の部屋の本も捨てようと入り、少しHな雑誌を見つけてしまった事をきっかけにして、少しづつ兄妹の関係に変化が起こっていくという流れです。

ヒロインは、義妹の「結花」のみです。
結花は思春期真っ只中な、この年齢特有な事もあってか、かなり潔癖な面があります。
更に母子家庭で育ち、元女子校の共学校という事もあり、男性慣れもしていないため、主人公と父親はランニングや短パン姿も禁止するという程です(汗)
再婚まで男だけの生活で過ごしてた主人公のデリカシーのなさに怒りつつも、主人公に好感を持ってはおり、何だかんだ懐いています。
幼い顔立ちなんですが、胸は大きく、人知れず陥没乳頭である事がコンプレックスでもあります。
…陥没乳頭ってあまり他作品では見ない様な、そういえば(汗)

中々本当の気持ちを言えないので、つい主人公に減らず口を叩く所がありますが、読み手には気持ちが丸分かりなのでニヤニヤしちゃいます(照れ)
そんな性格なのに、いきなりハプニングで主人公の裸を見てしまって、勃起した肉棒にあっさりとためらいもなく舐めてみたりとこの落差が(汗)
タイトルの「アンバランス」ってのはそういうのも含んでいるのかな?
初H後の「セックスって楽しい」発言は驚きました(汗)
そういうキャラクターはあまり見た記憶がなくて新鮮でしたね。

今作では、主人公も結構明るめなキャラクターでしたね。
他の作品では、結構疑心暗鬼な所があり、それがHでSMチックなプレイに繋がる事が多々あったのですが、今作ではそういった感情はほとんど見られなかったのは個人的には良かったです。
まぁ、手首をハンカチで軽く固定するくらいだったりとかなりライトなプレイはありますけど、問題ないレベルでしょう。
主人公の変化というか成長していくのも、「わかつきひかる」さんの特徴だと思うんですが、今作でもそれは踏襲していますね。
Hシーンも他作品と比べるとやや大人しい印象ですね。
でも、大人しい=物足りないではないですので、ご安心を。
SMっぽいプレイや小道具などは今回はほぼないですね、アナルセックスくらいかな。
でも、結花が可愛いので問題なしです♪

挿絵は、美少女文庫「お嬢様メイドはヴァンパイア!?」を担当してた「ひなた もも」さんです。
「お嬢様?」の時も良かったけど、今作の結花も良かったです♪
体付きの華奢ながらも、豊かな胸のボディが素晴らしいですね。
挿絵によっては若干顔立ちの印象が違って見える気もしないではないですが(汗)
カバーイラストよりもモノクロの挿絵の方が好きかな、私は。

楽天はこちらからどうぞ
妹はアンバランス

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
妹はアンバランス

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事