Harvest novels しろくまベルスターズ おもちゃぱにっく

しろくまベルスターズ♪ おもちゃぱにっく (ハーヴェストノベルズ)
塚井やすし
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 44142

人気絵師の藤原々々氏と人気シナリオライターのJ・さいろー氏が手を組んだPULLTOP渾身の作品『しろくまベルスターズ♪』がハーヴェストノベルズで登場!
「おもちゃ」に振り回されるヒロインたちのHな短編を4つ収録。

7月発売のハーヴェストノベルズの新刊です。
読み終わったので早速レビューです♪

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
この作品は「サンタクロース」がテーマと珍しい作風が特徴ですね。
主人公はサンタのパートナーとして、専用マシンを操縦して、サンタのソリを引くという「トナカイ」と呼ばれる仕事についています。
この作品では、サンタと恋人関係になったストーリーを収録しています。
それぞれヒロインごとのストーリーとなっているので、各ヒロインとのラブラブ話が堪能できる作りになっているのはさすがハーヴェストノベルズですね♪

各ヒロインは、「星名ななみ」(ほしな)、「月守りりか」(つきもり)、「柊ノ木 硯」(ひいのき すずり)、「鰐口きらら」(わにぐち)の4人で4本の短編という事です。

ななみ編では、主人公と一緒に近所の子供達に人形劇を見せるななみでしたが、その人形劇に出てきた新キャラクター「ムッシュどびんさん」の姿でひと悶着(汗)
何と、キノコの妖精というムッシュどびんさんは男性の股間のアレにそっくりな形状だったからです(汗)
…ひ、卑猥すぎる、真昼間から(汗)
そんな展開で、話はHな方向へ…。

ななみは、おっとり天然系なキャラクターで愛すべき性格です♪
主人公(冬馬)を「とーまくん」って呼ぶ言い方、結構好きです(照)

りりか編では、恋人でもあるりりかにトナカイのレッスンでビシバシ扱かれた主人公はクッタクタ。
そんな主人公をマッサージしようと取り出したのは、マッサージ器。
しかし、途中からHな雰囲気になり、本来の使用法からは外れていく事に…。

りりかは、主人公の上司に当たるようで、元ニューヨーク本部で活動しており、プライドも高くいつも厳しい態度ですが、Hの時は優しい表情も見せます。
まぁ、金髪?縦ロールですからツンデレ系ですかねぇ。
主人公を「国産」って呼ぶヒロインは色々読んできた私も始めてです(汗)
でも、Hの最後、感極まって主人公の名前を呼んだので良しとしよう♪

硯編では、荷物整理でくたくたになった主人公(また?)に、硯が精のつく料理を作る事になるも、知り合いからもらった怪しげな薬を混ぜた事で事態はHな展開に…という流れです。
まぁ、お分かりの様にアレな薬ですね(汗)
萎える事のない主人公の股間に硯がご奉仕するという展開ですね。

硯は黒髪の似合う、清楚で恥ずかしがりやですぐ真っ赤になる可愛らしい娘です。
キャラ紹介では、感情表現などが不得手という事らしんですが、読んだ印象ではそんな風には思わなかったですけどね。
まぁ、主人公と恋人関係になっているので、もうある程度平気になったのかな?

きらら編は、きららが商店会のビンゴ大会用の景品をチェックしている中、Hなグッズを見つけた事で話はHな方向へと…。
ローションを見て、照れるきららと全くそういったグッズの用途を知らない主人公の対比が面白いですね。
そんな主人公をきららがローションの使い方を教えるという流れでHな事になる訳です。
個人的にはこういったストーリーってあまりないので、結構楽しめました♪
風呂場でマットプレイまで…。
最後にオナホールも見つかりって所で終わったのは残念ですね(汗)
どんな事になるのかちょっと見たかったなぁ。
このストーリーは、他のヒロインよりもH度は高めな印象です。

それぞれ挿絵が各キャラ事に違うのは、毎回の事なんですが、今作は似ている絵師さんで違和感なく楽しめました。
なので、原作の雰囲気を崩している事はあまり感じないと思います。

楽天はこちらからどうぞ
しろくまベルスターズ♪おもちゃぱにっく

原作PC版
しろくまベルスターズ♪ Xmas Box
PULLTOP (2009-12-11)
おすすめ度の平均: 4.5
1 登場人物が出揃う前に挫折
4 メルヘン?SF?(^_^;)
5 アニメ化してもいいかも
5 かなりいい!
5 ほのぼの系


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ
None