Harvest novels 姉妹汁

姉妹汁 (ハーヴェストノベルズ)
岡田留奈
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 425136

これは「イナンナの甘露壺」と呼ばれる古代の秘宝である。この瓶に直接触れた者は所有者に認定され、呪いがかけられる。この呪いを解くには、瓶の恩恵を借りて目的を達成しなければならない。その目的とは、これらの瓶に女性の体液を集めること。目的が達成されなかった場合、または瓶の存在が第三者に知られた場合、所有者の身に最大の恐怖が降りかかるだろう。この箱を開けてはいけない。恐怖の呪い、ふたたび…。『妹汁』『姉汁』スピンアウト小説。

今作はPCゲームが原作のノベライズ作品です…といつものように言いたいのですが、ちょっと毛色が違う作品になっております。
この作品の原作となる作品は「姉汁」「妹汁」というふたつの作品なんです。
そしてこれは双方の作品からキャラクターが登場してのパラレルワールドストーリーという凝った作りとなっています。
なので、双方の作品を知っている人でも新鮮なストーリーを楽しめる訳です。
まぁ、私は両方とも知らずに先にここから始めるという無知っぷりですが、十分楽しめましたよ(汗)

…今度、両作品読んどきます(汗)

今作の内容では、主人公はある日理科準備室で整理をしている際に、古びた怪しい箱を見つけます。
そして、その箱内にあったノートを見ると、中にはこの箱内の瓶に触れた者は所有者とされ、呪いがかけられるという内容が(汗)
それから逃れるには、瓶に女性の体液を集める事というとんでもない指令が…。
つっこみどころ満載です(汗)
この流れはどうやら、他の妹汁、姉汁でも同様の様でそれを踏襲しているようですね。
当然の反応として、本気にはしていない主人公でしたが、「汁を集めろ」と頭に響く声を聞いた事で信じる事になります。

ヒロインは主人公の親の再婚で家族となった義姉の「梓」(あずさ)、義妹の「椿」(つばき)がいます。
似た容姿で双子かと思いきや、それ以前に読み終わってあとがきを読んだら、椿はこの作品独自のオリジナルキャラクターと知って驚きました(汗)
…てっきり原作でもいたと思っていたほどのいいキャラだったので。

梓は主人公よりも少し誕生日が早かったので、主人公に対して気が強い娘です。
ツンデレ系なメインヒロインですね。
テニスラケットを使っての自慰シーンはどうかと思いましたが(汗)

椿はそんな姉にいじめられる主人公を気にかけている優しい娘です。
椿も主人公に好意を持っているので、姉の梓と対立する情熱的な面もあります。
新体操をしているので、柔軟体操の手伝いでHなおさわりが…。
個人的には椿が気に入っています♪

姉汁から「白川涼子」が登場します。
他に「白川悠」というキャラが出るんですが、このキャラ…、本編では主人公のようですが…今作では…(汗)
これもオリジナルな展開なんでしょうかね?
このキャラが出てくるシーンはかなり印象的でした。

まぁ、姉汁メンバーの登場シーンは少なめで、あくまでも顔見せ程度感じですので、あくまでもメインは梓ですね。
でもちょっとしたHシーンはあるのでご安心を♪

女性の体液を集めるというとんでもない指令ですが、瓶の力なのかHな展開が発生するようになり、そういう機会が増えてます。
終盤は姉妹揃ってのフェラ競争など、すっかりエロく…。

挿絵は、原作版とは肉付きが良い感じでむっちりとした肉感的な絵が特徴です。
当初はだいぶ原作と違うなぁと違和感があったのですが、次第に慣れて、アリだなと思えてきました(汗)
妙なエロさがある気がします…。

展開的にはコミカルな明るい雰囲気で読みやすく、手軽にHシーンが見れるので中々いいのではないかなと思います。
オリジナルストーリーなのも嬉しいところです。
しかし、表紙の絵柄で薄れてるけど良く考えると生々しいタイトルだなぁ…(汗)

楽天はこちらからどうぞ
姉妹汁

原作PC版 妹汁
妹汁~KAGUYAコレクション~
アトリエかぐや BerkshireYorkshire (2008-05-30)
おすすめ度の平均: 4.0
5 やりやすいww
3 これは・・・
     姉汁
姉汁 ~白川三姉妹におまかせ~ 通常版
アトリエかぐや (2006-01-26)
おすすめ度の平均: 4.0
5 満足しています
1 「母原病」ならぬ「姉原病」を描いた不愉快極まりない作品
2 ボリュームはたっぷり!しかし、つまらない…
5 素晴らしいです!買って損無し
4 毎度ながらのエロエロ


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ