TWINTAIL NOVELS HoneyComing Lesson.1

HoneyComing〈Lesson.1〉 (TWINTAIL NOVELS)
神尾 丈治 HOOK
彩文館出版
売り上げランキング: 319258

主人公・緒方光一郎は、ちょっとした恋愛アレルギー体質。それなのにこの春から入学するのは、バカップル学園と呼ばれる、私立愛嬌学園。もともと名門女子校だったこの学園には、伝統ある特別授業、その名も“恋愛授業”があった。幼なじみの上条朝陽を相手にしつつも光一郎は嫌がってしまう。その様子に、教師の紅林司が発案したのは…。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。
以前、当ブログでもレビューしたような気がしてたんですが、それはパンプキンノベルズ版「@Honey Coming Royal Sweet」のレビューでした。
今作は「@Honey Coming Royal Sweet」の最初の作品に当たります。
レビューの順番としては逆になるんですが、お許しを(汗)

ちなみにパンプキンノベルズ版、TWINTAIL NOVELS版に、ハーヴェストノベルズ版でこのシリーズが発売されています(汗)
色んな所から出るのは人気って事なんでしょうかね?

さて長くなりましたが、内容は…、パンプキンノベルズ版でしたかと思い、確認したらベースとなる説明はなかったようですね(汗)
主人公は、父親と義理の母のいちゃつきぶり、バカップルの態度に思春期という事もあって、そういうのが苦手な性格になっています。
しかし、そんな主人公の通う学園では元々女子校という事もあってか、共学後は男女がペアになり授業を受ける「恋愛授業」があったのです。
嫌々授業を受ける主人公でしたが、ヒロインと授業を行なう中で…徐々に心境に変化していくというのがベースの展開です。

今作では、短編が3編収録されており、それぞれ展開が異なる話が楽しめます。
ですが、そういう短編ものでは珍しく、各編ページ数が均一でないです(汗)
収録作品は
「朝陽編」「臨海学校編」「こより編」です。

朝陽編は、表紙絵が朝陽ということもあり、今作のメインストーリーです。
主人公と朝陽が恋愛授業を受ける事で、幼なじみから恋人になっていくという展開ですね、ざっくり言うと。
当初は主人公は恋愛なんてみたいなスタンスでしたが、そういう感情を捨ててからは、親譲りの熱さで恋愛に臨んでいきます(汗)
最初の頃は、ウジウジというか後ろ向きな所があり、格好悪いだっただけに変わりっぷりがすごいなぁ。

朝陽は主人公には強気な顔を見せ、ツンデレ系なヒロインですが、心ではお姫様願望があったりと意外な面も。
照れ屋な所があり、衆人いる中、気にせず主人公に告白されて真っ赤になって気絶する姿はニヤニヤしますねぇ♪

臨海学校編では、先の朝陽編とは違い、特定のヒロインなどは登場せず、皆でワイワイ過ごすストーリー展開です。
まぁ、若干裸などのサービスシーンはありますが、Hなどは一切ないです。
こういうストーリーの方が結構純粋なキャラクターの魅力が出てて面白かったりするんですよねぇ。

こより編は…ある意味、今作の一番の見所かもしれません(汗)
こよりは、主人公の悪友の政則(まさのり)の妹です。
この政則、いかつい顔をしていますが、根っからのシスコン、ロリコンで妹を様付けで呼んだりとかなりぶっとんだ性格をしています。
そんな困った兄とは血が繋がっているとは思えない可愛さと聡明さを持ったキャラクターでもあります。
妹の方も兄を地球上から抹殺するのが夢だったりしますが(汗)

そんな兄を持ったせいか、こよりは主人公に理想の兄像を見て慕っています。
主人公にわざとパンツを見せるような角度を取ったりなど恐るべき誘惑を仕掛けてきます(汗)
最終的には強引にアルコールを口に含み、口で吸い出さないと飲み込むという手を…。
結果、酔っ払ったふたりは…(汗)

主人公に抱かれる事になったこよりのまだ幼いながらも、酔いや興奮で理性を失った主人公のがむしゃらにこよりの名を呼んで激しく求める様に破瓜の痛みに耐えながらも笑みをこぼす様はいやらしさがあります(汗)

一番短い話なんですが、かなりの濃さを感じる内容です。
って、これ大丈夫なの?色々と(汗)

楽天は古本のみでした(汗)
【中古】【古本】ハニーカミング Lesson.1/神尾丈治

*アマゾンも在庫は少ないようです…。

原作PC版
Honey Coming -ハニーカミング- 初回版
HOOK (2007-06-29)
おすすめ度の平均: 4.0
3 少し工夫不足かも。
4 コンシューマへの移植が決定ということで
5 見た目では計れない面白さがあります。
4 まぁ普通に楽しめる作品かと
2 キャラクターはいいのだが


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ