えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 国の運命をかけて

わたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっかけ戴冠式。首枷&孕ませで、姫は終身ラブ奴隷。


6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

ご存知、人気シリーズ「ツンマゾ」の第3作品目となる最新刊です。
個人的には、このシリーズの集大成的な作品と言えますね。

主人公はあるお金持ちのお嬢様の家庭教師をしており、その時に愛の鞭として少女を叩いてしまった事が主人公と彼女の運命を変えることに…。
その数年後の主人公は、その件が原因で人生を転落していく事となり、原因となった少女「ミナミ」に対し、復讐心を持っており、協力者の強力を得て、彼女の誘拐に成功します。
しかし、ミナミは「ツンマゾ」な思考をしており、主人公の行為を嬉々として受け入れてしまうという展開です(汗)

今作もヒロインはひとりですが、濃厚なプレイ満載なので物足りないなんてバチが当たります(汗)
ミナミは、主人公はどこかのお嬢様程度と思ってましたが、実際は東欧の一国にある、フィニシア国の第一王位継承者という存在です。
そんなキャラクターがこんな性格してたら…(汗)
今までのシリーズのヒロイン同様、マゾ要素が満載なので、この誘拐、復讐などご褒美ステージに見えるのでしょう(汗)

更に手を出された過去が、彼女にこの喜びを結果として教えてくれた訳で主人公に好意を持っているのだからノリノリです。
むしろ主人公に罵詈雑言を浴びせて、挑発する有様(汗)

そのせいで、何とも言えないやり取りになるんですよねぇ。
ここがこの作品らしさが存分に出ていますね。
序盤の主人公の悲壮な決意などが消えうせちゃいます(汗)

その代わり、主人公にも復讐心とはまた違う心情が芽生えていく事になります。
このシリーズは主人公の存在も重要なだけに、他作品よりもキャラクターが立っていないと成り立ちませんからねぇ。

理由がシリアスな始まりだったんですが、作風は鬱さはないと思います。
むしろプレイなどが濃すぎるために、そっち方面で受け付けない人がいるのではないかなと(汗)
終盤の展開は個人的にはちょっと置いてきぼりな所も(汗)

そしてこの作品がシリーズ集大成的な作品だというのは、話のスケールもそうですが、何と言っても過去シリーズ作品のキャラクターらが登場していることでしょう。

しかもちょっと顔見せ程度ではなく、結構本筋に絡んでいるのは驚きました。
そして、そんなキャラクターの繋がりも明らかになったりとシリーズのファンには注目する点が多いです。
まぁ、今作から入った人にはピンと来ないでしょうから、そこまで関心はないでしょうけども(汗)

ここまで世界観も大きくなってしまうと、今後どうするんでしょうねぇ(汗)
まだ明らかになっていない事も色々あるので、続きそうではあるんですが、個人的には下手にマンネリ化する前にきっぱり締めてもいいのではないかと思うんですけどね。

挿絵はこれもシリーズお馴染みの「あきら」さんが担当で、問題はなく入り込めるでしょう。
この作品のヒロインの表情はこの人ではないともう活きないのではないかなぁ(汗)
この作品くらいではないでしょうか、ヒロインの表情が皆ハの字なのは(汗)

Hシーンに関しては書かなくていいでしょう、察してください(汗)
シリーズのファンには文句なくおすすめです♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!M姫様の戴冠

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事