Harvest novels リトルバスターズ!エクスタシーCharacter Anthology 能美クドリャフカ編

リトルバスターズ! エクスタシー Character Anthology 能美クドリャフカ編 (ハーヴェストノベルズ)
上遠乃きつぐ 児玉新一郎 三日堂
ハーヴェスト出版
売り上げランキング: 5232

なにやらクドの様子がおかしい。本人はそれを気づいていないようだが、同室の西園から話を聞くと、ここ数日深夜に外出を繰り返しているという。不安に思った理樹は、行き先を突き止めるべく彼女を追う。そこで見たのは…(『どっぐ・すたいる』)。「リキがダルメシアンさんになつちゃいました!?」来ヶ谷の遊びにつきあわされ、知らぬ間にクドの部屋で眠った理樹。朝起きると、何故かダルメシアンの姿。人間に戻る手がかりを求め、二人は学校内を歩きまわることに(『わんこぷれしー』)。「フラダンスをな…やることになったんだ」恭介の一言から、急遽練習をはじめたリトルバスターズの面々。だがクドの上達がいまいち遅い。しかし翌日のクドの動きは見違えるように変わっていた。その理由とは…(『フラダンスの犬』)。



人気PCゲームが原作のハーヴェストノベルズの新刊です。
ちなみに私は原作版は未プレイですので、キャラクターなどの関係などいまいちな理解っぷりなのでご了承下さい(汗)
なので、今作品では皆、読む人が知っている前提なのか、あまり詳しい説明はなかったので、私が受けた印象としては可愛らしい素直そうな女の娘って印象しかなかったのですが・・・。
裏があるとか・・・?(汗)

今作は、3話の短編で構成されており、それぞれが異なる著者さんが担当しているのが特徴ですね。
私は読んだ感じ、著者ごとのキャラクターの違和感は特別感じませんでしたが、原作のファンの人にはちょっとした違いが分かってしまうのかな?
まぁ、私が露骨に感じる程のキャラクターの性格などのばらつきはなかったと思います。

ちなみに中の挿絵もそれぞれ3編で担当されている方が違っているのには、注意です。
こちらは文章よりも明らかに絵のタイプが異なるだけに、気になる人はいるかもしれませんね。
この手のは、オリジナル?のストーリーなせいか絵が原作とは違うのが嫌いな人もいますからねぇ(汗)

3編分というストーリーなので、どうしても1話当たりのボリュームはやや少ない気もしますが、これは仕方ないかな。
で、今レビュー書いてて気づいたんですが、この作品って皆何かしら「犬」が関わっているんですね(汗)
短編なこともあり、あまり詳しく書けないですが・・・。
第1話ではクドがなぜか犬のマネごとをするようになって・・・、第2話は主人公?が犬の姿になって・・・、第3話はタイトルに犬の文字が(汗)
・・・あれ? 第3話だけあまり犬関係ない?(汗)
他の2話はモロに関わっているんですが・・・、そもそもこの娘は犬と何か繋がりがあるのかな??
全くキャラクターを把握できず、申し訳ないです(汗)

Hシーンはどうしても分量的に、さほど多くの頻度は無理なので、その分ラブラブ感の強いHが展開されています。
行為自体は、ラブラブメインという事もあって、どの短編も大差はないのですが、それぞれ挿絵が異なるのもあって、内容にマンネリ感はないと思います。
それぞれシチュエーションは異なりますしね、どの話も。
可愛らしい彼女の姿を堪能できます♪

他のキャラクターも個性的で、コミカルなシナリオが多いのが特徴ですね。
これもさっき気づいたんですが、ハーヴェストノベルズはこういう短編系は、「これらのストーリーのキャラクターなどの設定は公式な見解とは異なります」みたいな一文があるのが殆どだったんですが、これにはないのかなと思いきや、表紙に小さく「公認ショートストーリー」ってありましたね(汗)
・・・公式なのか(汗)
正直、あまり原作を知らないので、彼女達の魅力を理解しきっているとは全く言えない私には、まぁ普通な感じだなぁという印象なんですが、ファンの人にはきっとたまらないのでしょうねぇ(汗)

・・・今回、特に変なレビューになったなぁ(涙)

リトルバスターズ!エクスタシー

楽天はこちらからどうぞ
リトルバスターズ!エクスタシーCharacter Anthology(能美クドリャフカ編)

そんな彼女は人気者のようで、新たにPC作品も今後発売のようです♪


リトルバスターズ!エクスタシー リトルバスターズ!エクスタシー リトルバスターズ!エクスタシー リトルバスターズ!エクスタシー

DMM PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
リトルバスターズ!エクスタシー

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事