リアルドリーム文庫 艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と


父の仇討ちに挑む青年剣士を取り巻く三人の美女。「よろしければ私がお慰め差し上げますわ…」苦悩する青年を励ますみだれ妻の柔らかな美臀、幼馴染みに組み伏せられ可憐に喘ぐ女剣士、ひくつく男根を包みしゃぶり尽くすくノ一の乳肉─艶めく媚態の乱舞する、仇討ち行の行く末とは。

リアルドリーム文庫の新刊ですが、まさかの時代物!?(汗)
ちっともリアルじゃないじゃんと思いましたが、帯には「時代に密着したエロス、迫真の舞台設定で送る」とあります。
密着したエロスってどんなのでしょうねぇ(汗)
ちなみに同時発売された「女子校生令嬢たちの淫らな保健実習」では帯には「日常に密着したエロス」ってありました。

今作の内容は、主人公は加賀藩の下級武士の家の次男坊です。
そんな中、主人公の父が客人として招いていた男に酒の席のいさかいが元で父親を殺されたしまいます。
そのため主人公は父の仇を討たなければならないというのが話の流れです。

ヒロインは主人公の幼なじみであり、町一番の剣術自慢の「沙夜」(さや)に、近所で小間物屋を営んでいる人妻の「綾乃」(あやの)、謎の多い女性の「桔梗」(ききょう)の3人です。
沙夜は年上の幼なじみで年下の主人公にも礼儀を弁えた態度を取ったりしますが、やはりどこかで本人は女だてらに剣術をしている事に男はこんな女は好かないだろうなどと悩む面も見せたり、他の女性といる主人公を見て、嫉妬したりなどと根は女性らしく可愛らしい面を見せてくれます。
ツンデレって訳ではないけど、この時代だとどう表現するのか気になりますねぇ(汗)
綾乃は人妻であり、大人の色気と母性を感じさせるタイプのキャラクターです。
おしとやかというか優しさを感じさせる物腰は主人公ならずも憧れちゃうのではないでしょうか。
桔梗は何とも怪しい色気というか艶っぽさを感じさせるキャラクターで、謎が多いです。
って、タイトルにくの一ってあるんでバレバレなんですけどね(汗)
そういった素性もあり、沙夜は勿論の事、人妻である綾乃よりも女という武器を存分に出したキャラクターですね。

時代物なので、今の言葉などを入れずに描写しており、雰囲気は出ているのではないかなと思います。
作品によっては、時代物なのに結構台無しな描写の作品もあるだけに、そこら辺は気をつけていますね。
でも、あの時代もイクとか言うんですかね?(汗)

全体的に剣の修行よりHの修行をしてたんではないかと思うほど、H三昧だった気はしますが(汗)
まぁ、それはお約束って事で・・・。

肝心の仇討ちの場面もあっさりしていたのは、ちょっと残念かな。
まぁ、そんなに長引いてもなんですが、そこをさらっと描かれると何のための時代物なのかなぁと(汗)
終盤は仇討ち後ということもあって、結果女性陣入り乱れてのハーレム状態と定番の流れです。

珍しい時代物でそれなりに楽しめたのですが、これをリアルドリーム文庫と言うのはやや引っかかる所も(汗)
何か二次元ドリームノベルズとリアルドリーム文庫の中間って感じですかねぇ。

挿絵は「母子交姦 恋人は幼馴染みの母」でも挿絵をされていた「asagiri」さんです。
・・・正直、母子交姦?では違和感があったんですが、今作の雰囲気では結構合ってたかなとは思いました。
和装が合うのかも知れないなぁ、母子交姦も和装のヒロインいましたし。

艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と 艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と

楽天はこちらからどうぞ
艶めき剣舞

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
艶めき剣舞 女剣士とみだれ妻とくノ一と

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ