リアルドリーム文庫 散らされた純潔 女子高生淫夢の放課後

散らされた純潔 ――女子高生 淫夢の放課後―― (リアルドリーム文庫 37)
御前零士
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 1892

下劣な中年ヤクザに見初められた女子高生・祐理は、瑞々しい肢体を貪られ黒髪を振り乱す破瓜姿を、恋人の見ている前でビデオに収められてしまう。「いやです!やめてくださいっ、おねがい…っ」風呂場でのローションプレイ、学園での奉仕、売春。穢れを知らぬ少女は淫欲の誘惑に抗えなくなってゆく。

同時発売された「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」とはまたタイプの違う作品です。
分かりやすい陵辱系ですね(汗)
このラインナップの幅の広さがリアルドリーム文庫ですかね。

内容は高校生である「祐理」(ゆり)は、ずっと想いを寄せている年上の幼なじみの「和樹」(かずき)とのデート中に運悪く柄の悪い連中に絡まれる事に。
ここでボクシングをしている和樹が鮮やかにチンピラを倒し、この場は片がつくのですが・・・。
やっつけた相手が悪い事に、暴力団の子分だった事で祐理は墜ちていくことになるという流れです。
ベタといえばベタですが、そういう点ではリアルではありますねぇ(汗)

祐理は和樹の前で無残に破瓜する姿をビデオに収められてしまう有様・・・。
これをネタに脅され、祐理の休まる場所はなくなっていくことになっていきます。
学園ではチンピラの息のかかった不良連中に言いようにされ、学園を出れば以前に和樹が怪我させた治療費を請求され、それを返すために客を取らされると連鎖は続いていきます。
そして、こんなに男たちに嫌々ながらも抱かれ続ける事で祐理の感度は増していき、ドンドン快感を覚えてしまってきている事も事実という展開はお約束ですね。
身体は快感を受け付けてしまう、意識とのギャップに悩まされる姿はいいですね。

しかし、そんな事が続く事に危機感が募った祐理はこの関係を絶ちたいとある賭けをするのですが・・・、この賭けは明らかにまずいでしょう(汗)
ここである程度は結果が想像できてしまいそうですが・・・。

様々な男に弄ばれる事になる祐理ですが、確かにむっちりとした豊満なスタイルなだけにいやらしいんですよね。
暴力団も思わず、素晴らしさにドモってしまうほどです(汗)
挿絵も肉感的なメリハリのある描線で描いており、文章の密度に負けていないクオリティで魅せてくれます。
相変わらず挿絵数は控えめなのは仕方ないですが・・・。

ドンドン祐理の意識が崩れていくのが見所ではあるのですが、個人的にはもう少し和樹の存在があってもいいかなとは思いました。
もっと祐理とのすれ違いや亀裂や距離感を出してても良かったかなと。
終盤は多少出番はありますが、ちょっと存在感がなかったかなとは思いますね。
まぁ、この手の恋人キャラは酷い扱いなのは宿命ですが(汗)

安定した作風なので、この手のが好みな人にはいいのではないでしょうか。
私は「ふたりのママ?」がどちらかと言えば好きですが(汗)

散らされた純潔 女子高生淫夢の放課後 散らされた純潔 女子高生淫夢の放課後

楽天はこちらからどうぞ
散らされた純潔

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
散らされた純潔 女子高生淫夢の放課後

ブログランキング参加中です。
よろしれば応援お願いします♪

関連記事
 タグ