えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM

ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
売り上げランキング: 234

はっきり言っておくぞ!(ツンツン)不良も恐れる憲兵生徒会長・羽黒ユウが、初体験から失神絶頂を極めたぐらいで、M奴隷になると思ったら、大間違いだ!(キリッ)フェラをしながら、もぉ幸せぇだなんて感じていない!(メロメロ)今日は危険日、ナカ出しは許さないぞ!(マゾマゾおねだり)。

えすかれレーベル作品らしくぶっ飛んだ作品となっています(汗)
このタイトルで以前も発売されており、シリーズ化したんでしょうかね?

前作「えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM レビュー」はこちらからどうぞ

昨日レビューした「どれちょ!」とはまたテイストが違い、内容の濃さで言うとこちらが上かな。
どれちょ!がアナル寄りなプレイだとすれば、今作は精液、ザーメンものがメインなプレイとなるのでしょうか(汗)
かなりねちっこい描写が多いので、苦手な人は受け付けない作風かもしれません…。

まぁ、前述のどれちょ!は複数ヒロインでしたが、今作はヒロインは生徒会長「ユウ」のみという事もあり、回数、濃さは上回ってますね。
…あれ? どれちょ!もこの作品もえすかれレーベルで更にヒロインが生徒会長なんですね(汗)
使いやすいんでしょうかねぇ…、生徒会は。

内容はお堅い生徒会長(剣あり)が主人公にMドレイにされるという話?(汗)
ざっくり説明だとこんな感じでしょうか。
ちょっと複雑なんですよね、この作品のキャラクターは。

主人公はよくあるお人よしな人畜無害なタイプと思いきや…、そういう態度を取っているというキャラクターは新鮮でした。
どこまで素なのか…、相手に合わせる所があるから結果的にユウと絡むと今作ではSなキャラが際立ったって事なんでしょうか?
イマイチよくキャラが掴めてません(汗)

今作では中々のドSぷりを見せています。

性格だけではなく、肉棒がかなりのやんちゃぶりで常に先走り液が出っ放しで股間にナプキンをくくりつけているというぶっ飛んだ設定はどうなのか(汗)
そんな有様なので精液の量、濃さはすごい訳です。

そんな主人公はユウの関係者と思わしき謎のキャラ「キラリン」の助言を受け、ユウがレイプ願望があると悟り、レイプしちゃうのはどうなんだ(汗)
それから主人公に呼び出されてはトイレでフェラを命じられ、口内発射させられたりと濃い展開になっていきます。

主人公は彼女が喜ぶようなきつめの台詞などを言ってきます。
「メス豚」を始め、雑巾呼ばわりでこぼれた精液を顔面で拭わせようとしたり、ボンレスハム(骨抜き)にして、肉奴隷にしたいと語ったりとかなりのSっぷり。

ここら辺で興奮するかは人次第なんでしょうが、私はそんなに興奮はしなかったですねぇ(汗)
個人的にザーメンものは好みなシチュエーションなんですが、見せ方は好みとは違うので…。

前作となる「ツンマゾ!」では、Mなヒロインにノーマルな恋愛を求める主人公が結果としてSな立場となる作品でしたが、この作品ではMに対してSで応えるため際限なくエスカレートしていく事になります。

これでは読み手が置いてきぼりになる事も…。
内容が変態ちっくなだけに、どこか一息つける要素があれば読みやすかったかなとは思いました。

謎のキャラ「キラリン」など正体が不明なままなのも気になります。
挿絵まであるのに…。

後のシリーズ化も考えての事なんでしょうか。
どうやら、前作とも世界観がつながっているようでそれらしき描写があったりしますが、個人的にはまだ前作の方が合うかな(汗)

このMにはSを! みたいなノリにどれだけ感情移入できるかが鍵でしょうか。
挿絵は前作同様「あきら」さんが担当し、安定感のある描写です♪
決して万人向きではないですが、好きな人はたまらないのでしょうねぇ(汗)

ちなみに前作のは「ツンマゾ!」の!が1つに対して、今作は!!で2つに…。
なら次回作は!!!に?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!武闘派生徒会長だってM

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事