Pumpkin novels 戦乙女ヴァルキリー2 女神復活編

戦乙女ヴァルキリー2《女神復活編》 (パンプキンノベルズ81)
高橋ショウ
イーグルパブリシング
売り上げランキング: 58696

地上世界ミッドガルドは魔界軍によって制圧されようとしていた。人々の希望である戦乙女ヴァルキリーのレイアが魔界軍に捕らわれ、今まさに処刑されようとしていた。だがレイアを救いに、もう一人の戦乙女が姿を現した。漆黒の髪のヴァルキリー、その名はアリーヤ。神槍グングニルを持つアリーヤは無敵。たった一人で多数の魔界兵を葬る姿はまさに獅子奮迅。だがレイアの思わぬ行動によりアリーヤは戦乙女としての力を失ってしまう。果たして彼女の運命は…。

人気PCゲームが原作のノベライズ作品です。
以前同名タイトルの「二次元ドリームノベルズ 戦乙女ヴァルキリー2 アリーヤ 孕む残月」と「二次元ドリームノベルズ 戦乙女ヴァルキリー2 ヒルデガード?堕つる大地」のレビューを書きましたが、あれは二次元ドリームノベルズです。

今作はパンプキンノベルズからのタイトルなので、間違えないようにご注意下さい。
以前、間違えて購入してしばらく気づかなかった私が言える言葉ではない気もしますが(汗)

そんな今作ですが、2という事で1冊目の「Pumpkin novels 戦乙女ヴァルキリー  あなたに全てを捧げます」との繋がりはあまりないですね。
なので、そこまで必須な作りではないですから、ここから読んでもまぁ問題ないかなぁ…。
勿論読むに越した事はないですけどね。

やはり2のメインヒロインは、表紙にもなっている「アリーヤ」ではないでしょうか。
もう一人のヒロインは前作のヒロインである「レイア」かな…。

序盤の展開は過去レビューした二次元?版とさほど変わりませんね。
レイアを救出しに来たアリーヤをレイアを使って手中に捕らえる事に成功した主人公が同じように調教するという流れです。
まぁ、ここら辺は原作ゲーム版が下敷きとなっているのでそれほどレーベルの差はないですね。
一応、今作は前作でレイアがされた陵辱シーンの回想が挿入されていますので、過去作品が未見でも流れがある程度説明されているので、その点では今作のが親切でしょうか。

そこからはアリーヤの陵辱になっていきますが、戦乙女であるヴァルキリー、しかも最強と称されるアリーヤなだけに性知識は最低限な物しかもっておらず、この手の経験の無さを指摘されて戸惑う姿は可愛らしさがあっていいですねぇ♪
そういったヴァルキリーを淫らにしていくという要素がこの作品の肝だと思います。
そのせいか登場時から淫らな「フレイア」だけはどうしても出番がないんですよね(汗)
墜ちたヒロインには餌を与えない主人公です。
今作ではフレイア以外にも「スクルド」「フェンリル」がこの扱いです(涙)
個人的にはフェンリル好きなので残念ですね。
前作「戦乙女ヴァルキリー あなたに全てを捧げます」ではレイアを差し置いて、メインヒロイン扱いなだけに落差が…。
今作はHの対象が多いだけに、前作の顔ぶれはどうしても出番が減るのは致し方ないとは理解できるんですけどね。

前作でもレイアを悶えさせた、お互いの快感を連動させる貞操帯は今作はアリーヤにも着けられ、悶えさせます。
まだ完全に墜ちてはいないレイアとともにアリーヤを調教する主人公ですが、他のヒロインも登場し、賑やかです。

そのひとりである、主人公のお目付け役の竜族と魔族のハーフ「ファフニール」も登場します。
このファフニール、二次元?版では一瞬しか描写がないほど存在感がない有様で、今作がまともに出番(H)ありとなっています♪
彼女も武道派なタイプなので、性経験、知識ともにほとんどありませんが、それを主人公に気づかれない様に装いますが、バレバレな所が可愛いです♪
まぁ、今作でもそこまで出番はないですが、他のに比べたら…。

他にも、お嬢様なヴァルキリー「ヒルデガード」も終盤は登場し、主人公に言いように口先でたぶらかされてしまいます。
二次元?版では、彼女とのプレイはロキが殆ど絡んでいたので、今作は主人公との擬似的ないちゃいちゃプレイが新鮮です。

終盤はロキを中心とした展開「ラグナロク」へとシフトしていきます。
ここになるとやや主人公が主人公らしくないですが…。
この流れは二次元?版ではない展開です。
でも、難点は肝心なところで話が締められてしまう事ですね。
そこで終わるのか、みたいな点はもやっとしますが。

戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」 戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」 戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」

この続きは「最終戦争編」でそこまでしっかり描かれていますので、よければそちらもご覧下さい。
…なら最初からそっちでいい?(汗)
*最終戦争編は明日レビュー掲載予定です。

楽天はこちらからどうぞ
戦乙女ヴァルキリー2(女神復活編)

コミックス版
戦乙女ヴァルキリー2 (二次元ドリームコミックス182)
inoino
キルタイムコミュニケーション


原作PC版
戦乙女ヴァルキリー2 「主よ、淫らな私をお許しください……」
ルネ (2008-03-28)
おすすめ度の平均: 5.0
5 黒髪にはロマンが・・・
5 良い感じ♪
5 ★★★美しく気高い最強のヴァルキリー★★★
5 かなりいい!
5 ヴァルキリー・レイアが今だ葛藤を持っているのが☆


DMM独占 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
【10%還元】2011/5/23昼12時まで♪
戦乙女ヴァルキリー2「主よ……淫らな私をお許し下さい……」

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 カテゴリ
 タグ