リアルドリーム文庫 美熟女義母 湯けむり艶肌淫戯

美熟女義母 湯けむり艶肌淫戯 (リアルドリーム文庫13)
庵乃音人
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 186993
おすすめ度の平均: 5.0
5 はまる。。。

円熟の肢体をしっとりと浴衣に包み込む義母。果敢に誘惑を仕掛ける溌剌とした婚約者――閑静な温泉地での濃密な性愛遊戯の行く末は?

そのタイトル通り、義母がメインヒロインとなる作品です。
「義姉体験」も担当している「李KPA」さんがイラスト担当というのもいいですね♪
きつすぎない色気、いやらしさと上品さが感じられる表情はさすがですね。

わざわざ義母に「ママ」とルビをふるだけあって、主人公は義母の「繭子」(まゆこ)をママと呼びます。
ここが人によっては、拒否反応が出るやもしれませんね(汗)
いい年してママってと思いもしましたが、具体的な年齢はなかったと思いますが、大体15,6歳の印象でしょうか? この主人公は。
それでもママは幼い感じしますが、これはこれで妙な背徳感というか雰囲気がありますね・・・。
全体的に今作の主人公は、言動に子供っぽさが強く出ているので、そういうのが苦手な人は注意です。
その感情を出してくる幼さがまた繭子には、いい意味でキュンキュンしちゃうんでしょうけどねぇ。
ここで感情移入できるかが、この作品の評価を大きく左右しそうです。

そんな主人公に用意されたお見合いをしに、繭子の地元に向かうというのが流れなのですが・・・。
お見合いってこの年齢で早くないですかねぇ(汗)
そのお相手がもう一人のヒロインな訳です。
主人公は当然ママにメロメロなわけですが、若い性欲は誘惑には抗えないようで関係をもってしまいます。

主人公は繭子になぜ自分が繭子を好きなのにお見合いなんてと憤り、また繭子自身もその事は痛いほど理解しているんですが、それは許されない事と自制して主人公との距離を置こうと考えている、このお互いの事を考えているのにすれちがってしまう感情の描写はベタですが、それだけに感情移入しやすいですね。
まぁ、主人公はそれに耐えかねてかんしゃくを起こして泣きながら飛び出しちゃうのは子供すぎる感じがしますが(汗)

この手の作品にしては珍しく、恋敵というのはやや違いますが、そんな男性キャラクターも出てきており、その存在がうまい具合に勘違いによる、主人公と繭子のすれちがいを助長したりと割と存在感が出ています。
まぁ、最終的にはろくでもない野郎でしたが(汗)

紆余曲折あり、結局はメインヒロインである繭子を選ぶ事になる訳ですが、選ばれなかったヒロインの姿は切ないです(泣)
久しぶりかな、この手のノベルで失恋したヒロインをしっかり描いている作品は。
そういう意味ではリアルですね、確かに。
話もそういう点ではしっかり描けていると思いますし、エロだけ入れたのとは少し違うと思うので、単に読んで「面白かったです」とはまた違う読後感が得られるのではないかと思います。

・・・後は甘々なH展開が合うかどうかでしょうか(汗)
最近読んだ中では、かなり繭子は母性が強いキャラクターでした。

美熟女義母 湯けむり艶肌淫戯 美熟女義母 湯けむり艶肌淫戯

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
美熟女義母 湯けむり艶肌淫戯

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ