二次元ドリーム文庫 うぇるかむメイドカフェ

うぇるかむメイドカフェ (二次元ドリーム文庫 85)
真慈 真雄
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 303419
おすすめ度の平均: 4.0
4 「押しかけメイド隊」シリーズの第3弾に相当

ちょっとオタク気味な少年・友紀は偶然立ち寄った喫茶店で、美少女メイドから最高級の御奉仕を受ける。思わずクセになってしまった少年へのご奉仕は、日を追う毎にどんどん過激に!そしてついに、店をあげての友紀争奪戦が行われる―。

タイトル通り、メイドカフェものな作品ですがあまりメイドっぽくない気もする今作です(汗)
主人公はフィギュアや同人誌が好きなオタクなキャラクターという設定ですが、あまり作品に影響している気がしないので、いらなかったやもしれませんね・・・。
オタクだからメイドカフェみたいな展開かと思いきや、主人公はそういう所は苦手と言っており、更にオタクである意味が薄くなっています(汗)

冒頭で「あねもね! お姉ちゃんパラダイス (二次元ドリーム文庫)」のフィギュアを購入しているくらいでしょうか。
ただ単にこの著者さんの他の作品を無理やり絡めたかったのではないかと邪推してしまった私です(汗)
他にも今作は同著者作品である「おしかけメイド隊」との繋がりがある作品となっています。
終盤にはあるキャラクターも出ています。

そんな今作はメイドと言ってもメイドカフェなのですが、個性的なヒロインたちが揃っております。
メインヒロインそうな感じだった「ひなた」は何かイメージ違ったかなぁ、ボクッ娘でした。
個人的に第一印象では、黒髪のミステリアスそうな「潤」(じゅん)が好みだったんですが、この娘、クールって感じともまた違ってつかみどころのない感じでまたもイメージと違ってました(汗)
たまにお嬢様ではないけど、そんな口調になったりと冷たさは微塵もないキャラクターでした。
最終的にお気に入りだったのは、オーナーの娘の「蜜月」(みつき)でした♪
ロリさ満開な彼女ですが、当然ですね・・・、初等部5年って(汗)
・・・大丈夫なんでしょうか、色々と。
ベタベタ甘えてしてくる感じではなく、節度を守った可愛げのある娘なので、いいですね。
蜜月の母である「楠葉」(くすは)は、人妻らしく色気担当な感じですが、可愛らしさが強いせいかそこまでお色気ムンムンというタイプではないかなぁ。
娘である蜜月に結構過激な事を教えたりしており、性に対しては貪欲なようです。

しかし、一回来ただけの主人公に対して、かなりの好感を持ったのはちと強引な気もします(汗)
それだけでHなサービスを受けれるとは・・・。
でも、メイドが犯してくださいって言うのは違和感がありますね(汗)
ご褒美とかお情けとかなかったのでよかった気も・・・。

個人的にメイドっぽさがあまり感じにくい気はしますが、キャラクターは可愛いので問題はないかなぁ。
コミカルなノリなので、そこが気にならなければ楽しめるかと思います。

楽天はこちらからどうぞ
うぇるかむメイドカフェ

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事