二次元ドリーム文庫 ハーレムパラディン

ハーレムパラディン (二次元ドリーム文庫128)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 56407
おすすめ度の平均: 5.0
5 王女とその近衛騎士たちが織りなすハーレムシリーズ第13弾(文庫では)

武芸大会の活躍ぶりを買われ、王女の近衛騎士団の武術顧問に任命された少年騎士ゼクス。中性的な姫騎士シェラザード、冷静沈着なオリビィエ、勇猛なユーノら美少女だらけの騎士団の中で、彼は戦いや女の子たちとのお付き合いに奮闘していくことに!

ちょっと表紙絵が微妙?(汗)と思ってたのもあってか、敬遠していたのですが、まぁ読んでみればそんな気にならないレベルでした。
内容は、いつも通りの安定感という感じでしょうか。
ストーリー的にはそれほど目新しい要素はないですが、若干戦闘要素がある程度でしょうか。
とはいえ、シリーズ全体では中位くらいかなぁ(汗)
まぁ、このシリーズは気に入るヒロインらがいるかどうかでだいぶ評価は変わりそうですね。

主人公はおとなしいタイプではなく、かなりの実力者という事もあって性に貪欲なタイプです。
まさにハーレムシリーズにぴったりな主人公ですね(汗)
翻弄されて・・・というタイプではないので、そっちが好きな人は注意でしょうか。
今作は、ヒロインに大人な経験豊富なヒロインが不在なのも、主人公のタイプがガツガツした理由がその辺にあるのかなと思ってみたり。
童貞な主人公を導くタイプの色気担当的な存在がなく、皆処女なので受身の主人公より話が展開しやすいという事なんでしょうかね。

私はこのシリーズのそういう経験豊富なお姉さんキャラが好きなので、今作はそういう役回りのヒロインがいないのは残念です。
それっぽいキャラクターは終盤登場するんですが、残念ながらそういった行為などは一切なしです(泣)

とはいえ、Hシーン数はかなり豊富な作品で、人数も多いです。
まぁ、メインヒロインの3人以外は名も無き同僚たちという扱いの悪さはありますし、性描写もあってないようなものなので実質3人ですね。
そういや、幼なじみてきな存在がいなかったけど、今作の主人公の境遇を考えると幼なじみは登場させにくいかな。
それに、ハーレムシリーズで幼なじみがメインになるのは難しいですしね(汗)

今作もハーレムシリーズから別作品のキャラクターが登場していたりと、相変わらずの仕掛けにニヤリ。

ストーリー的には終盤はヒロインの王位継承問題によるごたごたに巻き込まれる形となりますが、意外にあっさり解決するので肩透かしな印象ですが、まぁ、あくまでも味付け程度でしょうか。
主人公の成り上がりぷりを楽しみたい人にはおすすめでしょうか(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ハーレムパラディン

ハーレムパラディン ハーレムパラディン

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ハーレムパラディン

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援おねがいします♪

関連記事