美少女文庫 お嬢様メイドはヴァンパイア!?


「お願いですわ。紫音のおクチに、もっと飲ませて。」紅い瞳を蕩けさせ、精液ごっくんをせがむお嬢様メイド。高貴な吸血鬼が、アナタの××にもう夢中!初体験から精飲絶頂。露天風呂ではボディ洗い。校内エッチは乳揺れ騎乗位で。下僕から大好きなご主人様へ、ごっくんHで大昇格。

1月発売した新刊です。
読み終わったので早速レビューです。

お嬢様+メイド+ヴァンパイアという事で、色々足しすぎなんじゃないの?と思いつつ読んでみましたが、結構面白く読めました。
表紙を見た時点では、どうせ吸血鬼だけど精液でもOKな展開なんだろうなぁと思ってましたが、まぁその通りでした(汗)

この手の話では主人公となる男性側は、大体自分の血が特別な設定が多いですよねぇ。
レアな血液であったり、向こうにとってはすごい美味であったり、濃さなど。
やはりこの作品でも、主人公の血はレア+美味という一品でした(汗)

ですが、主人公が万年貧血気味であると言う点はあまり見ないので、珍しいなぁと感じました。
そのため、ヒロインである「紫音」(しおん)には、吸ってしまえば死んでしまいかねない主人公を思う存分吸えないという状況を作り出しています。

そこで自分が主人公のメイドとなり、生活の世話をするという事で健康体に戻し、血を吸おうとすると考えるわけです。
・・・うまくメイドに繋げたなぁと感心します(汗)

まぁ、お嬢様な彼女の事ですので、家事全般のスキルは推して知るべしですね(汗)
初日のメニューはレバーのみという豪快さです(泣)

そんな彼女ですが、当初はもっとツンツンしている感じなのかなと思ってましたが、結構素直な(プライドが邪魔をする場合もありますが)感じで好印象です。
なので、ツンデレ系とも違うかな?

育ちのよさとメイド口調が相まって、いい塩梅なキャラクターになっていますね。
そういう意味で予想をいい意味で裏切られました。

裏切られたと言えば、サブキャラクターとして紫音のお付きの「チィ」は表紙絵では、主人公の頭にガブリと噛み付いているイラストがあったので、てっきり主人公と紫音との仲に反対な側の立場のキャラクターで主人公にはきつく当たるのかなと思っていたので、本編ではいいキャラだったので予想外でした(汗)

・・・後、チィのHシーンもあるんだろうなぁと思ってたんですが全くなかったのも(涙)
金髪ツインでロリ系なのに・・・、勿体無い・・・。
紫音のみとHなので、そこはご注意下さい。

Hは血液の代わりとして精液を飲みたがる紫音のため、フィニッシュは口内、舌上発射がメインとなっています。
それは挿入でも同じなので、射精間近で膣内から抜いて顔に持っていくというくだりを読んだ私の頭にはよくあるAVの1シーンが浮かびました(汗)

主人公も童貞だったのに、いきなりそんなAV男優のような真似をさせられて大変ですねぇ。
なのに、回数をこなす内に若干Sッ気を発揮するのは美少女文庫の約束事なんでしょうかね(汗)

あまり、そういう主人公好きではないので・・・。

終盤、ラブラブなHでは口内ではなく、膣内射精をねだってくる紫音は可愛いなぁ♪
挿絵も可愛いタイプですが、しっかりH度もあるので満足です。
・・・チィもあったら満点なんですが、巻頭のカラーイラストの半裸で我慢しましょう・・・。

楽天はこちらからどうぞ
お嬢様メイドはヴァンパイア!?

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢様メイドはヴァンパイア!?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事