二次元ドリーム文庫 あんばらんすキッス お嬢さまお気をつけて!

あんばらんすキッス
あんばらんすキッス
価格 662円 税込 レビュー( 0件 )

上流階級の子息が集う学園で、令嬢、詩折と恋に落ちた拓海。箱入り娘の反応に戸惑いつつも心を過わせる二人だが、詩折を溺愛する祖父の放つ女刺客(?)が少年に迫る!学園内で同級生や女教師とのエッチに翻弄される少年の、身分違いの恋の行く末は―。

最近、著者さんの「筆祭競介」(ふでまつりきょうすけ)さん続きな気がしますが、今作もです(汗)
新作の「ツンボテ お嬢さま子作り計画」もレビューしていますので、ぜひそちらもご覧下さい♪

そして今作ですが、特徴的な絵で覚えがある「ゆでそば」さんが挿絵担当です。
ちなみにこの他には「せんせいとしよっ!? フィアンセは女教師」があります。
ですがこの「ゆでそば」さん、線がラフっぽいのが玉に瑕なんですよね(汗)
何と言うか、下書きと清書の間って感じでしょうか。
ですが、個人的に逆に中の挿絵が好みでした。
何故かと言うと、表紙絵の一部のヒロインの印象がきつく見える印象だったんですが、中を見ると柔らかい表情で魅力的に見えたんです。
表紙で損しているかなと感じました(汗)

肝心の内容ですが、個人的に良作といえる作品でした♪
あらすじは、大金持ちのお嬢様と交際を始めた主人公を良く思わない祖父が仲を壊せと命じられたヒロイン達が主人公にHな誘惑を・・・みたいなノリで展開されます。
その中で、個人的に魅力的だったのはお嬢様「詩折」(しおり)のメイドの「珠美」(たまみ)です。
ボーイッシュなボクっ娘で主人公とも友人関係にあった彼女ですが、祖父側の人間として主人公と詩折との仲を壊す事に抵抗を感じている描写もあり、ある意味影のメインヒロインと言える存在です。
少しづつ、主人公への淡い恋愛感情も芽生え始め、徐々に女の娘の面を見せる感じが可愛らしくてたまりません(汗)
私の中ではメインヒロインです♪
でも、物語的にはメインヒロインは詩折なので、ちょっぴりせつない感じになるのがまた何とも・・・。

他の妨害側の二人のヒロインも最終的には主人公たちの恋愛を応援側に回る事になるんですが、こちらは恋愛感情という感じではないかなぁ。
詩折、珠美と比べると好意があったとしても、微々たるレベルでしょう。
特に最年長の「すみれ」は存在感が微妙です(汗)
一番キャラクターとして、いる意味は薄かったですね、物語的にも。
H要員でしょうか(汗)

展開も目新しいのは特にないのですが、個人的に好きな展開があったので高評価です。
主人公との仲を壊そうと、珠美らが暗躍している事を知った詩折に対して、主人公が珠美らをかばう為に自分が珠美らを誘っていたと憎まれ役となって、詩折に嫌われるシーンが好みです。
この事が妨害側の気持ちを動かす要因となるわけですが。
最近、こういう展開が含まれる作品少ない気がするので、楽しんで読めました♪
キャラクターが生きていたなぁと感じる作品でした。

アマゾンはこちらからどうぞ
あんばらんすキッス お嬢さまお気をつけて! (二次元ドリーム文庫 88)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事