美少女文庫 トリプル押しかけ許嫁

トリプル押しかけ許嫁 (美少女文庫)
青橋 由高
フランス書院
おすすめ度の平均: 4.5
5 おすすめです
5 そんな私はくらら萌え
3 いろいろバランスが悪い

「重婚は一族の特殊能力を引き継ぐためです。4Pなんて、先輩は調子に乗りすぎです!」『天才』的な頭脳の持ち主・くらら。驚異の『集中』力を誇る若葉先生。『加速』によって強くなる薙刀少女・理華。才能に恵まれた3人の許嫁たち─なのに、なんで俺の能力は『絶倫』なんだ!?後輩少女の無垢なカラダを味わいつくし、先生のセクシーボディをイカせまくり、武道少女の××に思う存分、大放出。それでもまったく萎えない拓光に、処女だった3人もメロメロに!?「やっぱり先輩は調子に乗ってます!何度出しても小さくならないじゃないですか!」潤んだ瞳で頬ずりしてくるトリプル許嫁。

この作品は初のレビューではなく、発売された09年8月に書かれた物です。
当時ブログの記事の書き方が固まっておらず、そのため当時同時発売されていた3冊分をまとめてレビューしていました。
そのため、五十音分類にも加えられていませんでしたので、3冊分のレビューを個別記事分けにする事にしました。
分割にあたって修正加筆もしています。


よくある展開だなぁと読むと、何か各人変な能力を持っているという設定が(汗)
正直、なくて成立しますよ、これ。
キャラは毒舌ヒロインがいい味出してますが、他のヒロインが影が薄く、トリプルさは薄いかな。
ちなみに主人公も絶倫の能力者で、精液出しまくりますが、どの主人公もそうでしょう(苦笑)

基本的には特定のヒロインを選ばず、ハーレムエンド的な締めを見せますが、読んでいると明らかに優劣が(汗)
能力などの設定がほとんど意味を成さない宝の持ち腐れ感が強い作品ですが、キャラクターはいいものがあるだけに勿体無い・・・。
会話のテンポなどは軽快で読んでてニヤニヤするんですがねぇ。
能力も能力として設定しなくても、そういうキャラだって説明可能な範疇で終始しているのが残念です。
この能力じゃなければ成立しないほどの成果、結果が出せていないのが問題ですね。

楽天はこちらからどうぞ
トリプル押しかけ許嫁

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
トリプル押しかけ許嫁

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事