二次元ドリーム文庫 せい魔術うぉ~ず

せい魔術☆うぉ~ず (二次元ドリーム文庫)
巨道 空二
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 485450

魔術師エリート家系出身の少年・威彦。ふとしたことから彼が強大な魔力に目覚めたとき、四人の美女たちとの甘い学園生活が始まる。密かに想いを寄せる義姉、幼馴染みの巫女、留学生のサキュバスに、高飛車お嬢様まで…少年の股間は暴発寸前。

まず目につくのが、表紙絵ですが、リアルタッチな絵柄が特徴的です。
そのためクセがあると感じる人がいると思いますので、ご注意を。
とはいえ、ヒロイン達は可愛らしく色気が感じられるのでこれはこれでアリかなとは思うんですが、気になったのは主人公の絵(汗)
何箇所か主人公の顔などが描かれている場面があるのですが、ちょっと私は印象と違うなぁと感じてしまいました。
これはあくまでも私の印象なので、誰もがそう感じるかは分かりませんが何となくホモっぽく見えて苦手です(汗)
イメージより筋肉質というか腹筋などもしっかり描かれているのもまたそういう感想を持った理由かなと思いますが・・・。
股間の肉棒も血管の筋張った感じがまたグロ目に感じるなぁ(汗)

そんな絵柄の印象は正直微妙な今作ですが、内容自体は雰囲気があって結構良かったです。
魔法が関係するという作品ですが、その力がHに関係するという王道なパターンですね。
その力を巡って、ヒロイン達のHな関係が・・・。

まぁ、そう言うとヒロインは主人公の力目当てかと思うかもしれませんが、好意は皆あるのでそういう感じではないですね。
とはいえ、力を発揮してからの関係が始まっているのでどこまで純粋な感情なのかは微妙かもしれませんが。

個人的には序盤がある意味活躍のピークである美沙(みさ)が好みです。
主人公の兄嫁という関係性という事もあって、かなり甘々な態度がお姉さん的な感じでいいですねぇ♪
でも、普通にHしているけど、大丈夫なんでしょうか(汗)
もっとも兄は全く出てこないので、そんな鬱展開ないので安心ですが。
かなりの母性っぷりを感じるキャラクターなので、そういうヒロインが好みならばおすすめですね。

他にもロリ系ですが、能力で身体つきを変えられるという反則的なヒロインがいます(汗)
見た目より年齢を重ねているという設定なので、口調が昔風な言い回しを使うのが特徴的です。
そのためか、言われ慣れていない可愛いというような褒め言葉に恥ずかしがったりする姿はいいですね♪
もう一人は、どちらかと言うと対立的な立場のヒロインなんですが、主人公に惚れているため、ただの恋のライバル存在と変わりません。
でも最初から彼女いるんですけどね、主人公には。
しかし、最初から彼女いる場合の彼女キャラってあまり報われない気がするんですが(汗)
この作品もその法則?に則ったかの様に、やはり他のヒロインに押され気味です。
健気でありつつも、Hでは他のキャラクターに負けないように積極性を見せるんですが、メインヒロインではないなぁ・・・。
まぁ、どのヒロインもメインではない感じですね、この作品は。
最後はなかよく5Pというハーレム関係で締めです。

正直、結局なんだっただろうという感想です(汗)
あまり魔法が影響しないので、もっと展開が動けばまた違った感じになるのではないかとも思うんですが・・・。

楽天はこちらからどうぞ
せい魔術・うぉ〜ず
せい魔術・うぉ〜ず
価格 662円 税込 レビュー( 0件 )


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事