えすかれ美少女文庫 お嬢様☆超乳化計画


「命令よ、私の胸を大きくなさい!」95cm、G‐cupの蛇神咲夜お嬢様(17)。美しい超乳めざして、お嬢様は毎晩、執事の僕と乳揉みエッチ!?パイズリ&乳揺れ騎乗位で、告白&初体験!「ママのことも、ほっとかないで」紫苑奥様も加わり─母娘W孕ませハーレムなんて過激すぎです、お嬢様。

今月発売の美少女文庫は今年最後となる4冊目です。
こちらも「ホントに撮っちゃうよ? 生徒会長さん」と同じく、えすかれレーベルとしての発売です。
そんな訳でH度は高いと期待しつつ読んでみました。

表紙絵を見た感想は、前もこんな表紙絵だったような(汗)というものでした。
ちなみに「お嬢様☆お世継ぎ生産計画」という作品です。
画像はこちら↓


どちらの表紙も主人公がちびキャラで泣いているのが特徴的ですね(汗)
個人的にはこの絵を描かれている「YUKIRIN」さんのむっちりとした丸みが特徴的なおっぱいを好きなので、それだけで高評価です♪

そんな最初から贔屓目(汗)でスタートしたこのレビューですが、おっぱい好きにはたまらない内容となっています。
ひょんな事から主人公はお金持ちの豪邸にある目的のために仕える事になるところから展開していきます。
正直、この仕える原因となった理由はいらなかったのではないかなと思いました。
ちょっとここだけ違和感ありましたが・・・。

そんな中、仕える事となった主人公への仕事はこの家のお嬢様のおっぱいを大きくさせる事というとんでもないものでした(汗)
ですが、そのお嬢様は既にナイスなおっぱいの持ち主であるのが面白いですね。
こういうのは貧乳ッ娘がやりそうなので。
タイトルに「超乳化」とあるのがミソですね。
「巨乳化」っていう事ではなく、「超乳化」ですから。
なので、胸がすかすかな貧乳ッ娘のおっぱいを大きくさせるという訳ではないのでご注意を。

そんな仕事だからなのか、主人公の実家が酪農業をしていたという分かりやすい設定が(汗)
とはいえ、そんな酪農業で得たテクニックというものを披露することはないのであまり意味なかったかもしれませんね。

ヒロインはおっぱいを大きくさせる対象のお嬢様「咲夜」に母親の「紫苑」の二人です。
やはりメインは咲夜なのでしょうが、エロ可愛らしい紫苑が好みです。
咲夜はかなりのツンデレッ娘なので、落差が激しめです。
紫苑はおっとりしたタイプなので、あまり母親という年齢差を感じないため、お姉さん系に近いかもしれません。
ちゃん付けで呼ばれますし、そんな彼女に誘惑されたい人にはおすすめです♪

プレイもおっぱいが大きい事もあって、かなりの頻度でパイズリが行われるのも個人的に高評価です。
後は中出しが多いのは、過去作品のお世継ぎ?に通ずるものがありますね。
(あれは妊娠させるのが目的だったので)
親娘一緒のプレイもあり、H度はかなりあると思います。

終盤では、過去作品のお世継ぎ?との世界観の繋がりを感じさせる描写があったりと興味深いです。
若干その後の設定みたいですね、今作は。

ラストは今回美少女文庫の流行なのかというあのエンドです(汗)
今回4冊中3冊このエンドって割合高いですねぇ・・・。

今月発売された美少女文庫作品では、個人的に一番かなと思ってます。

楽天はこちらからどうぞ
お嬢様・超乳化計画

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢様☆超乳化計画

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事
 タグ