2019年9月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな彼の周りには、ふたりの姉がおり、溺愛されています。
更に、学校でも先輩や、近所のお姉さんにも何故か気に入られています。

そんな中、姉に隠れて自慰をするのを姉にバレてしまい、そこから姉を始めとした女性陣に迫られる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 雨ヶ谷 小雪」(あまがい こゆき)
  • 雨ヶ谷 千夏」(あまがい ちなつ)
  • 疾樫 麗奈」(はやがし れな)
  • 笹森 美知留」(ささもり みちる)
  • 如月 波々乃」(きさらぎ ななの)
がいます。

小雪は、主人公の義理の姉です。
普段はしっかり者の美人ですが、主人公が絡むと…。
とにかく主人公を溺愛しており、何よりも大切にしており、日々甘やかし、からかってきます。
姉あそび!

千夏は、主人公の義理の姉で、小雪の妹です。
姉よりも若い見た目ですが、お姉ちゃんらしく世話焼きな性格です。
主人公を溺愛しています。
姉あそび!

麗奈は、主人公の学校の先輩です。
学校での姉の様な存在となっています。
物静かで、大人しい独特の雰囲気を持っていますが、一途で頑固な面も。

美知留は、小雪の大学での友人です。
基本、面倒くさがりな性格をしており、ぐーたら好き。
快活な性格で、Hな事にもあっけらかんとした
姉あそび!

波々乃は、近所に住むお姉さんです。
美人ですが、おっとりしており、ドジな面もある可愛らしさも。
姉あそび!

作中で、「美知留」の表記が度々変わっていましたね(汗)
「美智留」になっている箇所が、ザックリ数えたけども53個くらいありましたよ…。

キャラ紹介では「美知留」表記ですが、ここまで間違っている個数が多いと、こっちが間違えているのではないかと思う程。
公式サイトも確認しましたが「美知留」で合っているので、「美智留」表記ミスが50個以上あるという事に…。

台詞によっては、1回の「」の内で、美知留、美智留の2種類が入っている台詞もあったけれども、編集の人とか誰も気づかないものなの?(汗)

ストーリー展開


展開的には、主人公が姉問わず、周りの年上の女性陣から迫られる流れですね。
…年上殺しみたいな、何かが身体から出ているんですかねぇ?(汗)

主人公は、子供の頃に両親を亡くして伯父に引き取られ、養子となっており、小雪、千夏の姉たちとは義理の姉弟なんですね。

家族は、主人公を実の子の様に接してくれており、姉たちも…。
いや、姉たちはそれ以上に溺愛し、事あるごとに構ってくるんですね。

タイプは違えど、美人、美少女な姉ふたり。
そんなふたりに甘やかされて悪い気はしないですが、問題も…。

姉弟としては、確実に過剰なスキンシップに嬉しくも悩ましい感情を抱く事になりますね。
義理とは言え、姉な訳ですから、欲望に流される訳にはいきませんからねぇ。
まぁ、こっそり姉たちで自慰したりしているので、既にアウトの様な気はしますが…(汗)

そんな理性ギリギリの状況下の中、とある事をきっかけにして、主人公と姉たちの関係に変化が。


それは、学校の先輩である麗奈が家に来たいと言い出し、家に招いた事がきっかけ。
麗奈を家に招いた(勉強会で)事から、以降更に姉たちのスキンシップは過剰になっていったのです。

こうなると、性欲は募る一方…。
こっそり自慰で発散しようとした所を、姉の小雪に見つかってしまい、手コキで射精させられる事に(汗)

ここから、女性陣の性的な行為が始まる事になる流れですね。

当初は、姉たちのお手伝いをするとポイントがもらえて、一定量貯まるとHなご褒美制みたいなルール設定ありましたが、正直あんまり関係なくなっていきます(汗)

Hシーン


Hシーンは、全員との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、足コキ、素股、パイズリ、自慰、アナルセックスなどがあります。

やはり全員ヒロインが、年上のお姉さんってのがポイントでしょうか。
当然、妹などの年下ヒロインは一切いないのでご注意を。

割と早くから、姉たちを始めとした女性陣から手コキやフェラなどで射精に至りますが、本番行為は中盤辺りからなんですね。
本番行為に必要なポイントを得るまで、時間かかったってのもありますけどね(汗)
なので、初体験の相手は小雪とですね。
姉あそび!

小雪も、少しぶっとんでいる(大分?)ので、他の女性陣と関係持ってもOKという…。
遂に本番行為まで解禁された事で、他の女性陣との関係もエスカレートしていく事になるのは必然ですねぇ(汗)

明るく積極的に行為を求めてくる女性陣の姿は、Hですね♪
ヒロインによっては、若干のアナル好きの変態性も垣間見せるヒロインもいたり…。


まぁ、これまでで分かる様に主人公は、基本受け身なキャラクターですね、行為でも普段でも。
ヒロイン全員が年上ってのもあるのでしょうが、主導権が向こうなんですよね。
主人公自身、姉たち年上に弄られるのが満更ではないから…(汗)

終盤では、全員交えたハーレム展開…ではなかったですね(汗)

残念ながら全員交えての展開はなかったですね、複数プレイはふたり同時程度でした。
まぁ、ヒロイン5人同時って絶対収拾つかないので、仕方ないのかなとも思いますしね(汗)

一応、立場的にメイン格は小雪の様で、初体験の相手でもあり、ラストでもふたりでの行為だったりと、彼女がメインどころでしたね。

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「ジャスティス小町」、「シライシ」さんが手がけています。

可愛らしい年上ヒロインたちを描いていますね。
全員、年上っぽくないくらいに可愛らしいデザインなので、あまり年上感は控えめだったかな?
もう少し、艶っぽさがあっても良かったかなとは個人的に思いましたね。

姉のひとりの千夏も、見た目だけなら完全妹っぽい感じのデザインだったりと、姉なんだけれども年下感も味わえるデザインでしたね。

挿絵数:33枚

総評


全体的には、年上女性、お姉ちゃんたちとのイチャラブH三昧ストーリーでしたね。
逆に言えば、それだけにしかない内容とも言えますが…(汗)

ありがちですが、どうしてもこの手の溺愛物って、何でそんなに主人公好きなのかってのが描かれていないんですよねぇ。
だから、何かヒロインたちが主人公が好きなのか、単にHが好きって感じに見えてしまうのが勿体ない(汗)

何にも考えずに、ひたすら年上ヒロインたちとのH三昧が好みなら楽しめるかな?

まぁ、それでなくても、ヒロイン5人…。
ノベライズのページ数的に、個々のヒロインを深く掘り下げて~ってのは、酷な話ですかね(汗)

って、あとがきをみると、原作よりもライトなノリにして、キャラクターを強化したつもりらしいです。
…あれで? 原作見るの怖い(汗)

Amazon版 電子書籍
姉あそび! ~義姉も先輩も近所のお姉さんもHなスキンシップが大好き~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
姉あそび! 〜義姉も先輩も近所のお姉さんもHなスキンシップが大好き〜

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
姉あそび 〜サポごっこでスキンシップ〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事