2019年8月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、ブラックな企業に勤めているサラリーマンです。
そんな彼の元に、魔界から追い出されてしまった魔王「フリジア・オルンシュタイン」が現れる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • フリジア・オルンシュタイン
がいます。

フリジアは、魔界の支配を目論む存在です。
圧倒的な能力の持ち主であり、それに見合った尊大な言動をしています。
しかし、若干子供っぽさなどをも垣間見せるなどの一面も。
性に関しては、奔放で肉食系です。
ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

ストーリー展開


展開的には、ブラックな職場で働く主人公の元に魔界からフリジアが転がり込んでくる流れですね。
…逆異世界物?(汗)

主人公は、ブラックな職場環境で働き、身も心もボロボロな状態なんですね。
家と職場を往復するだけの毎日で、他の事などする余裕も清潔感も無く、小汚い状態(汗)

そんな中、突如部屋に現れたのは、この場にそぐわない凄い露出をした角の生えた褐色の肌の女性。

何と、彼女「フリジア」は、魔界から追い出された魔王だったのです(汗)

ザックリ説明すると、フリジアはその絶大な魔力量で、魔界の3割を掌握している強力な存在なんですね。
そして、魔界の統一を目論んでいたのですが、フリジアを倒そうと挑んだ魔道士との戦いで、隙をつかれ、この主人公の世界に飛ばされてしまったんですね。

こうして主人公の前に現れたフリジアですが、魔界に帰るには大きな魔力が必要、と。
お約束で、その魔力を得るためにはHな行為が必要という流れになり、これまでの人生、女っ気のなかった主人公はいきなりムチムチ爆乳なフリジアとの行為三昧な日々となる流れですね。

…実に分かりやすくベタベタな展開ですねぇ(汗)

Hシーン


Hシーンは、フリジアとの行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリなどがありますね。

やはり見所は、フリジアのキャラクターですねぇ。
彼女は、魔界で圧倒的な力を誇っていた存在な訳で、当然の様に自信家で尊大な言動をしているんですね。
でも、どこかそれが憎めないというか、愛らしく感じるキャラクターなんですね。

主人公に対しての反応も、普通の人間の女性とは違った事も、結果的に良かったのです。

主人公は、ブクブク太った外見で不潔気味という、本来ならば全くモテない存在。
しかし、外見でフリジアは評価しないんですね、能力主義と言うか。

力が強い者がより偉いみたいな、魔界の価値観では、そういう考え方になるんでしょうねぇ。
まぁ、そんな彼女の感覚でも、主人公の見てくれなどは汚らしいって思ってはいますので、結構な汚さの様ですが(汗)
でも、それで毛嫌いしないのだから、ある意味優しいですねぇ♪

ストーリーで、魔力のために主人公とHな行為をしていくって説明しましたが、主人公の精力は相当らしくフリジアにとっても魔力がかなり得られるらしいですね。
それゆえに、彼女は主人公をいたく気に入り、事あるごとに精液を求めて来る事になる訳です。

こう聞くと、主人公を単なる精液タンク、エネルギータンク的な感覚と思うかもしれませんが、彼女なりに主人公を大事にはしているのは垣間見えるので気にはならないかと思います。
まぁ、実際主人公の協力がなければ、フリジアは消滅してしまう状態なので、彼女が主人公を求めるのは当然ではありますけどね。
主人公がブラックな職場で困っている所を彼女なりに解決?したり、思い入れがあるのも事実ですね。

後は、行為の相性もありますかね。
冴えない容姿な主人公ですが、精力の強さと立派な肉棒を持っており、フリジアとしては主人公の行為に満足していますしね。
時には主人公からの行為の勢いに目を白黒させる様な場面もあったりと、Hの面では対等な関係かな?(汗)
ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

序盤の行為は、主にフェラやパイズリなどに限定されています。
本番行為は、この時点ではまだ解禁されておらず、フリジアからの行為で射精をする流れが中心になっています。
まぁ、彼女の性格的にも主導権を握ってくるのは当然ですかね。

これは、上記の魔力を得るための側面が強いですが、それでは追いつかなくなってきた事から本番行為も解禁されますね。

後は、コスプレ要素も一部ありましたね。
まぁ、彼女の普段の姿がそもそもコスプレみたいなもんですが(汗)
普段の露出姿ではなく、ブルマだったり、ナース服姿になっての行為ですね。
ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

フリジアとしては、得られる魔力が濃いほど良い訳で、そういう意味では主人公を興奮させるのは良質な魔力を得られる事とイコール。
なので、彼女も積極的に主人公を興奮させる様な行動をする訳ですね。
このコスプレ姿も、主人公、男性を興奮させるなの姿だと理解して、その姿になっています♪

こんなムチムチなボディ、爆乳のスタイル、褐色の肌のフリジアが、ブルマやナース姿ってのはギャップが凄いから主人公ならずも破壊力高いですね♪

終盤には、ファンタジーならではな、主人公やフリジアが複数増えてのプレイなども。
個人的には、こういう増える系のプレイ展開は正直好みではないですけども、好きな人は好きなのかな(汗)
ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

時には、フリジアの姿が小さくなっての展開もありますが、途端に犯罪臭が(汗)
ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「Sian」さんが手がけています。

表紙絵でも分かる様に、タイトル通りなムチムチ爆乳なスタイルは魅力的ですね。
褐色な肌も健康的な色気を感じさせて、より一層生々しいいやらしさが感じられますね。
最初は、角はちょっと…とか思ってたのですが、割と次第に慣れてきましたね(汗)

表情は、艶めかしい中に可愛らしさもあって、割とかわいい系?
時にはアヘ顔的な表情もあったりするので、一応苦手な人は注意かな。
まぁ、それ程どぎつい訳ではないので、大丈夫だと思いますけどね。

小さくなったフリジアでは、表情が普段とは当然違い、感情がより分かりやすく見えるかな?
目も大きくて、余計に可愛らしさを強調していますね。
…文字通り、小悪魔的な魅力という感じでしょうか(汗)

主人公の姿も一部描かれていましたが、思ったよりもおデブだった(汗)

挿絵数:21枚

総評


全体的には、タイトル通りな展開で、H三昧な展開が楽しめる内容でしたね。

意外と言ってはアレですが、フリジアも何だかんだ可愛いなって思わせる魅力がありましたね。
もっと甘さがなくて、性欲寄りな展開になるのかなって思ってたんですが、所々で垣間見える彼女とのやり取りなどは微笑ましかったですね。
ツンデレって程ではないですが、デレも見え隠れたりする辺りも中々良かったです♪

主人公も彼女にかなり振り回されていましたが、ブラックな職場で鍛えられたのか何だかんだ適応していったり。
…魔界よりアレな世界なんですね、ブラックな職場って(汗)

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
ムチムチデカパイマラ喰い魔王様とおんぼろ四畳半同棲生活

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ