催眠家族 〜隷属日記〜(オトナ文庫 161)
Hatsu
パラダイム (2019-07-12)
売り上げランキング: 4,207

催眠家族 隷属日記(オトナ文庫 161)
2019年7月発売のオトナ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品ですと言いたいですが、ちょっと違う様ですね。

コンセプトや主人公は原作と同じみたいですが、ヒロインなどは全く別物のオリジナルストーリーみたいですね。
公式サイトを見たら、ゲーム本編とは時系列の違う話との事。
なので、原作版を知ってても初めてとなる話が楽しめる様です。

最近、再婚したばかりのとある家庭。
そんな家庭に踏み込む、不審な男の存在…。
男は、催眠の力によって、家庭に入り込み、一家の女性陣を自分の物にしようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 秋ヶ瀬 巴」(あきがせ ともえ)
  • 秋ヶ瀬 桜」(あきがせ さくら)
  • 秋ヶ瀬 暮葉」(あきがせ くれは)
がいます。

巴は、最近、再婚したばかりの女性です。
理知的な言動の中に、勝気な面が垣間見える所があります。

桜は、巴の娘です。
成績優秀で学校では副会長も務めるなど能力の高さを持っています。
その一方では、人を見下している面もあり、特に男性に対しては良い感情を持っていません。

暮葉も、巴の娘で桜の妹です。
剣道部に所属しており、その腕前は男子顔負け。
体育会系らしく礼儀正しいですが、内心は自身よりも下と判断した相手には冷たい面があります。

ストーリー展開


展開的には、主人公が他人の家庭に催眠の力で入り込んで、女性陣に手を出す流れですね。
でも、しばらく序盤は主人公は出て来ず、最初の方は巴たちについての描写が主です。

巴は、最近再婚をしたばかりで、夫の家に娘たちふたりと一緒に住む事となった訳ですが、この家庭には問題が…。
夫側には息子がおり、巴の娘の義兄である立場ですが、巴側の女性陣は全員嫌っているという(汗)

巴としては、愛しているのは夫であり、その子供には何の感情もなかった訳ですね。
娘たちも、男性よりも仕事をし、自立している母を見て育ったせいか、男、特に自身よりも下に見た存在には辛辣な態度を見せたのです。
…よく巴が、夫と再婚する気になったなぁ(汗)

父親である夫は、再婚したばかりですが仕事で長期間留守に…。
そんな家庭で、息子が如何に女性ばかりの中で居場所を奪われていったのが分かる描写となっていますね。

そんな中、息子はある日、謎の男と一緒に家に帰ってきた巴を見る事に。
夫ではなく、何とも怪しい風体な男に強い警戒心を抱く息子。

まぁ、これが主人公ですね、ようやく登場(汗)
主人公は、自分を巴の親戚という名目で、家に上がり込む事になる訳ですが、当然親戚でも何でもありません。
でも、巴は主人公を親戚として扱う…。

これこそが、主人公の持つ催眠の効果な訳ですね。
何でこんな力を持っているのかはよく分からないですけどね。
まぁ、催眠物なんて大抵そんなもんだから、気にしてはいけないぞ(汗)

実は家に上がり込む数日前から、主人公はとある一件で巴に逆恨みをし、彼女をターゲットに選んでいたんですね。

主人公は、これまでも催眠を悪用し、女性たちを物にしてきて生きて来たろくでもない奴なんですね。
常々、プライドの高い女性を屈服させてやりたいみたいな感情があり、巴の様なタイプは正にそれだったと。
巴にも催眠による暗示をかけ、主人公を親戚と認識させ、強引に関係を持つ事に。

そして、巴を手中に収めた主人公は、その娘たちふたりにも欲望を向ける事になる流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、自慰や手コキ、フェラなどがあります。

やはり今作と見所と言えば、催眠による展開ですね。
巴を始めとして、娘ふたりも、男性、それも主人公の様なクズには嫌悪感全開の存在。
そんな相手を、催眠の力で認識、意思を捻じ曲げていく事になりますね。

まぁ、巴は割とアッサリ堕ちますが、娘、特に桜に関してはそう簡単にはいきません。
親戚でもない主人公をおじさんとは誤認しているので、多少催眠が効いているのは確かですが、だからといって即、行為に応じる訳はありません。

主人公は、そんな女性陣に何度も催眠をかけ続けていき、少しづつ物事への認識を塗り替えていく事になりますね。
男性を嫌悪気味な女性陣ですけれども、別に性欲が無いって訳ではないですからね。

巴だって愛している夫相手には、女の顔を見せまくりで、結構な頻度で行為はしていたくらいですしね。
年頃の娘の娘たちとしては、お盛んな母に対して、ある意味で巴もこの時ばかりは嫌悪の対象になっているんですよね。
それが、余計に彼女たちの男性に対する抵抗感に繋がっている訳ですね。

まぁ、親の行為に耽っている様とか声とか聞きたくないよね、年頃じゃなくてもさ(汗)
年頃の潔癖さも相まって、性に対して良い感情がないのも理解はできますけどね。

でも、思ったより早くある程度の所までは進展しているのは、ちょっと意外だったかな。
勿論、本番行為までは行きませんし、主人公に対する悪意も口にするなどまだまだではあるんですが、確実に支配に近づいている状態を感じさせますね。
とは言え、身体はある程度誘導できても、精神がそれを完全には受け入れていない状態が続きますね。

巴に関しては、最初にターゲットになっている分、かなり支配までの展開は早いです。
Mっ気が開花したというか、催眠によって物事の優先順位が確実に入れ替わり初めていき、次第に主人公への依存が高まる結果に。
なので、だいぶ早く従順な姿を見せる様になり、主人公に娘を差し出す事をためらわなくなっていきますね。

むしろ、娘たちが羨ましく感じる節すらありますからね(汗)

もうひとりの娘、暮葉に関しては、桜よりも若干とっかかりがある分、催眠の進行は早いですね。
彼女は、剣道にのめり込んでいるため、強さに対する感情が強い面があり、そこを催眠でおかしな指導に持っていくと。
エロい事をすれば、強くなるみたいな催眠ならではのシチュエーションですよね(汗)

だから本人は至って真面目にいやらしい行為をする事に…。

本番行為は、娘ともに結構終盤までお預けですね。
それまでは別の本番行為以外の事をしているので、そんなに物足りなさは感じないとは思いますが。

終盤では、催眠で従順に仕立て上げられた女性陣全員を交えた行為も。
…ですが、ちょっと意外な展開があるため、エロとは若干異なる雰囲気になっていますが(汗)

挿絵


挿絵は「すてりい」さんが手がけています。
原作版とは、話、ヒロインが全く違うオリジナルなため、今作のノベル版はイラストによる挿絵となっているのも特徴ですね。

3人の女性陣、全員可愛らしさを感じる絵柄で、母親である巴も若々しい印象ですね。

正直、表紙絵だけ見た時は、割と辛辣な本文とのギャップに最初戸惑いました(汗)
そういう感じのキャラに見えなかったんですよね、表紙絵を見ると、特に気が強そうな感じじゃなかったんで。

等身が少し高めでスタイルの良いデザインなので、娘たちも含めて凄いスタイルですね♪

特に桜は、ムチムチ加減がえらい事になっていますね、胸の大きさなど含め(汗)
一方で、暮葉は若干胸が控えめってあったので、確かに他の家族に比べるとそうだったかな。
まぁ、他のふたりが大きいんでしょうね、これと比較するのは酷かな(汗)

催眠特有な表現の無表情もなく、アヘ顔の類や痛々しい表情はないので、見やすい絵柄だとも思います。
表紙絵とかのカラー絵だと、瞳の中にハートマークがあるんですが、挿絵にはありませんね。

挿絵数:10枚

総評


全体的には、催眠物らしく、自身の思うがままに人の認識、意識を塗り替えていく内容でしたね。

最初、この作品を見た際はサブタイトルの隷属日記ってあんまりピンと来なかったんですよね(汗)
むしろ作中で、度々「ヤドカリ」ってフレーズが出てきて、こっちの方が作品にあっているなって思ってたら、元になっている原作が「催眠家族 ヤドカリ」ってのを知りました(汗)

なるほどなって感じですね、ヤドカリって例えは。
一方で、今作の結末は個人的にオッと思いましたね。
道理で何で序盤の展開、あんなに描写しているのかと違和感があったんですが、終盤のアレで納得。

そういう意味では、これが良い結末かは分かりませんが、他の催眠物とは一風違った印象が残り、個人的には結構好みでしたね。

Amazon版 電子書籍
DMM 電子書籍

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
催眠家族〜ヤドカリ〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ