母三人とアナあそび(オトナ文庫 158)
はやさかうたね
パラダイム (2019-07-12)
売り上げランキング: 3,629

2019年7月発売のオトナ文庫の新刊です。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。
読み終わったので、レビューです。

今作は、2018/9/11発売のオトナ文庫の「俺を欲しがる二人の母」のスピンオフ的な作品です。
あとがきによると、前作の続編ではなくて、前作の途中から今作の話に至ったという経緯があるとして見ると良いみたいです。

前作のレビューは、こちらからどうぞ
オトナ文庫 俺を欲しがる二人の母 レビュー

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 市橋 秋穂」(いちはし あきほ)
  • 如月 結衣」(きさらぎ ゆい)
  • 如月 藍」(きさらぎ あい)
がいます。

秋穂は、主人公の父親の再婚相手で、義母です。
若く派手めな姿ですが、息子である主人公にも優しく接しています。
母三人とアナあそび

結衣は、主人公の実の母親です。
夫とは離婚し、現在は離れて暮らしています。
包容力があり、強い母性の持ち主でもあります。
主人公を溺愛しています。
母三人とアナあそび

藍は、結衣の妹で主人公の叔母にあたります。
成熟したボディを持っているものの、仕事人間ゆえ男性に縁が遠く独身です。
母三人とアナあそび

ストーリー展開


展開的には、母親の結衣、新しい母親の秋穂と関係を持ってしまった主人公は、結衣の妹の藍にバレてしまう事になる流れですね。
…人生終わった!(汗)
普通なら完全アウトの状況ですよね、これは。

今作の状況は、当然ですが前作の最初から描いている訳ではないので、ある程度話、状況が進んでいる所からですね。
もう既に、ふたりの母である彼女たちとは関係を持っている状況であり、もうだいぶ進展している訳ですね。
既に、ふたり一緒になって主人公との行為に耽っているくらいですからね(汗)

こうなった経緯は、前作のレビューを見てもらえば…(汗)
まぁ、ザックリ説明すると、元々主人公は年上好きで、義理の母となった秋穂は好みの存在だったと。
意識するあまり、彼女たちの住む実家からひとり暮らしで避ける様に。
しかし、様子を見に来た秋穂にH本がママ物なのがバレてしまい、そこから関係を持ってしまい、更に溺愛してくる実母の結衣にもバレてしまい、関係を持つ事に(汗)

そして、遂にはふたり一緒になって行為に耽る状態にまで発展したというのが、今作の現状ですね。

そんな事が、もはや日常になっていた最中、ある存在が…。
実母の結衣の妹である藍がやって来たのです。

藍とは、主人公はだいぶ昔に会った以来で、若干気まずい雰囲気。
まぁ、久しぶりに会う親戚の人って微妙な雰囲気になりますよね、うん(汗)
別に主人公が嫌っている訳でもないし、藍も別に嫌っていないどころか、結構好意的ですけどねぇ。

とは言え、今の立場は限りなく具合が悪い訳で…。
そりゃ、彼女からしたら実の姉である結衣と関係持っているとか言えないよね、しかも親子で(汗)

しかし、結果として、決定的な場面を藍に目撃されてしまったんですね。


当然、真面目なというか普通の感覚なら、この関係性は否定しますよね(汗)
藍も、事情を聞いて落ち着きを取り戻したものの、当然、この関係性は異常だと非難する事に。
主人公も、この状況はおかしいってのも理解はしているものの、それ以上にこの関係性を止めれないと発言。

主人公の意思が固いと見た、藍はまさかの行動に。
何と、自分と関係を持って性欲を解消すれば、結衣たちには手を出さないだろうという発想(汗)
藍も主人公からしたら実母の妹で叔母なんですよね、血縁だし、十分アウトではなかろうか…?(汗)

まぁ、こんな感じで藍とも関係を持ってしまう流れですね。

Hシーン


Hシーンは、3人との行為が描かれています。

行為的には、自慰やパイズリ、フェラ、尻コキ、アナルセックスなどがありましたね。

藍は、キャラ紹介にもある様に仕事人間で男性とは縁遠かった存在。
性に関しては他の女性陣ふたりに比べて疎い面が目立つのも特徴ですね。
まぁ、そんな彼女が主人公の肉棒を味わって、ドンドン淫らになっていく様になる過程が見れるのがだいご味ですね。

前作でも、経験豊富だった結衣、秋穂があっという間に主人公の肉棒にメロメロなった訳ですから、ふたりよりも経験の乏しい藍には耐えられませんよね(汗)
性欲、精力旺盛な主人公なので、そもそもが不慣れな藍ひとりで事足りる訳がないですけどね(汗)

まぁ、そんな不慣れな藍は、何とか主人公の性欲を姉である結衣から逸らそうと奮闘する事になる訳ですね。
それが余計に彼女も主人公の肉棒の味にハマる事に繋がっていきますね。
元々は、主人公を更生させるためという名目での行為だった訳ですが、ドンドンHにハマるにつれて単なる建前に…(汗)

その証拠に、最初は性欲の発散が出来れば良いので、真面目にゴムを着けていたのが…。
自分から、それを何だかんだと理由をつけてゴムを外した状態での行為を求めて見たり、と(汗)
次第に方向性が自身の快楽を優先させ始めたってのが、垣間見えますね。

パイズリなど胸を使う様な展開などもありましたね。
3人一斉に巨乳を押し付けて来る、乳圧が半端ない展開も見所ですね♪
前作は、皆巨乳なのに思ったよりも胸を強調した様な展開はあまりなかっただけに、今作はより印象的ですね。
母三人とアナあそび

胸ひとつとっても、女性陣それぞれ個性が異なる胸のタイプがあり(弾力など)、それぞれ積極的にアピールをしてくる事になりますね。
まぁ、ここまで誰かを決めれない主人公なので、結局、乱交状態に至る訳で(汗)

そういや、主人公は女性陣の求めに応えるばかりで、実は自分から迫るって事は殆どないんですよね。
ある意味、美味しい位置にいる存在ですな(汗)

途中からは、3人一緒になっての行為に。
こんな年齢の女性たち3人が一緒にいるだけで、凄い濃厚な事に…。
ムチムチな身体がくんずほぐれつな訳ですから、それだけで圧倒されますね。
母三人とアナあそび

こんな光景、毎日の様に見てたら、同級生の娘なんて見向きもしないだろうなぁ(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は、前作同様「せぼい」さんが手がけています。
まぁ、同じキャラも出るから、当然ですな(汗)

今作は、当然藍がメインヒロイン的な扱いになっているので、彼女の出番が多めです。
彼女は、結構凛々しい感じのあるキャラクターなので、そこと行為時の表情、反応のギャップが見所ですね。

そのせいか分かりませんが、前作よりもアヘ顔などの表情が多かった様な気が(汗)
言い方悪いのかもしれませんが、良い意味で下品な顔でしたねぇ。
たまには、もう少し普通の顔も見たかった気がしますが(汗)

挿絵数:19枚

総評


全体的には、確かに続編ではなく、スピンオフってのがしっくりくる内容でしたね。
藍は叔母で、もはや母ではないですし…って、文字に母ってあるから一応母扱い、と(汗)

どうしても前回の面子の中に、いきなり新キャラが参戦という形なので、幾分不利なのは否めませんかね。

かと言って、さすがにまた父親が秋穂と離婚&再婚で、新たな第三の母ってのはかなり無理があるし(汗)
そうなると、追加できるのは叔母とかになってしまうんでしょうけどね。
でも、前作を知っているかで、藍以外のふたりの母の印象も結構違うと思うんですよね。
母三人とアナあそび

なので、個人的には前作を読んでいて良かったかなとは思いましたね、今作だけの印象だとかなりぶっ飛んだキャラに見えるし(汗)
…前作からぶっ飛んでたかな?(汗)

原作PC版
母三人とアナあそび
母三人とアナあそび
posted with amazlet at 19.07.15
WAFFLE (2018-12-21)


DMM 原作PC版ダウンロード
母三人とアナあそび

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ