寝取り旅館 ~ドクズおじさんのネトネトしつこい美少女凌辱・莉奈編~ (リアルドリーム文庫)
大角やぎ
キルタイムコミュニケーション (2019-06-25)
売り上げランキング: 853

寝取り旅館 ~ドクズおじさんのネトネトしつこい美少女凌辱・莉奈編~ (リアルドリーム文庫)
2019年6月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

ノクターンノベルズの書籍化作品でもあります。
今作は、同時発売の「菜子編」の続きにあたる作品ですので、菜子編から読むのをお勧めします。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 白谷 菜子」(しらたに なこ)
  • 黒那 莉奈」(くろな りな)
がいます。

菜子は、友人たちと主人公のペンションに来た、学生です。
清楚で控えめな性格の持ち主で、押しに弱い面も。
一緒に訪れた莉奈とは親友であり、莉奈と同じ想い人がいます。

莉奈も、菜子たちとペンションに来た、学生です。
勝気で一言多いクールな性格の持ち主です。
菜子同様、同じ想い人がいます。

ストーリー展開


展開的には、主人公が菜子の次に選んだターゲットは、莉奈だという流れですね。
まぁ、ヒロインふたりなので当然ですが(汗)

菜子を手中に収めた主人公の次なるターゲットは、莉奈に。
莉奈は、最初からキツイ発言とかで主人公を馬鹿にしていた所があるだけに、菜子以上に熱が入っていますね。

菜子同様に、眠らせてからの半覚醒状態での行為に。
菜子と同じく、薄暗い中で想い人っぽい発言していると、まだぼんやりしているから程遠い容姿な主人公でも錯覚しちゃうんでしょうね。
まぁ、すぐ正体を明かして、彼女の幸せな気分を壊す訳ですが(汗)

後は、基本的には菜子と同様で、証拠映像などで脅し、関係を持ち続ける事になりますね。


今作は「莉奈編」ではあるものの、話的には後編でもあるため、莉奈との行為だけではありません。
当然、話を終わらせないといけませんし、そこに菜子もいる分、菜子編よりかは単独感は控えめな内容でしたね。
終盤近くからは、常にふたり一緒でしたので、莉奈メインを期待してた人は少し残念かもしれませんね。

Hシーン


Hシーンは、莉奈と菜子との行為が描かれています。

行為的には、フェラやアナルセックス、手コキなどがあります。

やはり見所は、今回のターゲットである莉奈との行為ですよね。
クールで大人っぽい性格の莉奈ですが、意外と脆かった印象だったかな…。

てっきり、結構菜子とは違って、勝気でずっと抵抗していくのかなって思ってたのですが、割とアッサリと負けたかな(汗)
勿論、全部受け入れるって訳ではないものの、抵抗の意思などは早々に薄れていった印象ですね。
まぁ、まだ学生なんだから、こんな状況下に置かれては抵抗が難しいのは分かりますけどね。

それに主人公も菜子以上に熱が入ってたので、菜子以上のプレイもありましたしね。
印象的だったのは、浣腸ですね(汗)
プライドの高い娘を一気にへし折るには最適なアイテムであり、彼女の意思もかなり揺らぐことになりますね。

アナルセックスもあるんですが、それ以上にお尻ペンペンが莉奈には効いた感じですねぇ。
これは、彼女が子供の頃に経験した母親からの仕置きが影響してた模様。
その時を思い出すのか、普段とは全く違う子供の様なギャン泣きをしていたのが印象的でしたね(汗)

…余程、トラウマだったんでしょうねぇ、お仕置き(汗)

こんな感じで結構、菜子と大差ない、もしくは莉奈の方が脆い印象を感じる様な場面が割とありましたね。
終盤だと、それがはっきりと出て来る様になるんですが、莉奈と菜子は親友ではあるんですが、莉奈と比べると、菜子の方が心が強い所が分かってきます。
莉奈は、強気な態度で弱さ、脆さを隠している様なキャラクターなんですよね、実際は。

彼女自身はそれを認めようとはしないものの、行為を経ていく毎に彼女の素が垣間見えていく事になりますね。


昔の制服やチア衣装、ミニスカメイドなどの姿でのコスプレHも。
この主人公なので、チア衣装の莉奈にスケベな応援をさせてみたりとやりたい放題(汗)
滑稽な台詞も、恥じらいながら莉奈が言っていると思うと、また違ういやらしさや嗜虐心を煽る事になり、余計に彼女に突き立てる肉棒はいきり立つ事になりますね(汗)


上記でも書いていますが、終盤近くになると、莉奈だけではなく菜子も含めたふたりでの展開になっていきます。
なので、莉奈単独では無くなってしまうのが少し残念ではありますが、ふたり同時ゆえの展開は見所でもありますけどね。

ここら辺では、想い人の男子も一応行為に関与する事に…。
とは言え、こちらの行動も主人公によって誘導されていたりするので、歪な関係性になっていますけどね。

お約束で、イケメン男子の肉棒は主人公のそれには遠く及ばないという展開になっています。
最初に想い人の股間の小ささを見て、女性陣ふたりが「え?」って重なるのが、これは男としては大変傷つきますねぇ(汗)
それを主人公に嘲笑されて、女性陣が見え見えのフォローするのがまた何とも…(汗)

それでも、さすがに挿入して瞬殺だと不満な声を出してしまうのは、これまで主人公との濃厚な行為を繰り返してきたゆえですね。

挿絵


挿絵は、菜子編同様に「篠岡ほまれ」さんが手がけています。
なので、クオリティは間違いなしですね♪

菜子とは違うタイプの美少女である莉奈の行為を見る事が出来ますね。
菜子よりも勝気な表情が多いのかなと思いきや、上記でも書いた様に莉奈も脆い面があったので、意外とそういう場面はなかったですね。

また菜子とは違う、涙ぐむ彼女の表情は、ギャップが感じられて見所でもありますね。

行為で書いたコスプレ展開は、残念ながら挿絵なかったです(汗)
チア姿やメイド姿を見てみたかったなぁ…。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、寝取りらしい展開で幕を閉じたなという印象ですね。
菜子編同様に相変わらず寝取り物としては、割とライトな読後感になっており、重苦しさはない仕上がりですね。
なので、菜子編が問題なければ、こちらも問題なく読めると思いますよ。

途中、菜子と莉奈の仲違いが発生したりするんですが、主人公も想像しない展開になっていった末の結末でしたね。
あそこの展開次第では、もっと堕ちる所まで堕ちた後味悪い感じの話で終わった可能性もあるので、そこは好みが分かれる所でしょうか。
主人公も思っていましたが、菜子は天使かな?(汗)

今回も、ラストに莉奈の番外編がありましたね。
…だから、本編に最初から、以下略(汗)

Amazon版 電子書籍
DMM 電子書籍

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事