エルフ騎士さん、エロマンガ島行こうよ (美少女文庫)
伊藤 ヒロ
フランス書院
売り上げランキング: 11,520

エルフ騎士さん、エロマンガ島行こうよ (美少女文庫)
2019年3月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公は、普通の男子学生です。
そんな主人公の元に、いきなり現れたのは何とエルフの女騎士という展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • エルルシオン
  • ヤーガ
がいます。

エルルシオンは、スケベエルフの騎士です。
騎士らしく?凛々しい性格の持ち主ですが、どこかズレています(汗)
エロマンガ島を探し求めて、主人公の家に現れる事に。

ヤーガも、エルフです。
エルルシオンの従者として、彼女を追いかけてやってくる事に。
見た目は、エルルシオンよりも若く見えますが、実際はずっと年上です。

ストーリー展開


展開的には、主人公の家にエルフの女騎士が何故か現れ、エロい事をする流れですね。

いきなりエルフの騎士が自室の押し入れから出てきた所から物語は始まります(汗)
どうやら彼女、エルルシオンはエルフってのでお察しの通り、異世界からやってきた存在なんですね。

何故にそんな存在が、この世界に来たのか。
それは、エロマンガ島に興味があってきたらしいとの事(汗)

何か、このエルフは見た目通りに?スケベエルフらしく、そっち方面に興味津々の様子。
完全に名前ありきのエロマンガ島に食いついた模様(汗)

いるよねぇ、学生時代の思春期にこの手のネタに食いつく奴(汗)
まぁ、当然の話、エロマンガ島は別にエロマンガとは無関係な訳で、いきなり目的を見失ったエルルシオン(汗)

そして、主人公はそんなエルルシオンと関係を持つ事に至る結果になるんですね。
ここら辺の流れが、勢いだけって感じのテンションなのが何とも…(汗)

まぁ、主人公も相手が残念美人なエルフですが、その強烈な魅力の前に年頃の主人公には抗えないでしょうけどねぇ。
またエルルシオンも、意識しているのかいないのか、ドキッとする様な言動を見せる事があるんですよね。
主人公も、それに反応してしまい、邪険にできないという事がありますね。

こうして、なし崩し的に家に住む事になったエルルシオンと関係を深めていく流れですね。
主人公の母親の説得も、彼女の卑猥なテクニックで解決ですぞ(汗)


その後も、ふざけた?ノリというか、展開が起こりまくり、何とも言えない雰囲気に…(汗)
こういうワチャワチャした感じが苦手だと、結構読むのが苦痛かもしれませんねぇ。
勢いに乗り損ねると、ただただお寒い事になるだけなのが(汗)

でも、一応?純愛物なんですよ、これ多分(汗)

Hシーン


Hシーンは、エルルシオン、ヤーガ、母親、妹との行為が描かれています。

行為的には、手コキやフェラ、パイズリ、などがあります。
一部では、触手が出現する様な展開もありますね。

やはり何と言っても、スケベエルフなエルルシオンとの行為、関係が見所ですね。
話す言動が全部、卑猥な内容な彼女ですが…、実はとある秘密を持っているんですね。
そこら辺は、ここでは省きますが、単なるドスケベエルフではないという事ですね、いや、エロいのは本当か(汗)

なので、主人公に対して積極的にアプローチってか、グイグイと直接的に攻めてきます(汗)
色々思う所はあるものの、主人公も何だかんだそれに応じてしまうというか、乗せられるというか…。
まぁ、最初の登場から、終始エルルシオンのペースで進んでいますからねぇ(汗)

そんな中で、主人公にはある感情を抱いており、それが原因で悩んだりも。
それは、エルルシオンの事が気になってしまっているという事実。
彼女の言い分だと、明らかにエロマンガ島云々も含めて、主人公が相手じゃなくてもOKみたいに取れるだけに、腹立たしさも起きる訳ですね。
嫉妬、独占欲といった感情で、時にはエルルシオンに激しく迫る場面も。

まぁ、当の本人は、それらもしっかり受け入れて、嬉々として感じちゃう訳ですが、一応理由があるんですよ、うん(汗)

終盤近くでは、エルルシオン以外の女性とも行為が。
従者のヤーガは、まだしも実母、妹との行為は色々マズイ(汗)

まぁ、描写量はエルルシオンの比ではない程の薄さですが、中々インパクトのある展開でしたねぇ。
主人公も、子供に退行したかのような言葉遣いに戻って、バブーって射精するのはどうかと思いましたけども(汗)
ちょっと前には、ババア呼ばわりしてたのに(汗)

正直、純愛物?であればヒロインは、エルルシオンだけで良かった気はしますけどね。
終盤の一瞬だけ、間違いなく純愛物だったけれども、そう長くは保たない訳で(汗)

挿絵


挿絵は「霜月えいと」さんが手がけています。
どうやらラノベの挿絵で有名な方みたいですね。
調べたら、今作の著者さんとの組み合わせでラノベも出されているんですね。

そういう意味では、相性の良い組み合わせなのかな?
表紙に「伝説の人気コンビ」ってあったのは、このためなんですかね?
まぁ、伝説ってどこのどいつが言っているのかとは思いますけれども(汗)

繊細でさっぱりとした絵柄が印象的ですね。
とても絵柄だけ見ていると、こんなカオスな事する連中には思えないから不思議(汗)
シャープなエルフのエルルシオンとの相性も良いですね。

エルフなので、普段からコスプレ姿みたいなもんではありますが、体操着のコスプレ姿も、印象的でしたね。
エルフと体操着という異色の組み合わせは、何とも言えない艶めかしさが感じられますね。
単純に、成熟した女性であるエルルシオンが着ているだからって気もしますが、似合っているから何でも良いですかね(汗)

他のサブキャラも挿絵があったり、表紙絵にも描かれていますが、特に個人的には印象ないです(汗)

挿絵数:10枚

総評


全体的には、エロマンガ島云々殆ど関係なかった話だったな、と。
まぁ、あの島自体は何もエロくもなにもないですしね、そもそもエロい島って何だって話ですが(汗)
さほど、大した事ない話を凄く薄く膨らませて突飛な味付けをした内容だったかな(汗)

インパクト重視なノリと勢いで、力押しで話を持っていっただけに、当然この展開には好き嫌いは分かれる所でしょうね。
この手の勢いで持っていく様な作品だと、その勢いに乗り切れなかった人はもはや苦痛でしかないですからね。

個人的には、完全に乗り損ねて楽しめなかったため、正直、今、自分は何を読んでいるのか?と思う様な展開でしたけども(汗)
性癖、好みに合えば、結構な破壊力かなとは思うんですけどねぇ。
逆に言えば、合わない人にはトコトン合わない作品だと思います、私はダメでした(汗)

キャラをエルルシオンだけに絞って、もっとキャラを掘り下げて欲しかったかな。
色々サブキャラが登場する割には大した事する訳でもないので、必要だったのかなぁとは思いましたが(汗)
一応、純愛物なのかなと思う一方で、あまりにもそこら辺が希薄なので、色んなキャラがワチャワチャしただけの話で終わってしまったのが勿体ないですね。

追記
一部NGワードに引っかかって、修正、掲載し直しました(汗)
注意していたのに久々に引っかかった(汗)

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事