援助交配 教え子はエルフ、竜、人魚、人狼 (美少女文庫)
2019年2月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

どうやら人気同人作品の小説化作品みたいですね。
最近、美少女文庫は本当に同人作品の書籍化増えてきましたねぇ。

主人公は、学校の教師です。
そんな彼の担当するクラスは、エルフや獣娘たちなどの亜人も多数。
主人公は、そんな女性陣たちと関係を持つ事になる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • アイリス
  • イージス
  • エリオ
  • ガルシア
  • ウルスラ
がいます。

アイリスは、エルフの王女です。
穏やかな性格の持ち主です。
学校でも真面目な優等生として、人を惹きつける魅力を持っています。

イージスも、エルフです。
アイリスの護衛を兼ねた女騎士でもあります。
冷静沈着で寡黙な所があり、王女のアイリスを最優先に考えて行動しています。

エリオは、人魚です。
歌姫として国民的な人気を持っており、アイドルグループに所属しています。
歌っている時と違い、普段は大人しくオドオドしています。
ボクっ娘でもあります。

ガルシアは、人狼の少女です。
血の気の多い人狼たちを束ねている番長的な存在でもあります。
好戦的な性格をしていますが、自身が認めた相手には依存する面も。

ウルスラは、竜族を束ねる存在です。
見た目は子供ですが、話し方は古めいた言葉使いも。
退屈が苦手な破天荒な性格の持ち主でもあります。

ストーリー展開


展開的には、教師である主人公がクラスの亜人娘たちと関係を持つ流れですね。
…亜人じゃなかったら、教師生活アウトですな(汗)

そもそも何故、そんな関係を持つに至ったのか。
そこには、亜人が抱える問題が関係していました。

エルフを始めとした亜人の種族は、相手不足に悩まされていた、と。
特にエルフに男性はいないらしく、繁殖期になったエルフの女性は外部の男性と関係を持つらしいんですね。
んで、一時期、エルフで流行ってたのが出会い系だったと(汗)

…エルフもそんな時代なんですね(汗)
しかし、流行っていた際に色々なトラブルが多発した事もあり、政府が主導で対策をしたのでした。

ここで、援助システムが誕生。
様々な要素で審査を行い、審査を通った男性は、サポーターとして繁殖期の亜人と行為を行う事に。
色々な要素を元に、サポーターと亜人との組み合わせは自動的に選ばれるので、その場で対面した際に相手を知る事になる訳ですね。

主人公は、そのサポーターに選ばれた訳ですね。
まぁ、政府主導な取り決めですから、別に教師をしていても問題ないんでしょうけれども、人には言えないよねぇ(汗)

そして、対面した相手が、教え子であるエルフのアイリスだったという展開に(汗)
まぁ、そういう事もあるんでしょうけども、相当低確率な…。

こうして、主人公はアイリスと関係を持つ事になるんですが、そこにクラスの他の亜人娘たちともドンドン関係を持っていく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。
一部シーンでは、他のサブキャラとの行為もあったりしますが、基本はあくまでもキャラ紹介の5人ですね。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキなどがあります。

やはり見所は、全ヒロインが亜人という他種族な女性陣ばかりという点でしょうか。
エルフ、竜、狼、人魚といった他種族との行為は見ごたえありますね。
…まぁ、身体的な特徴的には耳くらいな気もしますので、ぱっと見は普通の少女な気もしますが(汗)

子作りがメインなだけあって、基本は中出し展開が多いですかね。

主人公は、肉棒と精力が半端ない様で、女性陣はすっかりその逞しさにメロメロに♪
そりゃ、子作りが有能ってのは、彼女たちの価値観には相当響くでしょうねぇ。
勿論、程度は様々ですが、主人公に好感を持っている娘もいますので、義務って感じは薄いかと思います。

狼娘のガルシアは、不良な面があるんですが、主人公との行為ですっかりメロメロになってしまい、普段から主人公にベッタリする様になるなど、分かりやすい好意の変化が見える娘も(汗)
尻尾ブンブン振って甘えて来る様は、狼というか犬っぽいですねぇ(汗)
そんなベッタリな彼女に嫉妬する、他の女性陣の姿も描かれており、子作りを巡る女性陣の争いもヒートアップしていきますね。

…思ったよりガルシアの存在が優遇されていたのは、意外でしたねぇ。
てっきり表紙絵で真ん中にいるエルフのアイリスがメイン格かと思ってたのだけれども、そうでもなかった(汗)
人魚のエリオが一番扱い悪かったですね…、ガルシアとの格差は結構感じましたね。

一応、全員メインの個別パートはあるんですが、それを踏まえても結構色々顔を出して来るガルシア、竜のウルスラ辺りが目立つ結果となりましたね。
やはり、性格的に積極的になれるキャラクターは、強いですな(汗)

終盤では、5人全員を交えてのハーレム展開になりますね。
全員が全裸メイドコスプレ?(装飾品のみ)で主人公をお出迎えするなど、謎の展開も見所ですね。
まぁ、ある意味普段から他種族の娘らが学校の制服着ている時点で、コスプレみたいなものか(汗)

残念ながら?妊娠とかしてお腹が大きくみたいな状態の行為はなかったですね。
原作がどうか分からないんですが、今作で完結ではないのあれば、妊娠はしないままなのかもしれませんね。
次の続編に備えて(汗)

挿絵


挿絵は「たくのみ」さんが手がけています。
原作を手掛けている方なので、クオリティーは間違いないですね♪

冒頭にキャラ紹介を兼ねた漫画もありましたね。
漫画、挿絵共に繊細な線で描かれた可愛らしくHなキャラクターたちは魅力的ですね。
特に今作のヒロインは、皆、他種族の人外娘なので獣娘が好みであれば、より楽しめると思います♪

割とシンプルな絵柄というか、色味が淡い印象ですかね。
エルフのふたりなどもいるせいか、結構肌が白い娘が多く、画面が白い印象かな。
一応、竜のウルスラだけ褐色肌なんですが、思ったほどそれも色味は強くないんで、個人的にはもう少し濃くても良かったかな。

終盤では、メイドっぽい姿で主人公をお出迎えしての行為になるんですが、服は着ていないので装飾品とかだけですね(汗)
ヘッドドレスとかだけでもメイドっぽく見えるもんですねぇ。
結局、後で全部外しちゃってたので、少し勿体ない気がしないでもないかな(汗)

挿絵数:12枚&漫画6ページ分

総評


全体的には、同人作品の書籍化って事で、最低限のストーリーでH重視な内容でしたね。
同人作品は元々、Hありきな構成ですからね、当然と言えば当然でしょうが(汗)

話としては、そこまで何か進展がある様な物ではないので、まだまだ続けられそうな設定、展開ではありそうですね。
新しい種族の娘を追加すれば、いくらでもやれそうな話ですし(汗)

その結果、どうしても話の展開に物足りなさは感じるのは否めないですかね。

気軽に他種族の娘らとの明るいHな展開を味わいたい人には、十分な内容かなとは思いますけどね。
でも、ヒロイン格差が若干ある内容なので、気に入ったキャラが出番少ないと寂しいかもしれませんが(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍

同人作品の方は、やはり美少女文庫では登場していないヒロインも、まだいるみたいですね。
この子もいずれ書籍化するのかな?

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事