2018年12月末に発売のオトナ文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、小太りでオタクな男子学生です。
そんな彼は、クラスで人気者の美結に好意を寄せる男子の一人でもありました。
しかし、自分の親友と美結は付き合い始めた事を知り、ショックを受ける主人公は、美結を自分の物にするために動く展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 弓沢 美結」(ゆみざわ みゆ)
がいます。

美結は、主人公のクラスメートでクラス委員長です。
明るく優しい性格で、男子人気の高い存在でもあります。
アニメやコスプレ好きな一面もあります。
親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

ストーリー展開


展開的には、主人公が片思いをしている存在の美結を親友に奪われたので、奪い返す流れですね。
…突っ込み所が多いですね、片思いな時点でねぇ(汗)

まぁ、主人公が悪いのは当然なんですが、一応少しだけ言い分はあります、本当に少しだけね(汗)

元々、美結はクラスで人気な女子な訳ですが、自身の認識はあまり自分に自信がない面があるんですね。
そんな彼女は、ネットでは結構自分を出している所も。

それは、コスプレ好きな一面。
実は、アニメが好きな彼女はネットで自分が好きなキャラのコスプレをしてはネットに掲載していたんですね。
勿論、顔は見えない様に隠しての事ですが、コスプレ映えする身体もあって、中々人気も上々だった様子。

そんな彼女の行動を、主人公は気づく事に。
はっきり本人だって聞いた訳でもないですが、日頃好きな女性の事なので、もしかしてって所から確信してたのです。
…既に危ない思考な気もしないでもないですな、本人に間違えないって思うってのは(汗)

まぁ、実際に美結本人だったので、見る目は本物だったみたいですけども。

そして、主人公は本名ではなくネット上の名前で美結と接触し、ネット上の彼女と趣味の作品の話題で盛り上がったりする中に。
主人公にとっては、それは幸せな時間。
憧れの存在が、自分の知識に尊敬するというシチュエーションは、モテない男子である主人公にはたまらないですよね。

そして、抱く感情は複雑でした。
彼女に、本当の自分はクラスメートであると正体を明かしたい気持ちがある一方で、事実を聞いたら幻滅されるのではないかという恐れ。
本当の事を告げて、この関係が壊れるのも嫌だというのも分かりますねぇ、今が幸せな分。

そんな中、美結にネット上のトラブルが発生。
細かい事は、ここでは省きますが、そのトラブルを解決するために主人公は奔走したんですね。
しかし、ネット上では上手く立ち回れても現実はそうはいかず、どうしたものかと悩む主人公は、ある人物に協力を頼んだのです。
それが、主人公と昔からの親友でした。

親友は、主人公とは違い、イケメンで明るい性格の持ち主。
全く違う性格ですが、何だかんだ仲が良い関係を続けてきただけに、主人公は美結のトラブルの件を親友に明かして手伝ってもらったのです。
その甲斐もあって、無事に美結のトラブルは解決。

美結を助けた事で、美結の好感度はこれまで以上に上がる事に。
まぁ、あくまでもネット上の主人公に対してだけな訳ですが、悪い気はしませんよね。

しかし、喜ぶ主人公を他所に、事態はこの時に大きく動いていたのです。

何と、親友が美結にネット上の主人公の名前の正体は自分だと語って、美結に告白したのです。
この時、美結はトラブルを解決してくれた主人公の存在に好意以上の感情を持っており、そこにイケメンである親友の告白、拒否される事はなく、ふたりは恋人同士に…。

そんな事実を、主人公は悪びれない態度の親友の口から聞かされたのです。
更に、主人公に会話でボロが出ない様に協力してくれと頼む始末に、主人公の心は暗く燃え上がる事に。

この親友、悪い奴ではないのでしょうが、デリカシーもなく、人の傷つく様な事を悪気なく言う様な面があるんですよね(汗)
本人に悪意がない分、質悪いタイプですね、いるよね、こういう人(汗)

この件で、主人公は親友だけではなく、そんな嘘に騙され、付き合い始めた美結にまで憎しみを抱く事に。
こうして、主人公は親友から恋人の美結を奪う事を決意する流れですね。


この様に今作は、いわゆる寝取り物な訳ですが、何も落ち度のない相手から奪うって訳ではなく、若干ですが問題ある相手から奪うって事で、幾分罪悪感を感じにくい内容に仕上がっていると思います。
身勝手極まりない動機であったとしても、理由がある分、まだ印象が違うかなと思いますね。

…とは言え、主人公も作中で考えていますが、もし親友よりも先に自分が本物だったと告げたとしても、あの時は助けてくれてありがとうって、お礼だけで終わりますよね(汗)

その事と美結と付き合えるって事は、全くの別問題ですね(汗)
もし親友と主人公が逆の立場で、嘘ついて助けたのは自分なんだよ、付き合ってくださいって主人公が言って付き合えるのかって話ですからね(汗)

Hシーン


Hシーンは、美結との行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、手コキ、アナルセックスなどがありますね。
一部では、ローターやアナルプラグなどの小道具を使用する展開もありましたね。

上記の流れで関係を持つ訳ですから、正攻法で関係を持てる訳はありません(汗)
一服持って、眠り込んだ彼女と無理やり関係を持って、その模様を記録して、脅迫のネタにするという王道な流れですね。

意外にも、既に親友と関係を持っていると思いきや、まだ美結は未経験なんですね。
なので、主人公が初めての相手となり、余計に行為にも熱が入る事になりますね。

当然、好きでもない主人公との行為には抵抗する美結ですが、その抵抗はか細いものであり、主人公を喜ばせるものでしかないですね。
事あるごとに親友の名前を出す美結の姿に、主人公の心は暗く燃える事となり、余計に彼女を辱めていく事になりますね。

でも、思ったよりも美結の反抗というか抵抗が控えめだったかな。
まぁ、元々の性格が真面目で穏やかな彼女なので、別に言葉使いも荒くなく、そんなにキツさは感じませんでしたね。
実際、主人公の言葉に嫌々ながらも何だかんだ従う辺り、変に真面目なんでしょうねぇ。
親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

かと思いきや、一方で意外に行為で過敏に反応を見せたりと、感情とは別に性欲の強さも感じさせる一面も。
それを主人公に指摘されて、そんな事はないと返す、一連のやりとりは名物になるくらいあります(汗)

寝取り物なので、お相手の存在がある中での行為などもありましたね。
彼女にとってはバレるかバレないかの瀬戸際な展開な訳ですが、主人公からしたらたまらない瞬間な訳ですね(汗)
まぁ、お約束な展開なので、個人的にはあまり新鮮味はなかったですが(汗)


コスプレ好きって事だったので、コスプレしての行為も期待したのですが、残念ながらあんまりなかったですね(汗)
全くない訳でもないんですが、一部のシーンだけだったので、ちょっと物足りなかったのは事実。
コスプレ要素は、正直期待しない方がよろしいかと思います(汗)

主人公だって、オタクだった訳ですし、美結にそういうキャラだからという意識にさせて、行為に応じているのは自分ではなくキャラという言い訳を得て、行為に耽る彼女も見たかったです。
まぁ、あくまでも寝取りがメインなので、コスプレ要素とかに期待するのは酷な話かもしれませんけどねぇ。

終盤では、美結が淫らな自分を自覚した事で一気に変化を見せる様に。
自分から積極的にノリノリになっての淫らな姿で嬉々として行為を見せてくれますね。
個人的には、恥じらいなどの感情はある程度残して欲しい所なので、あまりにも過剰になるとそこら辺が薄くなって今一つですが(汗)
親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「深泥正」さんが手がけています。

可愛らしいよりも、色気な雰囲気の強い絵柄が印象的ですね。
まぁ、今作は寝取り物という作品なだけに、あまりに可愛らしいと雰囲気がね(汗)
大人しい雰囲気とは裏腹に、ムチっとした肉付きの良い身体とのギャップも魅力的ですね。
親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

行為では、本番で、動きの激しさを感じさせる様な絵柄があったのも印象深いですね。
何と言うんだろ、動いているので薄っすら輪郭がブレているというか…

アクセントとしては、私はアリかなと思いますね、挿入の勢い、激しさを感じさせますし。
…見てて何となく、赤と青の3D眼鏡みたいな奴の絵を思い出しました、古いかな(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、寝取り物らしい作品だったかなという感想ですね。
…まぁ、それゆえに新鮮味はあまり感じませんでしたが、安定した内容だったかなと。

もっとも、この手の作品が苦手な人は見ないでしょうし、好きな人からしたら少しパンチがないかもしれませんね。
結構、美結のキャラクターが大人しい雰囲気だったので、そんなに抵抗も強くなかったですしね。
そこら辺が気にならなければ、問題なく人の恋人を寝取るのを楽しめると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

DVD-PG
親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク DVD-PG

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ