2018年12月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、両親を亡くし、家族のいない青年です。
彼は、父親の遠縁である「浅葱家」に養子として迎え入れられる事に。

そんな浅葱家は、全員女性ばかりであり、そこに唯一の男性である主人公が入る事になるのだから、色々Hなハプニングが起こる展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 浅葱 真昼」(あさぎ まひる)
  • 浅葱 朝華」(あさぎ あさか)
  • 浅葱 夕凪」(あさぎ ゆうな)
  • 浅葱 彩葉」(あさぎ いろは)
がいます。

真昼は、浅葱家の次女です。
文武両道なテニスサークル所属の大学生です。
いきなり家族となった主人公をあまりよく思っていないため、冷たい言動も。
意外とムッツリスケベな一面も。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

朝華は、浅葱家の長女です。
見た目は、黒ギャルな外見をしており、見た目通り自由奔放です。
しかし、化粧品会社の社長としての顔も持っており、面倒見の良い面も。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

夕凪は、浅葱家の三女です。
家族から愛され、甘やかされて育ったために、実年齢よりも精神的に幼い面があります。
若手アイドルとして活動していますが、まだまだ人気とはいかない模様。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

彩葉は、浅葱家を支える母親です。
おっとり母性的な雰囲気の持ち主です。
夫を亡くしており、欲求不満な所があります。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

ストーリー展開


展開的には、主人公が女性ばかりな浅葱家に養子に入り、色々なHなハプニングに見舞われる流れですね。

主人公は、既に両親を亡くして頼る身よりもない孤独な状況なんですね。
そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、遠縁にあたる浅葱家の彩葉だったのです。
養子となる事で、苗字は変わりましたが、主人公にとってはそんな事は些細な事でした。

新しい家族となった、浅葱家は地域では名の知れた富豪な家であり、生活に困る事はない環境。
母となる彩葉を始め、姉妹たちは皆美人ばかり。
そんな女性ばかりな環境に、年頃の男性がひとり入り込むのだから、色々起こるのは当然ですよねぇ(汗)

実際、入浴していると女性陣が入ってきたりとか、ラッキーハプニングが発生したり♪
しかし、その後も何だかんだ家族の女性陣とHな事態が発生し続ける事になり、さすがにおかしいと思い始める事に…。

何と現れたのは、座敷童と名乗る怪しげな存在(汗)
どうやら、主人公がHなハプニングに見舞われたのは、こいつの仕業だったんですね。
それには、ある理由が…。

そもそも座敷童ってのは、その家に良い事を呼び込む的な存在な訳ですが、この浅葱家は少し様子が違う様で…。
浅葱家は、昔から凄い繁栄してきた富豪な訳ですが、実際のところは当時は結構色々やってきた歴史があるらしいですね。
その結果、繁栄の裏側では浅葱家に泣かされた人々、亡くなった人々が多くいた、と。

そして、古くからの恨みが呪いという形で、この浅葱家に降りかかってしまっているらしいのです。

それは、種絶の呪い。
この呪いによって、浅葱家の人間は子供を授かる事ができず、家が絶えてしまう、と。
実際、浅葱家も既に彩葉の夫が亡くなっており、浅葱家に連なる男性の親族は皆、亡くなってしまっているんですね。
浅葱と遠縁だった主人公の父親も亡くなったのは、この影響らしいというのだから、とんでもないですね(汗)

…となると、浅葱家に養子入りした男の主人公ってマズイんじゃ?(汗)
そう、今は何ともないですが、いずれ主人公も呪いの影響を受ける事となるのは確実。

何とか、この呪いを解除しないといけなくなった主人公は、解除のために奔走するのですが、それが女性陣とのHという、お約束な展開ですね(汗)
でも、面白いというか、少し違うのは、女性陣はそんなにこの話を信じていないって事なんですね。
だから、そのうち死んじゃうかもな主人公よりも、危機感とかが希薄で他人事な面があって、温度差が(汗)

更に、ただHするだけではなく、ふたりが一緒に絶頂するのが条件というのが肝になっています。
詳細は、行為の方で触れますが、これによって解除だけとはいかない流れになるのはちょっと新鮮でしたねぇ。

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、手コキや自慰、フェラ、パイズリ、素股、アナルセックスなどがあります。
その他の要素では、一部バイブなどの小道具を使用する展開もありましたね。

さて、上記にも書きましたが、呪いを解除するためにはふたり一緒に絶頂する事が必要なんですね。
しかし、話はそう上手くいかないのです。

それは、一緒に絶頂ではなく、どちらかだけ絶頂した際には相手を絶頂させた方の願いを叶えるという効果があった事。
つまり、女性陣が一緒に絶頂よりも、主人公を先に射精させれば、女性陣の願いが叶うという事ですね。
結果、主人公の命だったり、浅葱家の呪いに半信半疑な女性陣は、呪いの解除よりも自身の願いを叶えることを優先するんですね(汗)

なので、彼女たちの行為も自然と主人公を先に射精させるために、積極的に迫って来る事になる展開が多くなります。
…呪いは信じ切っていないのに、願いが叶う仕組みは信じる辺りが随分と現金ですねぇ(汗)

浅葱家の女性陣は、程度の差はあれども何かしらの欲望というか、願望を持っているんですね。
そのために、それを安易に叶えられる方法を知って、ちょっと突っ走ってしまう、と。
てっきり甘々な展開なのかと思ってた私には、こういう方向からのアプローチは意外に感じましたねぇ。
決して、嫌われている訳でもないんですけれども、どこかしらで主人公が利用されている感があるのは、人によっては今一つかもしれませんね(汗)

自身の願いを叶えようとするのは分からなくもないですが、裏で結構黒い事しているのが何とも(汗)
さすがに大人である朝華、彩葉辺りは普通に犯罪レベルだろうと思うんですけどねぇ(汗)

なので、流れ的には女性陣の暴走を最終的に主人公がHで絶頂させて、個々で解決って流れが出来ていますね。
それまでは、先ほどの通りに女性陣からのアプローチで射精に導かれる流れが主になっているので、両方の展開を味わえますね。
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!! あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!! あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

終盤では、家族全員交えてのハーレム展開に。
この時点だと、女性陣の問題は何とか解決済みって事もあり、雰囲気も変わっていますね。
姉妹、母娘それぞれ一緒になって、主人公を求める様は、圧巻の光景ですね♪

…まぁ、よく考えれば最初からそんな感じだったから、今更かな(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「ILL」さんが手がけています。

すっきりとしたシャープでメリハリの利いた絵柄が印象的ですね。
どのヒロインもサイズの差はあれども、皆、巨乳、爆乳の持ち主でド迫力なボディを見せてくれます♪
ヒロインによっては、ちょっとやりすぎな感もあるので、人によっては気持ち悪いと感じるかもしれません(汗)
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

コスプレ展開というか、行為では一部そんな要素もありましたね。
猫耳、猫の尻尾姿だったり、水着、ウェイトレス姿、テニスウェア、和服、ボンテージなど様々な衣装での行為も見所のひとつですね。
まぁ、胸に視線が持っていかれますが(汗)

挿絵数:31枚

総評


全体的には、当初私が思ってた様な感じとは少し違った内容でしたね。
もっと恋愛というか、甘さのある様な感じかと思ったんですが、若干H寄りだったかな(汗)

個人的には、期待していた要素は希薄でしたが、これはこれでアリかな(汗)
もう少し女性陣とのエピソードは欲しいかなとは思いましたけどね。
彼女たちの抱える問題を見せるのは良いんですが、もう少し掘り下げてくれないと、ただ色々問題ある人らに見えるんじゃ…(汗)
まぁ、Hで解決ってノリな作品でもありますので、そこまで深刻に捉える必要もないんですけどもね。

ツンデレな真昼も、立ち位置的にメインヒロインな感じなのかなって見てたけれども、結局、他の女性陣と変わらない扱いでしたな(汗)
ノベル的には、誰かをメインにしてそれを中心として展開していった方がページ数的にも良かったかもしれませんね(汗)
ちょっと惜しい作品だったかなという印象です。

後は、一部、誤字もありましたね。
多分「やはり」?が「あはり」になっていました(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
あくめる∞ファミリー Hな家族のアクメループロワイヤル!!

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
あくめる∞ファミリー Hな家族の絶頂遊戯!絶対興奮アクメループロワイヤル!!

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ