2018年11月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、性欲の強い男子学生です(汗)
そんな彼は、女性とあればエロい視線を向けてしまうのですが、それがまずい事に学校のトップであるヤンキーの「翔子」(しょうこ)だった事で、彼女を信奉する特攻隊長にぼこぼこに(汗)
主人公は、自分の取柄である巨根で女性陣を屈服させようとする展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 翔子」(しょうこ)
  • ケイ
  • 茉姫」(まき)
がいます。

翔子は、学校の女総長です。
クールで寡黙な性格ですが、弱いものいじめは好かない硬派な所があり、意外と男女に人気があります。
巨根に負ける最強のヤンキー

ケイは、翔子を信奉する特攻隊長な1年生です。
頭で考える事が大の苦手で、とりあえず行動という脳筋な所があります。
巨根に負ける最強のヤンキー

茉姫は、参謀役の2年生です。
見た目は、普通のギャルと同じ様な恰好をしており、力ではなく悪知恵に長けています。
自分の色気で男をたぶらかして、金をせしめるのが得意です。
巨根に負ける最強のヤンキー

ストーリー展開


展開的には、主人公が学校を統べているヤンキーたちを巨根で屈服させる流れですね。

この主人公はスケベで性欲が強いために、女性なら誰にでも視線を向けちゃう訳ですね。
んで、元々は翔子とは関係ない、顔もいまいちなヤンキーたちの下着を見てしまった事が、そもそもの発端でした。
反射的な反応な訳ですよ、それがいまいちな顔だちのヤンキーだとしても、下着に目が行くのは(汗)

とは言え、そんな相手の下着を見た事で、主人公はヤンキーたちにボコられる寸前に…。
しかし、そこを救ったのが、総長の翔子でした。
弱い主人公をいたぶる女性陣に口を出してきた訳ですね。

結果、主人公は無事に解放された訳ですが、困った事に美人である翔子に目が釘付けに…、懲りない奴ですねぇ(汗)
そのため、主人公は翔子にではなく、彼女を信奉する特攻隊長のケイにエロい視線を向けているのかとボコられる事に(汗)

その後、その場に残ったのは、何故か参謀役な茉姫ひとり。
唯一、少しだけ面識がある茉姫でしたが、そんな彼女から、からかい半分に誘われる事に。
彼女的には、Hの見返りに金銭を要求するつもりだったのですが、ここで誤算が…。

何と主人公の肉棒は、経験豊富な彼女が見た事もない程に立派なサイズだったのです。
その巨根の味に、茉姫もしばらくして陥落し、主人公の忠実な僕に。

これに気を良くした主人公は、他のふたりも同じ様にしようと行動を起こす流れですね。

キャラ紹介ページに、主人公は善良な一般人ってあったので、従来のシリーズのアレな主人公と違うのか!?と思ったら、別にいつも通りでは…。
よく見たら「自称、善良な一般人」なんですね。
自称で善良とか言っちゃう奴なんて、やっぱりろくでもないアレな主人公でした(汗)

Hシーン


Hシーンは、全ヒロインとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリなどがあります。

やはり巨根シリーズなので、初回の行為=ヒロイン完堕ちです(汗)
後は、もう主人公(肉棒)に逆らえなくなりますね、多少の差はあれども全員そんな感じですし。
そんな女性陣に対して、相変わらずな主人公なので、要求もすべて自分本位ですねぇ(汗)

そんな身勝手な要求も、肉棒の味に逆らえなくなった彼女たちには何だかんだ言いつつも受け入れていく姿も同様ですね。
まぁ、こういう不良少女って惚れた相手には~みたいなイメージがあるだけに、別に主人公に惚れている訳ではないけれども、似た感覚で見れなくもないのかな…?(汗)


いくら主人公に堕とされているとはいえ、これまでの関係性が消えた訳ではないので、女性陣の関係性が残っているのは見所ですね。
特に翔子を信奉してきたケイは、主人公との行為に悶える様に見入って興奮したりと、これまでの関係性が垣間見えますね。
まぁ、行為に関しては多少の差はあれども、主人公(肉棒)を求めて自己アピールしたりと、譲れないものとなっている様ですが(汗)
巨根に負ける最強のヤンキー 巨根に負ける最強のヤンキー

個人的には、翔子が印象的ですね。
結構、恥ずかしがり屋というか、まともな感覚を持っているために、行為が進んで従順になっても、一定の羞恥心を持っているのは良かったですね。
完全に主人公の肉棒しか考えられない様なヒロインは、それはそれでつまらないですからねぇ(汗)

終盤では、妊娠してお腹が大きくなった状態での行為も描かれていますね。
母乳も出る様になっており、それを活かしたパイズリも披露してくれていますね。

翔子だけメイド服…といっても、とても接客できない様な卑猥なデザインの衣装ですが…(汗)
そんな恰好になってのメイドプレイも。
巨根に負ける最強のヤンキー

これは彼女だけなんですよね、よく考えたら彼女だけ3年生で卒業するので、不良からエロメイドになるという訳ですね。
最終的には、肉棒に就職するそうです(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「らくじん」さんが手がけています。

可愛らしい絵柄が印象的ですね。
この絵柄ゆえ、ヤンキーだの総長だのといったヒロインたちも、普通に美少女揃いですね。
なので、従来の主人公を嫌悪している表情よりも柔らかく感じますね。

一部、若干アヘ顔的な表情もありましたが、そこまでエグいものではないと思います。
まぁ、普段の表情が可愛らしい分、若干ギャップも相まって印象的には感じるかもしれませんが(汗)
巨根に負ける最強のヤンキー

ボテ腹状態での行為もありますね。
メイド姿だったり、特攻服姿のボテ腹ってのも中々珍しい光景ですよね、これは。
色んな要素が入り過ぎてるなぁ…(汗)

挿絵数:25枚

総評


全体的には、まぁ、いつもの巨根シリーズでしたな(汗)
なので、従来の作品が好みであれば安定して読める仕上がりになっていると思いますね。

従来の凄まじく嫌悪感丸出しな女性陣ではなく、マイルドめな女性陣な今作。
気位の高い相手を屈服という様な感覚はない分、割とサラッとした印象でしょうか。
まだ主人公の女性陣に対する扱いも、幾分マシな方かなぁ…?(汗)

結局、どこが自称善良な一般人なのかは、最後まで分かりませんでしたが(汗)

Amazon版 電子書籍

DMM 電子書籍
巨根に負ける最強のヤンキー

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
巨根に負ける最強のヤンキー 〜強くて純情な不良メスたちがデカマラ崇拝孕ませオナホ集団に♪〜

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ