純朴女子校生はオヤジ色に染められて (リアルドリーム文庫)
空蝉
キルタイムコミュニケーション (2018-10-31)
売り上げランキング: 6,403

純朴女子校生はオヤジ色に染められて (リアルドリーム文庫)
2018年10月発売のリアルドリーム文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。

主人公兼ヒロインの「」(あや)は、普通の学生です。
そんな彼女には、まだ清い関係の彼氏がいますが、不幸にもバイト先の中年店長に見初められてしまう展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • 真野 綾」(まの あや)
がいます。

綾は、普通の学生です。
大人しく清純な性格の持ち主ですが、身体付きは立派というギャップがあります。
彼氏とは淡い清い交際を続けています。

ストーリー展開


展開的には、純朴な綾がバイト先の店長に見初められてしまう流れですね。
…これは、ろくな未来が見える気がしない(汗)

綾は、今時珍しい?普通の学生なんですよね。
黒髪でおさげ髪とか、最近じゃ逆に珍しいのではないかと思うくらいなんじゃ?(汗)
そんな地味目な彼女ですが、甲子園を目指して野球に打ち込んでいる彼氏がいます。

まぁ、まだその付き合いは、清い関係のままであり、何とも初々しいもの。
ふたりとも、そんな関係性でも何だかんだ幸せなんですが、綾を取り巻く環境はあまり良好とはいえないものがありました。

それは、彼女の父親が経営する工場が、不況のあおりを受け、厳しい状況だった事。
母親を亡くし、男手一つで綾を育てている父ですが、何とか彼女を無事に卒業まではと考え、色々動いているんですね。
当然、そんな父の行動を理解している綾も、何とか少しでも負担を減らそうと、アルバイトに精を出しています。

最近も、それまでのアルバイトだけではなく、更にコンビニのアルバイトも始めており、頑張っているんですね。

そんな綾は、アルバイト先のコンビニで、そこの店長から休日に遊園地に誘われる事に。

店長は、44歳になる中年男性。
愛嬌のある見た目、言動などもあり、綾も信頼している存在。
しかし、さすがに店長とは言え、休日に遊園地に誘われるのはおかしいですよね(汗)

彼曰く、その日は離婚して離れ離れになった娘の誕生日らしく、その代わりという訳ではないけれども、日頃頑張っているご褒美みたいな事を理由にされ、以前に娘の事を聞かされていた綾。
娘さんの代わりでよければと、誘いをOKしちゃうんですね(汗)
…どう考えても、その理由もおかしいですよねぇ、娘と綾関係ないし(汗)

まぁ、この理由で納得しちゃう辺りは、綾の人の良さというか、素直さですよね。
…世間知らずとも言うけれども(汗)

そんなこんなで遊園地に行き、何だかんだと楽しむ綾でしたが、観覧車の密室で店長から迫られる事に…。
急に態度が豹変した店長に困惑する綾でしたが、店長から告げられたのは、店長が父親に多額の融資をしていた事実でした。
店長の家は、実は大資産家であり、金だけはある模様…。

どうも以前から綾に目をつけていた店長は、融資を盾に綾を手に入れようとしてた訳ですね。

こうして、綾は融資をちらつかせる店長を拒絶できず、良い様にされていく流れですね。

こういう展開はリアルドリーム文庫ならではですが、この手のヒロインってもう少し綾よりも上なイメージがあるんですよね、個人的には。
それこそ人妻みたいに、夫の会社が~みたいなノリというか。
なので、まだ学生である綾が、こういう仕打ちを受けるのはちょっと人妻よりも重く来るものがありますね(汗)

融資とかの金銭額なんて、学生には余りにも巨大で酷ですよ(汗)

Hシーン


Hシーンは、綾の行為が描かれています。

行為的には、フェラや素股、パイズリなどがありますね。

初々しいカップルだった綾と彼氏の交際。
当然、そういう関係にまでは至っていないのは、お約束ですよね。
勿論、そういう関係を望み、少女らしく夢見てた所がある綾にとって、初めての相手が中年男性ってのは酷ですねぇ…。

でも、まさかキスまで、未だにしていなかったってのは、意外でしたが(汗)

店長も、この状況に当然、興奮著しいので身勝手な言動で綾を追い詰めていきますね。
優しい様な言い方しているけれども、言っている発言は人でなしですからね(汗)

なけなしの勇気を振り絞って抵抗しても、店長の一喝でもはや身動き取れなくなる程、綾の抵抗は儚いもので…。
中途半端な綾の抵抗は、皮肉にも余計に店長の獣欲を刺激するだけとなり、彼女を更なる窮地へと導く結果になりますね。

とは言え、すぐさま破瓜という訳ではなく、少しづつ慣らすかの様に綾の性感を刺激する事になりますね。
素股で、少しづつ快感というものを教えていく訳ですね。
それまでは、ただ肉棒を気持ち悪いもので嫌悪しかなかったものを、それが与えてくる刺激が快感である事を意識していく事に…。

勿論、快感だけではなく嫌悪感もありますが、何もかもが未経験な彼女にとっては相当なインパクトを与える結果になりますね。
少しづつ確実に身体の反応も以前よりも過敏に反応するなどの変化がみられる様になり、その事実は綾を苦しめる結果に。

一方で、綾の中には店長に対する感情に変化というよりも、ある気づきも。
それは、彼女の中での店長像に関するものなのですが、こんな事をされてもどこかにある感情を抱いているんですね。
…こんな目にあっても、そう思える所があるってのは、相当なお人よしですねぇ(汗)


店長は、中年オヤジでもあるので、時には綾に制服姿や体操服姿にさせたりして、大興奮する場面も(汗)
でも、綾自身、ブルマが初めて着用ってのが時代を感じるなぁ…(汗)
綾からしたら、何故に店長がこんなに興奮するのか理解に苦しむんだろうなぁ。

私の学生時代は、まだブルマの時代でしたけども、別にブルマには何とも感じないですがね(汗)

終盤に近付くにつれ、綾の気持ちはどんどん揺らいで行く事に…。
ある出来事が、彼女の心情を大きく動かすきっかけになりますね。

挿絵


挿絵は「もり苔」さんが手がけています。

繊細で儚さを感じる絵柄が印象的ですね。
特に、今作の綾というキャラクターの境遇を考えると、この繊細な絵柄は中々来るものがありますね…。

言葉はアレかもしれませんが、この少し幸薄そうな感じというか…、涙ぐむ姿が似合っちゃう感じね(汗)
本人にとっては、いい迷惑な話ですけどね(汗)

個人的に印象的だったのは、コンビニの制服姿での行為でしょうか。
自分の中で、ああいう服装が元々Hなものってイメージが無くて、行為と結びつかなかった事で、妙に印象に残りましたねぇ。

挿絵数:5枚

総評


全体的には、タイトル通りな話でしたねぇ(汗)

純朴な綾が染められていく訳ですが、それでも彼女らしさは残っているのは良かったですね。
ガラッと別人みたく激変する訳ではなくて、変化は当然あれども、その中でも彼女本来の気質は見えるっていう塩梅加減は、より彼女の境遇を印象付けましたね。
それだけに、切なさがまた強く感じるんですよねぇ。

こういった、しんみりとする読後感は、リアルドリーム文庫ならではないでしょうか。
…まぁ、テンション上がる様な話ではないので、何とも言えない感情も味わえますが(汗)
それだけ、綾というキャラクターが魅力的であり、涙が似合うゆえでしょうかねぇ(汗)

Amazon版 電子書籍
純朴女子校生はオヤジ色に染められて (リアルドリーム文庫)

DMM 電子書籍
純朴女子校生はオヤジ色に染められて

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 タグ