2018年10月発売のぷちぱら文庫の新刊です。
読み終わったので、レビューです。
PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、人間とオークの間に生まれたオークのハーフです。
そんな彼は、戦場跡で売り物になりそうな装備を亡骸から剥いで売ったりが主な仕事。
そんな中、見つけたのは妙に高価そうなペンダント。

ペンダントが人間の姫の物だと知った主人公は、これを利用して忠誠心の強い騎士、「ミルドレッド」を罠にかける事を想いつく展開です。

登場ヒロイン


登場するヒロインは…
  • ミルドレッド=フォン=リゼルシュタット
  • エローラ=メアリ=レンデモルト
  • ベルドナ=モーデルハイド
  • デルキゼル=オ=ガグルマ
  • クローディア
がいます。

ミルドレッドは、王国の姫の親衛隊長を務める女騎士です。
凛々しく誇り高い性格であり、騎士道精神に溢れるのですが、それゆえに融通が利かない所があります。
姫に強い忠誠心を持っており、自身の命をためらいもなく捨てれる程の覚悟を持っています。
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

エローラ姫は、王国の姫です。
おっとりした性格の持ち主で、世間知らずなお姫様です。
それゆえに時に大胆な行動に出る事もあります。
(ピンク髪の娘です)
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

ベルドナは、魔王に仕えているエルフの騎士です。
将軍として魔王軍を取り仕切っています。
武人らしい性格の持ち主な一方、意外と家庭的な面も。
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

デルキゼルは、魔王です。
能力は確かですが、魔王としての自覚は乏しく、魔王に執着していません。
戦闘は、もっぱらベルドナにまかせっきりです。
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

クローディアは、エルフの魔法使いです。
人間にも魔王にもつかない中立の立場でもあります。
好色な性格で、主人公にも常にアプローチしてきます。
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

ストーリー展開


展開的には、主人公が姫のペンダントを悪用し、姫騎士ミルドレッドを罠にかける流れですね。

この世界では、魔王と人間が争っている状況なんですね。
そんな状況下で、オークと人間の子であるハーフな主人公は、どちらにもつかず中立な立場に属しています。
まぁ、見た目はオーク寄りでは、人間扱いもされないし、オークとしては戦闘能力も大きく劣るため、どちらにも属せないってのが正しい所でしょうか。

そのため、どちらにもつかず(つけず)に、戦地に赴き、戦闘が終わるのを待ってから、亡骸から使えそうな装備を引っ剥がして、修理して双方に売りつける商売をしています。

そんな中、戦場で見つけたのは、見た事のない高価そうなペンダント。
調べた結果、どうやらこれは王国の王女であるエローラ姫の物だと分かり、焦る事に。
主人公からしたら、これがある事で人間たちから王女に何かしたとあらぬ誤解を招く可能性があるだけに、厄介な代物…。

しかし、一方で主人公はこれを利用してある事を思いつく事に…。

それは、ペンダントを見つける前に出会っていた女騎士のミルドレッドの事でした。
どうやら、姫を探していた様で、出会った主人公に高圧的な物言いをしてきていた経緯があったんですね。
まぁ、主人公の様なハーフには人間、魔物問わず多くがそんな反応を見せるみたいですけどね、この世界は。

そこで主人公は、ミルドレッドに姫をさらったと嘘の情報を伝え、彼女を単身、誘い出したのです。
そして、姫を引き渡すのと引き換えに彼女の身体を要求した訳ですね。

期間は1か月間。
その間、ミルドレッドの身体を好きにさせれば、姫を無事に帰すという契約をしたのでした。

…肝心の姫がいないのにね、かなり大胆な行動ですねぇ。
こうなると、必ずこの期間内に彼女を完全に掌握しないと、確実にミルドレッドにぶっ殺されますよね(汗)

こうして、主人公は1か月間ミルドレッドを好き勝手に調教していく流れですね。

Hシーン


Hシーンは、ミルドレッド、エローラ、デルキゼルとの行為が描かれています。

行為的には、フェラやパイズリ、自慰、アナルセックス、手コキなどがありますね。
一部では、アナルパールなどの小道具を使用する展開もありましたね。

ミルドレッドは、騎士道精神などで分かる様に、まぁ、それ一筋な生き方をしているんですね。
当然、性に関しては経験がありません。
そんな彼女に少しづつ、確実に行為の快感を教え込んでいく訳ですが、主人公を毛嫌いしているので中々大変(汗)
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

実は、主人公には特殊な体質を持っており、女性を発情させるフェロモン的なやつを放っているらしいんですね。
なので、これまで主人公は多くの女性をこれを使って、行為にまで至っていたものの、どういう訳か、この効力がミルドレッドにはあまり作用しないため、手こずっている訳ですね。

ミルドレッドも、どんなに嫌な奴でも指示でも姫という切り札を主人公が持っている分、最終的には発情しようがしまいが、受け入れるしかない状況には変わりがありませんけども。
主人公も時には、お尻を叩き続けて自分の立場を分からせたり、彼女の人となりを会話で理解し、彼女に適した方法を模索しつつ、ミルドレッドを少しづつ行為で感じさせていく事に…。
まぁ、あの性格なので、素直ではないですが、確実に身体は主人公を受け入れてくる様に…。
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

これらの流れで分かるかもしれませんが、結構この主人公は力押しでグイグイって感じではないんですよね。
そもそも、オークなら言葉などなく、無慈悲に女性を慰み者にする様なイメージですが、オークのハーフなので普通に話せるし、あんまりオークらしさがないんですよね。
なので、商人ゆえか口が上手い小悪党っぽさが半端ない事に…(汗)

そのため、あまり凌辱物っぽい重苦しい感じがないので、苦手な人でも読みやすいと思いますね。

途中から、ミルドレッドだけではなく、姫であるエローラ姫も参加する事に。

まぁ、その前から魔王であるデルキゼルとの行為は1度だけありましたけどね。
この姫は、本当に純粋で何も疑問を持たずに受け入れていく性格なので、もう主人公の口車に乗せられっぱなしに…。
…ここまで来ると優しいとかじゃなくて、ただ何も考えていないのではないかと思うレベルだなぁ(汗)

そんな彼女をHに誘導する事は、全く難しくはなく、簡単に行為に持ち込めますね。
更に彼女には主人公のフェロモンが普通に効果があるため、余計に彼女を篭絡する事は何ら難しくないんですね。
発情状態で主人公から告白されてドギマギするのだから、これではメインヒロインになりませんな、チョロ過ぎて(汗)

なので、行為も主人公の言うがままに応じていく、ミルドレッドとはまた違う展開が味わえますね。
まぁ、あくまでもサブ的なキャラクターなので、そこまで彼女のボリュームは控えめではありますが、それは仕方ないかな。


終盤では、ミルドレッド、エローラ姫ふたりを交えての行為になりますね。
この頃には、かなり快感に抗えなくなり、主人公にも積極的になってきているため、序盤と比べると変化は明らかですね。
エローラ姫に主人公がかかりっきりになって、嫉妬するミルドレッドの姿は印象的ですね♪

まぁ、彼女は不器用なので、エローラ姫みたいに上手く甘えられないって所がありますよね(汗)

挿絵


挿絵は、原作版の画像を使用しています。
原画担当は「huracan」さんが手がけています。

どちらかと言えば、可愛らしさの強い絵柄でしょうか。
変に生々しくしていない分、だいぶ行為でもマイルドな印象を与えるので、苦手な人でも見やすいのではないでしょうか。
痛々しい絵柄がなかったのも、個人的には良かったですね。

主人公の外見もオークですが、あまりエグくないので、見やすいかと思います。
ゴーグルっぽいのをつけているので、妙な愛嬌ありますしね(汗)
恥辱の女騎士 オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!

サブキャラも結構魅力的な娘ばかりなので、もう少し見たかったけれども、仕方ないかな(汗)

挿絵数:34枚

総評


全体的には、読む前はアレなタイトルだったので、重そうだなぁ…って思ってたんですが、意外とサクッと読みやすい内容でしたね。

そこには、やはり主人公であるオークの描写が影響していますね。
見てくれはオークですが、描写とかは普通の男と変わらないだけに人間感が強く感じるのが大きかったですね。
なので、化け物ってよりも小悪党な商売人って感じて見れる分、かなり読みやすいと思いますね。

逆に、言葉も何もない理性のない獣の様な暴力的オークを想像して見ると、肩透かしかな…。
この手の作品がちょっと苦手だけど興味も…という人向けかなと思います。

まぁ、話的には何だかんだエローラ姫が美味しい所を持っていった感は否めなかったのは少し残念ですが(汗)
ヒロインもほぼミルドレッドなので、他のヒロインの行為はあまり描かれていなかったけれども、それは作品の内容を考えれば当然ですしね。
ライトな内容で、こういう騎士を堕としていくってのが好みであればかなり楽しめると思いますよ。

原作PC版


DMM 原作PC版ダウンロード
恥辱の女騎士「オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!」

Amazon版 電子書籍
恥辱の女騎士 ~オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!~ (ぷちぱら文庫)

DMM 電子書籍
恥辱の女騎士 〜オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!〜【FANZA限定版】

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ